岩嵜翔(ソフトバンク)打たせて取るピッチング!!先発でもリリーフでもOK!!まだ伸びる!!

岩嵜翔投手は、今年はセットアッパーを任され見事に仕事を全うしています。先発も出来、投手としては非常に能力の高い投手です。今シーズンの防御率は前半戦終了時点で、1.45と抜群の安定感を誇ります。セットアッパーは向いています。投げるイニングが殆ど1回。多くても2回までです。連闘が効くタイプだけにチームとしては非常に頼もしい存在です。岩嵜翔投手が投げる試合は殆ど、ソフトバンクホークスがリードしている場面です。

<!–

2133478983786775501_7

–>

岩嵜翔(ソフトバンク)プロフィール

生年月日1989年10月21日
千葉県出身
船橋市立船橋高等学校卒
甲子園出場歴アリ
2007年高校生ドラフト1巡目
年俸6200万円
福岡ソフトバンクホークス所属

打たせて取るピッチング!!

最速154キロの伸びのあるストレートに、スライダー、フォークをスローカーブやチェンジアップを操る。セットアッパーの時と先発の時で投球スタイルが異なる。セットアッパーの時は強気にストレートで押していきウイニングショットにスライダー、フォークで打ち取る事が多い。スローカーブはカウントを取るのに有効な球で打者はこのスローカーブを投げられると気になって仕方がなくなりタイミングが合わなくなる。

<!–

2133478983786775501_5

–>

しっかり仕事してクローザーに繋ぐ

セットアッパーの時は殆どが1イニング限定。最速154キロのストレートが冴えわたる。ここまでストレートが冴えわたると非常にテンポ良く投げる事が出来る。一気に岩嵜翔投手の登板で流れをソフトバンクホークスに持って来る事が出来る。特に序盤に得点を挙げ、その後、僅差リードで岩嵜翔投手に繋ぐとしっかり仕事をしてくれる。後はクローザーのサファテ投手に繋ぐだけ。

勝ちゲームを守り抜く

ソフトバンクホークスの8回・9回は鉄壁のリリーフ陣がいる。8回・岩嵜翔投手。9回サファテ投手。この2人が揃って登板した試合の勝率はずば抜けて高い。勝ちゲームをしっかり守り抜く事が出来る。これはチームに取って非常に大きい。中々出来そうで出来ない。8回に岩嵜翔投手が立ちはだかり、完全に相手チームの勢いを封じてします。相手チームも反撃態勢に入った所でピシャリと抑え込まれてしまう。

勝利の方程式

この展開は、ソフトバンクホークスの勝利の方程式が機能するパターンで勝利の方程式が機能すれば、試合を落とす事はない。岩嵜翔投手は非常にタフな投手で連闘が効くタイプの投手。連闘出来るのは非常に大きい。首脳陣としてもあまり負担はかけられないが、勝利の為には時には、連闘も必要。岩嵜翔の活躍なくしてソフトバンクホークスの優勝はないと言ってもいいくらい。

先発でもリリーフでもOK!!

スクランブル状態で、先発を頼むと言われれば、岩嵜翔投手は何食わぬ顔で先発のマウンドをこなしてしまう。先発の時は球数の兼ね合いがあるので、打たせて取る投球スタイルのモデルチェンジになる。セットアッパーの時はどうしてもここは三振が欲しいと言う場面がある。その時は狙って三振を取りに行く。岩嵜翔投手は先発とセットアッパーの時の役割の違いを良く知っている。

<!–

2133478983786775501_8

–>

終盤での140キロ後半のスピードボール

先発した試合は少しでも長いイニングを投げようと投球数を計算しながら投げる。クリーンナップとの対戦もセットアッパーの時と違い1回ではない。多い時で4度対戦しなければいけない。流石に最速154キロのストレートを誇る岩嵜翔投手と言えども終盤は徐々にストレートの最速が落ちてくる。ここが全力投球でいけるセットアッパーの時との大きな違い。そうはいっても終盤での140キロ後半のスピードボールを投げる。

しっかりとギアを上げる

先発の経験があり完封勝利を2度経験しているので投球のスタイルをどうすれば良いのかを非常に良く分かっている。基本的には天職はセットアッパーである事は間違いない。しかし、先発も出来てしまうので、いざという時は先発のマウンドに上がる事も出来る。岩嵜翔投手はギアの入れ方が良く分かっている投手。ここで1段階ギアを上げなければいけない時はしっかりとギアを上げる事が出来る。ギアを上げるとストレートの威力が増す。

岩嵜翔選手まだまだ伸びる!!

まだまだ岩嵜翔投手の能力は伸びる変化球は完成されているが、ストレートはまだ伸びる可能性を秘めている。つまり最速スピードが154キロだが、まだストレートは速くなる可能性を秘めている。154キロでも十分に速いが更にここからスピードが上がる可能性がある。素質は開花しているが、まだまだ伸びる。

ストレートも変化球も

ストレートの速さだけではない、コントロールも更に良くなる。これだけのスピードボールを投げる事が出来、コントロールが良いと相手バッターからすれば、かなり手強い相手になる。今の段階でかなり打ちにくい投手。それがスケールアップするのだから、相手打線は更に手を焼くことになる。ここが岩嵜翔投手の潜在能力の高い所だ。ストレートも変化球も自由自在に操れる。

岩嵜 翔(いわさき しょう、1989年10月21日 – )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。

2007年 高校生ドラフト1巡目

<!–

2133478983786775501_0

–>

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA