今村猛(広島東洋カープ)全国制覇!!広島自慢の中継ぎエース頭部デットボールからの成長。

スポンサーリンク

今村猛投手は、2017年開幕直後にクローザーの中崎翔太投手が故障により戦線離脱した事により、セットアッパーからクローザーに配置転換されたが、マウンド度胸は相変わらず抜群に強い物があり広島東洋カープの新守護神に君臨している。クローザーに回ってから更に投球に凄みが増した。特にセットアッパー時代とストレートの速さは変わってはいない。

中崎翔太投手が1軍に復帰後も、クローザーを引き続き任されている。現在の広島東洋カープの勝ちパターンの継投は、中崎→ジャクソン→今村になっている。中崎翔太投手が故障する前は、今村→ジャクソン→中崎だった。つまり今村猛投手と中崎翔太投手が入れ替わった状態となっている。故障復帰しても中崎翔太投手はセットアッパーに回ったまま。

今村猛投手は高校時代選抜高校野球で全国制覇を成し遂げている。決勝戦では菊池雄星投手(現埼玉西武ライオンズ)と投げ合い投げ勝ち全国制覇を成し遂げている。なかなかプロ野球の選手でも高校時代全国制覇した経験を持つ選手は少ない。全国制覇するのはそう簡単なものではないのが良く分かる。高校時代である程度完成していなければいけない。

スポンサーリンク

高校時代の今村猛投手は、最速152キロを誇る本格派の先発投手だった。高校最後の夏は、準々決勝で後にチームメイトとなる大瀬良大地投手する長崎日大高校に敗れ、甲子園の春夏連覇の夢は県予選で消えた。最後の夏は不完全燃焼のまま終わった。その年のオフにドラフト1位で、広島東洋カープから指名され、契約金1億円。・年俸1000万円で契約合意した。高卒新人には好待遇の年俸1000万円だった。

今村猛(広島東洋カープ)プロフィール

生年月日1991年4月17日
長崎県出身
長崎県立清峰高等学校
甲子園出場歴あり(センバツ優勝)
2009年ドラフト1位
年俸6100万円
広島東洋カープ所属

今村猛(広島東洋カープ)全国制覇!!

第81回選抜高等学校野球大会で全国制覇を成し遂げた今村猛投手は、抜群の安定感を誇った。全5試合に登板44イニングを投げ4完投・3完封・1失点・47奪三振・防護率0.20とずば抜けた成績を残した。これだけ安定した投球を出来る投手がいれば、全国制覇しない方がおかしいが、野球は1人でするものではなく9人で戦うチームプレー。

出典:http://blog.seesaa.jp (2134036888797458601_3)

全国制覇を達成

当然、野手のファインプレーに救われる事もある。この大会自身もバックスクリーン右に初戦の日本文理戦では選抜通算600号となるメモリアルアーチを放っている。自身の快刀乱麻のピッチングが全国制覇の呼び水になったのは間違いない。投打に奮闘し、チームメイトと共に、全国制覇を成し遂げた。全国で1校だけしかなれない全国制覇を達成した。

今村猛(広島東洋カープ)広島自慢の中継ぎエース。

入団2年目の2011年から頭角を表し、13ホールドをマーク。その後も26ホールド・18ホールドと中継ぎ投手として、チームの勝利に貢献。故障の影響で、2014年・2015年は登板数は少ないが2016年に復活。22ホールドを挙げる活躍を見せる。そして、今年は7月8日現在・1勝1敗17S・6ホールド防御率2.06と安定した投球を披露している。

出典:http://read2ch.com (2134036888797458601_4)

安定した投球を披露

セットアッパーでもクローザーでも安定した投球を披露している。1点差の痺れるシーンでの登板がクローザーになってからは増えた。投手に取って1番プレッシャーのかかる場面での登板になる。このシーンでプレッシャーを全く感じない投手はいない。顔はポーカフェイスでも、1点と取られたら、先発投手の勝ちが消える。

出典:http://ja.wikipedia.org (2134036888797458601_7)

クローザーの座

この継投策で最後のバトンを渡されるクローザーのプレッシャーは非常に大きい。何食わぬ顔をして投げているは相手バッターに自分の心理を読み取られない為のものである。中には顔に出すクローザーもいる。特に外国人投手に多い。しかし今村猛投手は一切表情に出さない、強気のピッチングをする。クローザーの座はそのままものにする可能性が高い。

出典:http://ameblo.jp (2134036888797458601_8)

今村猛(広島東洋カープ)頭部デットボールからの成長。

2011年8月7日に行われた、読売ジャイアンツ戦でリリーフ登板した今村猛投手は長野久義選手に頭部にデットボールを与え、危険球退場となる。長野久義は担架に乗せられてベンチ裏に下がった。しかし、幸い、大事には至らず、翌日の試合前の練習には何でもなかったかの様な顔で参加。

出典:http://masaposo.iaigiri.com (2134036888797458601_5)

内角を攻めて来い

そこに真っ先に向かったのが今村猛投手だった。長野久義選手に謝罪すると意外な言葉が返って来た。「これからも遠慮なく内角を攻めて来い」こう長野久義選手は今村猛投手に言った。完全に長野久義選手は不可抗力の出来事と割り切っており、その言葉に今村猛投手は予想もしなかった言葉だったが以降の対戦では遠慮なく内角をついている。

出典:http://ken22.lolipop.jp (2134036888797458601_6)

デットボールが原因

これが究極のプロの対戦の醍醐味である。向かって来いと言われたら、インコースを投げない理由がない。プロの世界とはそういうものだ。こういうデットボールが原因で上手くその後コントロールが出来ず引退する選手もいる。今村猛投手に取っては長野久義選手には申し訳ないがいい経験になったのは間違いない。

出典:http://carp.co.jp (2134036888797458601_10)

スポンサーリンク

1 2 3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA