武田翔太(ソフトバンク)変幻自在のコントロール!!高卒1年目から活躍!!九州のダルビッシュ!!

スポンサーリンク

武田翔太選手は、宮崎日大高に入学する前から、ストレートは最速142キロをマークしていた。高校入学時には既に高校生投手としてはほぼ完成されていた。後は如何に能力を増す事ができるかだけが課題だった。基礎体力もあり練習で苦戦する同学年の選手もいる中、涼しい顔でランニングをこなしていた。

1年秋からエース投手になったが、甲子園出場はあと一歩の所で逃した。プロ入り後は1年目から8勝を挙げる活躍を見せる。独特の大きなカーブが武器で、狙っても中々タイミングが合わない正に魔球の様なボールになっている。対戦したバッターも急に曲がって消えると言う程切れ味は良い。

2015年2016年シーズンは2桁勝利を挙げチームの優勝に大きく貢献した。野手ばかりが注目を集める福岡ソフトバンクホークスだがきっちり投手も育っている。福岡ソフトバンクホークスは非常にレベルの高いレギュラー争いを展開しており投手においても、ローテーション投手だからと言って手は抜けない。

スポンサーリンク

出典:http://riversidehawk.com (2142176719156074601_0)

武田翔太プロフィール

1993年4月3日
宮崎県出身
宮崎日本大学高等学校卒
甲子園出場歴なし
2011年ドラフト1位
年俸1億2000万円
福岡ソフトバンクホークス所属

武田翔太変幻自在のコントロール!!

比較的フォアボールも多い投手であるが、イニング数と同じ位三振を奪える投手で、決めにいった球を相手バッターが手を出なかったと言うのをボールと判定されてフォアボールになるケースが多い為で基本的にはしっかりとコントロールされている。ストレートの最速は国内だと153キロ。国外だと154キロ。

出典:http://sportiva.shueisha.co.jp (2142176719156074601_6)

変幻自在のコントロールを武器に大きなカーブで相手打線から三振の山を築く。あまり本人は三振に対しての拘りはないようで、失点をできるだけ少なくできれば勝ちに繋がると言う考え方を持っている非常にマウンド度胸満点の投手で、ピンチの時でも大崩れする事は少ない投手の一人。

出典:http://hawks-npo.jp (2142176719156074601_17)

現在、福岡ソフトバンクホークスには松坂大輔投手・和田毅投手がいるが現在は2軍。非常に良いお手本になる投手がいる。2人とも1時代を築き上げた投手。そんな投手が2人もいる非常に恵まれた環境の中にいる。こんなに恵まれた環境の中にいる投手は非常に少ない。かなり恵まれていると言って良い。

ストレートにカーブ

武田翔太投手の武器は切れのあるストレートに非常にブレーキの利いた大きなカーブ。ひと昔前ならドロップと呼ばれていた球。かなり変化の幅が大きく、バッターは狙っていても打てない。かなりの苦戦が強いられる。タイミングがただでさえ取りにくいのにストレートも投げ込んで来る為、中々狙い撃ちも難しい。

狙って打つのならストレートだが、ストレートも常時150キロ前後を計測し、非常に打ち返すのが、カーブの存在があるので打ちにくい。そして予想外の所でチェンジアップが来て完全にタイミングを狂わされてしまう。投手としては非常に厄介なタイプで出来れば対戦したくない投手の一人。

武田翔太高卒1年目から活躍!!

2012年に高卒ルーキーながら8勝1敗防御率は驚異の1.07と言う素晴らしい成績を残した。新人王のタイトルこそのがした者の優秀新人賞を獲得した。この年の新人王は、千葉ロッテマリーンズの益田直也が、2勝2敗43HPで獲得している。その年によって新人王争いはし烈極める時もあれば無風状態の時がある。

出典:http://matome.naver.jp (2142176719156074601_10)

益田直也がいなければ新人王

2012年シーズンにおいてはデビューした年でもあり新人王に相当する活躍ではあったものの、千葉ロッテマリーンズの益田直也が、2勝2敗43HPの好成績で新人王に輝いている。益田直也がいなければ間違いなく満場一致で新人王に選出されていたのは間違いない。その為、優秀新人賞を与えられている。

出典:http://gendai.ismedia.jp (2142176719156074601_26)

高卒ルーキーに投手が1年目から活躍する事は難しい事で、田中将大投手クラスでないとなかなかローテーションは守れない。ダルビッシュ有投手ですら1年目はローテーション投手ではなかった。非常にプロの世界は厳しい。少し甘く入った球を見逃してくれず、軽々スタンドに運ばれる。

驚異の1.07と言う防御率

そんな中、1年目は規定投球回数に達していないとは言え、驚異の1.07と言う防御率をマークしている。1試合投げて1点取るのがやっと言う数字であり、高卒1年目の投手が簡単にマーク出来る数字ではない。三振も投球イニング67回で67三振を奪う等強心臓ぶりをアピールした。

出典:http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp (2142176719156074601_35)

武田翔太九州のダルビッシュ!!

高校時代は長身をいかした投球スタイルから九州のダルビッシュの異名を取った。宮崎日大高時代は甲子園出場はないものの、プロ注目の逸材だった。間違いなくドラフト1巡目で消える投手と言われていた。案の定、福岡ソフトバンクホークスが1位指名した。非常にポテンシャルの高さを買って、獲得した。そのスカウト陣の見立ては間違いなく今では右のエース格の投手に成長した。今シーズンは思うような活躍が故障の影響で出来ていない。

出典:http://m.sponichi.co.jp (2142176719156074601_12)

エースの座

しかし、焦る必要はない。まだまだこれからの野球人生の方がずっと長いのだからここで無理をする必要はない。故障をじっくり治しそこから復帰すれば良い。福岡ソフトバンクホークスのエースの座に君臨する日じゃそう遠くない。

武田翔太画像

出典:http://www.nishinippon.co.jp (2142176719156074601_49)

スポンサーリンク

1 2 3

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA