野村祐輔 選手(広島カープ)多彩な変化球とストレートで相手打線を翻弄!?昨年再覚醒し、投手タイトル2冠!!前田健太が抜けた後のエース!!

スポンサーリンク

高校時代バッテリーを組んでいた野村祐輔投手と、小林誠司選手(現巨人)と共に、広島の強豪校・広陵高校で夏の甲子園に出場。決勝まで勝ち進み8回表で4対0と広陵がリード。

出典:http://www.hochi.co.jp (2146782014702270701_1)

ほぼ優勝が濃厚な雰囲気が流れる中、佐賀北が猛反撃に転じ、甲子園史上球史に残る逆転満塁ホームランを打たれた。広陵はあと、1歩の所で、優勝を逃した。

それぞれ、野村祐輔投手と、小林誠司選手は別々の道を歩むことになる。大学時代野村祐輔投手は華々しい活躍を見せ、菅野智之(現巨人)藤岡貴裕(現ロッテ)ともに大学BIC3と呼ばれ、プロ野球での活躍が早くから期待されていた。

スポンサーリンク

野村祐輔投手プロフィール

岡山県出身
明治大学卒
2011年ドラフト1位
甲子園出場経験アリ(準優勝)
年俸1億円
広島東洋カープ所属

野村祐輔多彩な変化球とストレートで相手打線を翻弄!?

野村祐輔投手とのストレートはスピードガンではそれ程速くない。速くても142キロ前後。しかし、バッターの手元で伸びて来るので、スピードガン以上に打者は速く感じる。そして多彩な変化球を操り相手打線に的を絞らせず翻弄するのが、得意なパターン。

出典:http://blog-imgs-90.fc2.com (2146782014702270701_17)

インコースもドンドン攻める

緩急を織り交ぜて投げるのが野村祐輔投手の投球スタイル。先述の通りストレートはスピードガンではそれ程速くは出ないがバッターの手元で伸びるので打ちにくい。インコースもドンドン攻める強気の投球。

投手はやはり後ろを向いて投げてはいけない。常に前を向いて投げる事。これが非常に重要な事で、後ろを振り返っても仕方がない。時間は止まらないのだから、先々の事を考えて行動しなければいけない。

最終的には2桁

野村祐輔投手の性格は至ってマイペース。自分の間合いで投球もしている。今季は(6月28日現在)4勝と勝ち星に恵まれていないが、投球内容は安定しており、最終的には2桁は勝てるように気合を入れてギアチェンジ。

出典:http://daily.c.yimg.jp (2146782014702270701_23)

オールスターブレイクで、少しゆっくりして、ここでまた投手陣の先発ローテーションの再調整が行われる見込み。今年はオールスターには監督推薦での出場もなさそう。監督は緒方監督なので、自軍の選手に無理はさせたくないのが本音。

オールスターに関しては監督アドバンテージがある。これが、金本監督がセリーグの監督なら、野村祐輔投手は監督推薦で選出されてしまう可能性が高いが、緒方監督なのでその心配はしなくていい。

野村祐輔・昨年再覚醒し、投手タイトル2冠!!

2012年に新人王を獲得。負けが先行したが(9勝11敗)、防御率1.98と言う抜群の安定感を披露。ルーキー投手が1年目から、防御率1点台は、1966年の堀内恒夫氏(元巨人)以来実に46年振り、5人目の快挙達成だった。

出典:https://carp.ho2.info (2146782014702270701_4)

翌年は、12勝6敗と貯金を1人で6個作るも防御率は、3.74と前年と比較すると2点程高くはなったものの何よりも勝ち星が大きく先行した事が1番本人に取ってもチームに取っても良かった。

ここまでは順調だったが、その後2年間はスランプに陥りチームの勝利に貢献出来ない時期が続いた。このまま、中途半端に終わってしまうのかとも思われたが、昨年、能力が再覚醒した。

出典:http://blog-imgs-90.fc2.com (2146782014702270701_19)

昨年は制球力が安定し、得意のコンビネーションで、相手打線を翻弄した。基本的に三振を多く取るタイプの投手ではなく、打たせて取るタイプの投手。カープの守備陣は非常に守備力が高いので打たせてとれば大抵は痛打をされない限りは確実にアウトを取ってくれる。

3年目7勝・4年目・5勝と成績が下降する中、昨年は16勝を挙げ、最多勝のタイトルと最高勝率の2冠を達成した。1年で、2年分の勝ち星を上回る大活躍を見せた。やはり反骨心が強い投手。エースに君臨する為にはこれくらいの気持ちで立ち向かわないといけない。

防御率2.71

本人も、首脳陣も全く予想していなかった能力再覚醒。ここで一気に16勝を挙げ、防御率も2.71と十分合格点が与えられる活躍をした2016年シーズンだった。

野村祐輔・前田健太が抜けた後のエース!!

カープの絶対的エースだった前田健太投手が大リーグ移籍に伴い、ポスト、前田健太の穴を埋める投手がなかなか出てこなかったが、昨年の活躍でカープの首脳陣は野村をエースに育てる方針となった。

出典:http://daily.c.yimg.jp (2146782014702270701_14)

その運命を握る今シーズンだが、勝ち星に恵まれていない。これあけは打者陣との兼ね合いがあるので、何とも言えない部分もあるが、点を与えなければ、勝ちを大きく引き寄せる事が出来る。昨年はとにかく粘り強かった。先ず相手に先制点を与えない。

先取点を与えない投手

野球の基本ではあるが、毎回先取点を与えない投手などいない。後はどうやって気持ちを切り替えるかが非常に重要になってくる。先に点を与えたのは仕方がない、味方の反撃を信じる。これこそが、チームプレーの原点とも言える。

野村祐輔投手は昨年遂に才能が開花した。そこにはチームメイトとの信頼関係が非常に大きかったと思う。信頼関係なしではやっていけない世界。野球は9人でするスポーツなので、チームプレーは非常に大切になってくる。その大切さに気が付いた2016年だった。

野村祐輔投手画像

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com (2146782014702270701_26)
出典:http://lpt.c.yimg.jp (2146782014702270701_29)

スポンサーリンク

1 2 3 4

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA