ロペス(横浜ベイスターズ)優良外国人選手!!安定感抜群の守備!!放出した巨人は痛手!!

ロペス選手は、横浜ベイスターズのクリーンナップを打つ外国人選手。読売ジャイアンツ時代に既に実績は残しており、読売ジャイアンツが阿部慎之助選手の1塁コンバートで出番が大幅に減ると見込みロペス選手と契約を結ばなかった。その為、横浜ベイスターズが獲得し、3年目からは横浜ベイスターズの一員としてプレーしている。1塁の守備では軽快なフットワークで難しい打球をしっかりと処理する。バッティングが好調なので守備も連動して安定したプレーを見せている。横浜ベイスターズ躍進には欠かせない存在。

<!–

2141367599291261101_1

–>

ロペス(横浜ベイスターズ)プロフィール

ホセ・ロペス
生年月日1983年11月24日
ベネズエラ出身
年俸2億3000万円プラス出来高【2017年から2年契約】
横浜ベイスターズ所属

優良外国人選手!!

昨季(2017年)は打率263ながら、ホームラン34本・打点95の活躍を見せチームの初のクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。非常に右打ちが上手いバッターで外角一辺倒だと通用しない。あっさりライト前に持っていく力を持っている。甘く入ればスタンドまで持って行く。広角に打てるのは大きな魅力。今季(2017年)で来日5シーズン目になるが毎年成績を横浜ベイスターズに移籍してからはあげている。完全に日本野球に適応している。

特大の1発をレフトスタンド上段

典型的なローボールヒッターで、低めの球は巧みなバットコントロールで少々難しい球でもすくいあげてしまう。打たれた投手からしてみれば、どうして今の球を打たれたのか?失投だったかと錯覚させる程低めの球には絶対的な自信を持つ。 豪快なホームランを本拠地横浜スタジアムでロペス選手は良い場面でよく放つ。ここで長打が欲しいと言った場面で特大の1発をレフトスタンド上段に叩き込む。相手チームのファンは沈黙する。強烈な一撃を見舞う。

高めの球は若干苦手

高めの球は若干苦手としているものの、高めだけ投げていると上から被せるバッティングでホームランを叩きこむシーンもあるので、非常に相手チームからしたら厄介なバッター。外国人選手はどこの球団の選手も警戒するが、セリーグの中でもかなり警戒されているバッター。色々と研究をされてきてはいるが、その打撃は年々進化している。左右にきっちり打ち分ける事が出来るので、来日当初に比べると、穴がかなり減ってきている。味方投手にしてみたら頼もしい存在。

3割をキープ

当然相手からすると出来ればピンチで対戦したくないバッター。非常に今季(2017年)は調子が良く打率も3割をキープしている。打点王争いを演じている。固め打ちが非常に多い選手。1試合に5安打する事もある。不調の期間が少ないバッターで、好不調の波が殆どないので、投げる方としたら常に警戒しなければいけないバッターこういった優良外国人選手がいるとチームも活気がついて来る。今季(2017年)は最終的にどんな数字を残しているか楽しみな選手。

<!–

2141367599291261101_13

–>

安定感抜群の守備!!

1塁の守備には非常に定評がある。外国人選手らしからぬ軽快なフットワークで、1塁に飛んできた打球を捌く。非常に機敏な動きで、抜けそうな辺りもシングルハンドで取りベースカバーに入った投手に送りアウトを奪い取る。抜けたと思った打球もしっかり取っている。2013年と昨季(2016年)1塁手でゴールデングラブ賞を獲得している。守備力には定評のある選手。安心してベンチから見ていられる選手の1人。外国人選手の中でもかなり守備力は高い選手。

ゴールデングラブ賞

ゴールデングラブ賞を2度も受賞している事が示す通り守備は安定した成績を残している。強い打球もしっかり捕球する。フライを背走して取るのも上手い。守備も上手く打てば強打の外国人選手である。非常にバランスの取れた選手。打ってよし・守ってよしの選手。これで走力があったらとんでもない選手になっている。足は速くもなければ遅くもない。標準の走力を持っている。走り出したら加速がつくタイプ。

<!–

2141367599291261101_17

–>

放出した巨人は痛手!!

ロペス選手は来日2年目まで読売ジャイアンツに在籍していた。その読売ジャイアンツがチーム構想の関係上ロペス選手と契約をしなかった為、横浜ベイスターズが獲得した。結果として横浜ベイスターズでロペス選手は読売ジャイアンツ時代よりも良い働きをしている。半ば放出した形となった。ここまで横浜ベイスターズで活躍するとは予想外だったのは間違いない。ある程度の活躍は予想していたとは言え、ここまでの活躍をするとは、読売ジャイアンツは思ってもみなかった。

非常に勿体ない放出

読売ジャイアンツに取っては大きな痛手となっている。その後獲得した外国人選手が余り目立った活躍をしていない。結果論にはなるがもう1年契約していれば、読売ジャイアンツは打撃陣が安定して可能性が高い。非常に勿体ない放出だった。しかも運が悪い事に同じセリーグの横浜ベイスターズが獲得したのもついていなかった。

1 2 3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA