上本博紀(阪神タイガース)選抜優勝!!特攻隊長!!弟は上本崇司?

阪神タイガース1番の元気印上本博紀選手。非常に粘るバッターで簡単にはアウトになってもベンチに戻ってこない。それと同時に積極的なスイングで甘く入った球は振りぬく。殆どこのケースで捕らえた打球はオーバーフェンスし、ホームランになる。積極性をもちながら、狙い球がなかなか来ない時はカットでファウルを打ち粘る。相手もその内根負けして、フォアボールを与えてしまうケースが多い。非常に相手チームからしたら、厄介な選手の一人。

出典:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp (2141641237151894201_19)

上本博紀プロフィール

生年月日1986年7月4日
広島県出身
広陵高等学校→早稲田大学卒
甲子園出場歴アリ(優勝)
2008年ドラフト3位
年俸3300万円
阪神タイガース所属

上本博紀選抜優勝!!

第75回選抜高等学校野球大会では西村健太朗投手(読売ジャイアンツ)ら共に優勝を果たす。エースは西村健太郎投手で、上本博紀選手は主軸バッター。21打数12安打3打点と大活躍し、大会記録タイまでヒットはあと1本の所まで打ちまくった。5割を超える打率を残すバッターとエース投手がしっかりしていれば結果は自然とついてくる。選抜大会は秋季大会の成績で出場校が決まる。

出典:http://prcm.jp (2138097732445070301_0)

高校から完成された選手

夏の甲子園と違って、地方予選がない。全ては秋季大会の結果によって決まって来る。夏よりも出場校が少ないのも選抜大会の一つの特徴である。21世紀枠での出場があるのも選抜大会だけある。上本博紀選手は4季連続甲子園出場を果たしている。10打席連続出塁などの記録がある。非常に広陵高等学校時代から完成された選手であった。高卒プロ入りでも良かった程の選手。

エラー

非常にバッティングセンスが良く、足も速い。強いて欠点を挙げるならエラーが多い事くらい。高校野球の試合ではエラーが出ない試合の方が珍しいので特に気にする事もない。その損失補填でヒットを打ちまくるのだから相殺としなければいけない。ここが高校野球らしいところ。プロの場合はそうはいかない。気が短い監督ならエラーした瞬間選手交代がある。プロ野球の世界では日常茶飯事の光景だ。

出典:http://blog.goo.ne.jp (2138097732445070301_3)

プロの舞台

高校野球で甲子園の大舞台で優勝を経験したのはその後の野球人生に大きく影響している。早稲田大学に進学した気持ちも良く分かる。更なるステップアップ目指して、早稲田大学に進学した。プロ野球選手になるにはあと少ししっくりこなかったものがあったのでしょう。そういう時は大学に進学し、そのしっくりこなかったのを解消し、プロの舞台でしっくりくる活躍の下地を作れば良い。

上本博紀特攻隊長!!

主に1番か2番を打つ事が多い上本博紀選手ですが、正に特攻隊長。初回の最初の打席から甘く入った球は豪快にレフトスタンドに持っていきます。ホームランのキャリアハイは、2014年の7本ですが、今季は既に5本のホームランを放っています。非常にバッティングセンスが良いので、上手く軽打して、ヒットで出塁する事も多いです。俊足の選手なので2014年にはシーズンで20個の盗塁を決めています。

出典:http://karamawari.doorblog.jp (2138097732445070301_1)

選球眼が良い

非常に選球眼の良い選手でもあります。2014年にフォアボール70個を選んでいます。今季は7月11日現在フォアボール30個。三振36個とフォアボールと三振の数が殆ど変わりません。それだけきっちり結果を残していると言う事になります。フォアボールと三振が殆ど同じと言う事はやはり、ギリギリの球の見極めがしっかり出来ている証拠ですね。

ギリギリの球はカット

際どい球はカットしておいた方が無難です。審判の手が上がった瞬間終わりです。しかし、選球眼に自信がるのでしょう。際どい球を見極めてフォアボールで出塁する事が多いです。ここの見極めがプロ野球選手に取っては大きな分かれ道になってきます。しっかり見極められれば問題はありません。ストライクの球を見逃したら意味がありません。ギリギリの球はカットで逃げるこれが基本です。

出典:http://ja.wikipedia.org (2138097732445070301_4)

野球IDが高い

広陵高等学校時代の監督である中井監督は、上本博紀選手について「天才です。体は小さいが野球IDが高い」と語っています。広陵高等学校で数多くのプロ野球選手を輩出していますが、その中でも上本博紀選手は中井監督の中では非常に印象的な選手だったようです。阪神の切り込み役は上本博紀選手が1番似合う選手だと思います。まだまだこれからです。

上本博紀(阪神タイガース)弟は上本崇司?

上本博紀選手の実弟が広島東洋カープの上本崇司選手です。プロ野球の世界では兄である、上本博紀選手の方が圧倒的に結果を残しています。今季年俸は上本博紀選手が3300万円。上本崇司選手が700万円です。年俸が全てを物語っていますね。3300万円と700万円。決定的な差です。今シーズンカープが優勝して、上本崇司選手は1000万円を少し超えるくらいだと思います。

出典:http://karamawari.doorblog.jp (2138097732445070301_2)

上本博紀選手は後半戦でどこまで数字を伸ばせるかですが、減俸の可能性は低いですね。悪くても現状維持だと思います。後はチームの最終順位も絡んできます。

出典:http://labola.jp (2138097732445070301_5)
出典:http://ja.wikipedia.org (2138097732445070301_6)
出典:http://blogs.yahoo.co.jp (2138097732445070301_7)
出典:http://ameblo.jp (2138097732445070301_8)
出典:http://group.ameba.jp (2138097732445070301_9)

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA