阿部慎之助(巨人ジャイアンツ)サヨナラ男!!助巨人の捕手史上最強打者!助ファーストへコンバート!!

スポンサーリンク

阿部慎之助選手は、安田学園から中央大学に進み、レベルアップをはかる。ドラフトの目玉選手だった。読売ジャイアンツを逆指名した。後に契約金を大きく超える10億円契約をしていた事が判明するも、球団も阿部慎之助選手もお咎めなし。

出典:http://spe.yomiuri.co.jp (2138930939670002801_3)

今更ペネルティーを科しても意味がなかったのでペネルティーはなく、厳重注意程度だった。そんな阿部慎之助選手は入団1年目から、大活躍し、デビューは1年目の開幕戦。4打点を挙げる大活躍を見せる。

故障が多かったが、今日の至るまで383本塁打を放ち、読売ジャイアンツでは、王貞治・長嶋茂雄に次ぐ、3位の記録。子供のころから阪神タイガースファンだったが巨人を逆指名し、心機一転プレーを続けている。

スポンサーリンク

阿部慎之助選手プロフィール

1979年3月20日
中央大学卒
甲子園出場歴なし。
2000年ドラフト1位(逆指名)
年俸2億6000万円
読売ジャイアンツ所属

阿部慎之助サヨナラ男!!

入団時から打撃面に関しては歴代の読売ジャイアンツのキャッチャーの中ではずば抜けたものを持っておりホームランも打てるキャッチャーで、強肩強打で相手投手陣にかなりのプレッシャーを与え続けた。

ホームラン44本

とにかく、打ちまくり、2010年にはホームランを44本も放った。2012年、首位打者・打点王を獲得。日本一に大きく貢献した。非常にチャンスに強く、サヨナラ打を数多く放っている。「サヨナラ慎ちゃん」と呼ばれている程、サヨナラ打を打っている。

出典:http://www.giants.jp (2138930939670002801_4)

長打力も非常に魅力があり、反対方向へのホームランが多い。左投手を苦にしない。相手チームは僅差の試合で終盤ワンポイントで左投手を投入するが、ことごとく、打ち返し相手チームのベンチは頭を抱えた。

最終的には打ち返す

全ての投手が得意な訳ではなく、苦手としている投手もいる。非常に淡白な打撃を見せるかと思えば、かなり粘り、最終的には打ち返すシーンもあり掴みどころ他球団からすればないので非常に厄介な選手

出典:http://baseballking.jp (2141449994075160701_22)

インコースに投げれば引っ張ってライトスタンドまで軽々運び、アウトコースになげればレフトスタンドに簡単に持っていってしまう。サヨナラのチャンスで回ってきたら、先ず1球で仕留めてしまう。

半分以下になっても2億円以上

年俸は1時期5億円以上あったが現在はその半分以下の2億6000万円。半分で2億6000万円貰っている選手は他にはいない。如何に5億円という年俸が凄いかを物語っている。半分以下になっても2億円以上も年俸があるのは他球団ではできない。

阿部慎之助巨人の捕手史上最強打者!!

先述の通り、読売ジャイアンツ史上、キャッチャーでは最高の捕手。肩も強く、打撃面ではキャッチャーは250あれば良いと言われる中、首位打者も獲得している。

出典:http://www.hochi.co.jp (2141449994075160701_17)

ホームランも量産態勢に入ると、手が付けられない。相手チームからしてみれば、不調の時にはそのまま眠らせておきたいバッター。近年の読売ジャイアンツのバッターでは一番の強打者。

広角打法

どんな投手でも対応力が高く、2打席目からはしっかり対応してくるので、他球団は非常に手を焼いている。ツボを持っている選手でツボに来れば、不調の時でも軽々スタンドに持っていってしまう。

出典:http://kyosp.blog.jp (2141449994075160701_10)

広角打法を得意としており、流し打ちも時折見せる。ヒットはセンターより右の打球が多いがホームランは、反対方向にも打てるので非常に頼もしい。相手チームからするとそこに投げて打たれるのか・・・。と正に打撃に関しては芸術的とも言われている。球界の中でも屈指の強打者。かなり手強いバッター。

味方でいる分には頼もしい限りだが、敵に回すと勝負を避けたくなる場面も数多くあり、甘く入った球は見逃してはくれない。先ず痛打される。コースも間違って投げる事が出来ない強打者。

出典:http://www.zakzak.co.jp (2141449994075160701_31)

ヒットなら仕方がないと言ったレベルの強打者。一発長打さえ食らわなければ良いバッター。それ程相手チームは厳重警戒して来るバッター。やはりホームランを打たれると、打線に火が付くので、ホームランだけは避けたいバッター。

阿部慎之助ファーストへコンバート!

阿部慎之助選手は昔から、ファースト転向を打診されていましたが、キャッチャーとして勝負をしたいとこれまでは固辞してきたが、近年は故障が多く、負担の少ないファーストへコンバート。

出典:http://ja.wikipedia.org (2138930939670002801_5)

ファーストは様々なサインプレーをしなければいけないので、見ているよりもかなり頭を使わなければいけない。動きもシャープでなければいけない。スピーディに対応しなければいけない。

足は遅いが動きはシャープ

阿部選手は足は遅いが動きはシャープ。かなりファーストにコンバートされてからは、今まで以上に積極的に動いている。ファーストはそれ位動かないといけない。本人ももうマスクは被らない、悲壮な覚悟で今年は挑んでいる。しかし、現在は故障で戦線離脱中。ファーストで負担を軽減しても故障してしまう。満身創痍の状態。

出典:http://matome.naver.jp (2141449994075160701_1)

調子が上向きになってきた試合でまさかの故障。4番打者の離脱は読売ジャイアンツに取ってはかなり手痛い。早期の復帰が望まれるが、じっくり治して、今年の目標の2000本安打をクリアして欲しい。

阿部慎之助選手画像

出典:http://matome.naver.jp (2141449994075160701_39)
出典:http://www.sanspo.com (2136189785222469201_1)

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA