倉本寿彦(横浜ベイスターズ)クラッチヒッター!!堅実な守備!!年々進化!!

倉本寿彦選手は、ルーキイヤーから100試合以上に使われた。特に守備に関して非常に堅守で、堅い守りをする。ショートが本職。昨年はフルシーズンを通して活躍。打率は一時3割を超え、3割を維持できるレベルであったが最終的には3割を切り294であったものの、前年の打率208よりから大きく向上した。規定打席にも到達した。非常に打撃面でも自信のついた1年となった。昨季(2016年)の横浜ベイスターズは初めてクライマックスシリーズに進出。ファーストステージで読売ジャイアンツを破り、ファイナルステージに進むも広島東洋カープに完敗した。

<!–

2144644295396586501_24

–>

倉本寿彦(横浜ベイスターズ)プロフィール

生年月日1991年1月7日
神奈川県出身
横浜高等学校→創価大学→日本新薬
甲子園出場歴アリ
2014年ドラフト3位
年俸4300万円
横浜ベイスターズ所属

倉本クラッチヒッター!!

社会人野球から、プロ野球の世界に入り、即戦力ルーキーの呼び声も高かった選手。非常にコンパクトなスイングで、ミート力が高い。ミートする事が上手いので、打率をキープする事が出来る。1年目は思わぬ低打率に終わったが本来の姿ではない。昨年(2016年)は左右に打ち分け、打率は294と本来の打撃が出来た。後もう少しで3割バッターになれたが、本人に取っては大きな収穫があった1年。プロ野球の世界でやっていける自信をしっかり掴んだシーズンだった。

左投手を苦手にしない

強引なバッティングをする事が少ないので、打率を極端に落とす事はない。ここが大きな特徴。左右に打ち分ける事が出来る。特に左投手を苦手にしていない。ある程度の成績も左投手からも残せる。左バッターなので右バッターに比べて1塁到達が速い為、若干内野安打が多い。滅茶苦茶足が速いと言う選手ではないがしっかりと自分の仕事は出来る選手。殆ど盗塁はしない。足は遅くなく平均レベルの選手であり、盗塁センスを磨けば盗塁数も増える。

9番打者

今季(2017年)は7月24日現在248と思うような打率を残せていないが9番打者として機能はしている。ラミレス監督が8番に投手を入れる為、9番打者を務める。非常に嫌らしい9番バッター。ここからチャンスメイクをして、上位打線に打順は回っていく。ラミレス監督も良く考えた打線である。敢えて8番に投手をいれる事で2巡目以降にこの打線は生きて来る。1巡目にチャンスで投手に回ってきてしまったら仕方がない。

勝負は早目

9番打者としてしっかり仕事をしている。今季は248と打撃がやや不調だが、それでも9番打者として存在感を示している。しっかり貴重な役割をしている。フォアオールが極端に少ないのが特徴。勝負は早目に決着をつけにいくのが、倉本選手の特徴。三振が特に多いわけでもなくやや多い程度。フォアボールをもう少し増やす事が出来れば打率は更に上がる。これからの大きな課題と言えそうだ。

堅実な守備!!

横浜ベイスターズのショートのレギュラーを昨年獲得した。ショートと言えば内野の花形ポジションである。非常に守備には安定感がある。センターラインは倉本選手がショートのレギュラーに落ち着いた事でかなり強化された。球際に強い選手で、非常に守備範囲が広い。難しいフライも背走しながらしっかりと捕球する。守備力も大きな武器となっている。どうしてもショートだとエラーが多くなってしまうがこれは仕方がない。

深い位置からのノーステップスロー

ヒットとエラーは紙一重。公式記録員がエラーと判断すればエラー。ヒットと判断すればヒット。公式記録員によって同じ打球でも判断が大きく分かれてくる。ヒット性の当たりをアウトにするのもショートの見せ場である。深い位置からのノーステップスローが出来る。遠投も苦にしない守備センスの持ち主である。非常に守備力には入団時から定評があった。今後もっと守備力を磨けば、ゴールデングラブ賞も強敵が多いが取る可能性もある。

年々進化!!

守備力は年々進化している。今までセーフになっていた打球をしっかりアウトにする事が出来ている。守備範囲が毎年広がっていっている。今季(2017年)は打撃面では少し苦戦しているものの、最終的には270くらいまでは打率は戻してくる事が考えられる。270あればショートとしては合格点。3割を打つに越した事はないが、そう簡単に3割を打てるものではない。簡単に3割を打てればバッターは苦労しない。

フォアボールをもう少し

打つのが大変だからこそ、3割をクリアした時の喜びが大きくなる。そこから後は如何に長く3割を打てるかがプリ野球選手としてのステータスを分ける事になる。まぐれと言われない為には3割を継続的に打つ事が非常に重要になってくる。継続は力なりである。倉本選手のシャープな打撃があれば3割達成はそんなに難しい事ではない。後はフォアボールをもう少し多く選ぶ事が出来れば何も言う事はない。もう少しフォアボールを選べれば打率は上がる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA