佐藤彩アナウンサー(北海道放送)かわいいジョシアナすぎて今日もドキッとします。ほっかいどう経済ネオを見たい!

スポンサーリンク

佐藤彩アナウンサーはとても大きな瞳が印象的な美人アナウンサーです。自然体の笑顔が素敵な女性です。アナウンサーにしておくのは勿体ないくらいです。本人は今の仕事に、物凄い遣り甲斐を感じているようです。フリーになる気も今のところはないようです。北海道放送としては一安心と言った所ですね。なかなかここまで育て上げた生え抜きのアナウンサーを手放したくないですからね。非常に男性視聴者受けが良い女性アナウンサーです。

女性アナウンサーにも様々なタイプがありますからね。佐藤彩アナウンサーは癖のないアナウンサーですね。女性視聴者からも共感を持ってもらえるタイプです。女性視聴者は、基本的に女性アナウンサーに厳しいですが、佐藤彩アナウンサーはそういった声はあまり聞かないですね。人柄がよく出ていますね。人柄はかなり重要です。どんなに美人のアナウンサーでも人柄が悪ければ叩かれます。しかし、佐藤彩アナウンサーの様に人柄が良いアナウンサーはそういった事はありません。この差がかなり大きいのです。

スポンサーリンク

-->

佐藤彩アナウンサープロフィール

佐藤彩(さとうあや)
生年月日1983年4月12日
北海道出身
北海道札幌南高等学校→北海道大学卒
北海道放送アナウンサー

佐藤彩アナウンサーは生まれも育ちも北海道の≪道産子≫です。やはり地元の北海道放送がアナウンサーになるなら1番性に合っていますね。結構気分的なものもが大きく左右する事がありますからね。北海道は地元ですからいろんな事を知っています。そういった事をアナウンサーとして生かす事も重要です。せっかくの≪道産子≫アナウンサーなのですから、出し惜しみなく北海道の良い所を紹介して欲しいですね。今までも十分紹介してきていますが、これからもドンドン北海道の良い所を教えて欲しいですね。

大学時代はチアリーダー

大学時代はチアリーダーをしていました。人前に出るのが好きなようです。嫌いだったらチアリーダーは務めらないですからね。しっかりチアリーダーを務めています。この頃から就職の選択肢の一つとしてアナウンサーもあったのではないかと思います。大学時代の4年間はあっという間に過ぎ去っていきます。本当に大学の4年間は早く感じます。

20代はあっと言う間に終わるというのもその通りです。但し、これは皆さん価値観が大きく違いますから、一概には何とも言えませんが、普通の人が20代は早く終わったなあと30代になって感じる人が殆どだと思います。20代が長かったと言う話は殆ど効かないです。そんな中、アナウンサーも選択肢にあったのでかなり多忙な大学生活を送っていたと思います。チアリーダーに本業の学業に、就職試験を突破する為のシュミレーション。本当に24時間では足りなかったとおもいます。

バラエティ番組≪ジョシアナ≫

過去の出演番組の中では深夜のバラエティ番組≪ジョシアナ≫や≪グッチーの 今日ドキッ!≫などが代表番組に挙げられます。基本的に新人アナウンサーが最初に経験するのは深夜のバラエティ番組です。これどのNHK以外の各局はどの局も足並みをそろえていますね。ここまで、足並みをそろえるかと言う位合わせてきます。新人アナウンサー=深夜バラエティ番組と言う方程式が出来上がっていますね。新人アナウンサーはとにかく与えられた仕事をするまでです。

佐藤彩アナウンサーも自分に与えられた仕事をしっかりこなしました。そして、≪グッチーの 今日ドキッ!≫の仕事が回ってきました。アナウンサーの場合は最初の仕事をしっかりこなすと、次の仕事が回ってきます。フリーアナウンサーは自分で仕事を選ぶことが出来ますが局アナの場合はそれが出来ません。回ってきた仕事はしっかりこなさないといけません。局アナになった以上、これは宿命です。

≪ほっかいどう経済ネオ≫のキャスター

現在の担当番組は、≪ほっかいどう経済ネオ≫と≪HBCニュース≫をテレビでは担当してします。≪HBCニュース≫は不定期の出演です。どちらもニュース番組をテレビでは担当してします。ニュースが読めてアナウンサーは1人前と言われていますから、この2本の番組はアナウンス力をいかんなく発揮しています。アナウンサーになった以上、アナウンス力は持っておこないと、仕事が来ません。ここは努力をしっかりとする事です。

努力だけはしっかりする事です。努力なくして成功はありません。そんな佐藤彩アナウンサーは、ラジオでもレギュラーを持っており人気があるのが、≪朝刊さくらい≫と≪太陽グループ協賛HBCこども音楽コンクール≫に≪山ガール&温泉ガール≫詳しくは佐藤彩アナウンサーのブログに載っています。紹介分でもブログを見て下さいと書いてあります。ブログを見に行くのも楽しくて良いと思います。女子アナウンサーがブログを開設する事は今では普通になりましたね。

確かに書ききれないので、ブログで確認してくださいは正しい選択ですね。中身がパンパンで入りきらないですからね。そこでブログの登場という訳です。ブログと言うのは非常に便利なものになりましたね。今後の活躍にも期待したいアナウンサーです。

スポンサーリンク

1 2

関連記事

  1. 堤礼実アナウンサー
  2. 大家彩香アナウンサー
  3. 宮司愛海アナウンサー
  4. 三田友梨佳(みた ゆりか)
  5. 松村未央アナウンサー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA