129497roomの記事一覧

  1. 東浜 巨選手は、沖縄尚学高等学校3年生の時に東浜巨選手はセンバツ甲子園で、5試合41イニングを投げ防御率0.66と言う抜群の成績を残し同校を9年振りの優勝に大きく貢献する投球内容を披露した。夏は地方予選で敗れ、甲子園春夏連覇の夢は潰えた。プ…

  2. 今江敏晃選手は、PL学園高校1年の時から4番を任される。甲子園出場も果たしたが全国制覇はならなかった。非凡な打撃センスの持ち主。広角に打ち分ける。ボール球でも狙っている球だった場合強引にスイングする傾向がある。その為、ボール球のスイング率が…

  3. 西川遥輝選手の最大の持ち味はなんと言っても俊足。盗塁センスが非常に高く毎年コンスタントに30個以上の盗塁をマークしています。そして併殺打はかなり少なく、西川遥輝選手が併殺打に倒れるのは非常に珍しいケースです。昨年は規定打席に到達し、併殺打は…

  4. 上林誠知選手は、今年一気に素質が開花しました。今ではソフトバンクの強力外野陣の一角を担っています。工藤公康監督からの信頼も非常に厚いものがあります。福岡ソフトバンクホークスが待っていたニュースターの誕生です。今年のオフの年俸大幅アップは確実…

  5. 福山博之投手はここまで決して平坦な道のりではなかった。横浜ベイスターズに入団したものの僅か2年で戦力外通告を受ける。そんな福山博之投手に救いの手を差し伸べた球団があった。東北楽天ゴールデンイーグルスである。当時の監督は闘将星野仙一氏。投手出…

  6. 大田泰示選手は、鳴り物入りで読売ジャイアンツに入団したものの、2軍では結果を出すものの1軍では結果が出ず。足が速く2軍戦では盗塁も数多く決めてきた。走れる大砲として読売ジャイアンツは大いに期待しものの結果が中々です、2016年に4本のホーム…

  7. 中村晃選手は、東京の超名門校帝京高校で1年秋から不動の4番打者に君臨する。下級生が4番に座る事に対して上級生の誰からも不満の声が出なかったくらい、その打撃センスは高校生離れしたものがあった。名将前田三夫監督曰く、「ファーストの守備も抜群のも…

  8. 嶋基宏選手は東北楽天ゴールデンイーグルスの正捕手。扇の要。チームへの貢献度が非常に大きい。数字以上に勝利に貢献している選手。2塁送球まで1.9秒の強肩を誇る。これまで数多くの俊足ランナーを刺してきた。非常に投手からすると頼りになるキャッチャ…

  9. レアード選手は2015年から北海道日本ハムファイターズの一員として活躍している。来日1年目から34本のホームランを放った。広い札幌ドームを本拠地にしながら、来日1年目から大台の30本をクリア。昨年の広島東洋カープとの日本シリーズでも大活躍し…

  10. 長谷川勇也選手は安打製造機とも言われる程、バッティングセンス良いです。追い込まれてからの粘りが凄いです、若干守備力に難はあるものの打力でカバーしています。首位打者にも輝くその打撃は福岡ソフトバンクホークスになくてはならない存在と言えます。右…

RETURN TOP