中畑文利(漆かんな職人)の家族や後継者は?仕事の流儀に出演!

 

をご存知でしょうか?
漆は英語では実はjapanと表現しても通じます。
日本の工芸や塗り物に欠かせない原料の漆ですがその漆は採るという表現をせずに「掻く」と表現されます。
漆をヘラで掻きとって採取するところから来ていると言われています。
その漆掻きに必要な用具を作り上げるための漆掻き用具
この漆掻き用具の鍛冶製品を作るという技術はなんと中畑文利さんという職人一人にしか受け継がれていません。
今回はそんな漆かんな職人の中畑文利さんについて調べてみましたのでご覧ください。

スポンサーリンク

中畑文利さんの漆かんな職人としての伝統の技!仕事の流儀に出演予定!

漆器は陶器やガラスで作られたものよりも熱が伝わりにくく、持った時に熱くありません。
保湿性や保温性に優れているので熱いものは冷めにくく、冷たいものは温まりにくくと大変便利です。
そんな漆器に必要な漆を掻くための道具を作っているのが中畑文利さんです。
漆掻き用具

この漆掻き用具を作れる職人が今日本で唯一、中畑文利さんだけです。
中畑文利さんは現在70歳を超える年齢でありながらもその職人技術を有する現代の鍛冶職人なのです。
青森の田子町(たっこちょう)に生まれて学生を卒業後から現在まで45年以上ずっと鍛冶一筋で過ごしていらっしゃいます。
その技術は1995年に文部科学省の保存技術保持者にも認定されています。

中畑文利さんはただ決まりきった道具を作るだけではありません。
道具は木の皮をむく鎌・幹に傷をつけるかんな・樹液をすくいとるへらなど様々なものがありますがその一つ一つの道具を使う人の要望に答えて道具を一つ一つ微調整もしているのです。
時には0.2ミリ単位での調整も受けることがあるそうです。もちろん時間もかかりますし技術も必要になりますがこれこそが職人と呼ばれる所以なのだと思います。
スポンサーリンク

中畑文利さんの家族や後継者はいるの?日本最後の職人を受け継ぐ人とは?

中畑文利さんは夫婦で職人を続けており、奥さんは和子さんです。
中畑和子

中畑文利さんのような職人の技術はやはり日本の技術として受け継がれていかなければならないのですがやはりついてまわるのが後継者問題です。
田子町では「地域おこし協力隊制度」を交付し、弟子の募集をしてこの唯一無二の技術を存続できるようにと尽力したそうです。
その甲斐があって富山市出身の清水翔平さんが現在は中畑文利さんの工房で修行をされているそうです。

後継者

当時の報道にはこのように記載されています。

金沢大を卒業後、大学院在学中だった清水さんの就職希望は「他の人がやっていない分野」といい、「募集を見て『これしかない』と思った。町に骨をうずめる覚悟で参りました」と意気込みを語った。辞令を渡した山本晴美町長は「日本の漆文化を支える技術がこの用具なので、しっかりと伝承していただきたい」と励ました。

後継者問題という最大の難問がひとまず解決したようで何よりです。
日本が世界に誇れる技術として、ずっと継承していっていただきたいものですね。

管理人のまとめ

私達が知らないだけで日本にはこのように技術をずっと受け継いできた方がたくさんいらっしゃると思います。
現在は大量生産、大量消費の時代となっています。ですがそんな時代だからこそこのように唯一無二の日本だけの技術を廃れさせてはいけない、ここで途絶えさせてはいけないという思いから様々な人の協力を経て受け継がれていくようにできたことはとても素晴らしいことだと思います。
2月22日放送予定の仕事の流儀にはやすり職人・深澤敏夫さんと同時にオムニバス形式で紹介されますのでぜひご覧ください。

最後まで読んで頂きありがとうございます☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 清水泰地
  2. 窪咲子06
  3. 岩田雅裕
  4. ジャガー佐藤
  5. 伊藤清隆
  6. 川原正孝
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです