上坂克彦(医師)が情熱大陸で沈黙の臓器に挑む!神の手の経歴は?

 

日本の三大疾患にあげられる「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」
初期症状が無く、この中でも特に沈黙の臓器呼ばれるすい臓・肝臓・胆管(胆道)に挑み大きな実績をあげている上坂克彦先生。
目の前の患者さんを救うために日々手術をこなしながらもすい臓がんの生存率を上げるための研究もしているという先生は一体どういう人なのか?ピックアップして見ました。

スポンサーリンク

日本が誇るトップドクター・上坂克彦の経歴とは?

上坂克彦2

名前  :上坂克彦
生年月日:1958年
出身地 :愛知県豊田市
学歴  :名古屋大学医学部
職業  :肝胆すい外科医

上坂克彦さんの経歴ですが1982年に名古屋大学医学部を卒業され、1996年には名古屋大学医学部第一外科助手に就任されハーバード大学への留学を経て2002年には静岡県立静岡がんセンター肝・胆・すい外科の外科部長に就任されています。非常に勉強熱心であることがこのことからもわかりますね。
そして現在は静岡県立静岡がんセンターの副院長に就任し、がんに苦しむ患者さんの力になられておられます。

見つかった時には手遅れ・・・治らない「がん」の常識が覆される

沈黙の臓器と呼ばれる理由を皆さんはご存知ですか?
そうです、症状が出にくいので症状が発見された頃にはもう手遅れだということが多く初期の治療が必要と言われています。
上坂克彦先生の専門であるすい臓がんは見つけるのも難しい上に手術も非常に難しいらしいです。
血管が沢山集まっている場所のためにちょっとでも傷つけると出血してしまう上にがんが転移しやすいということです。

しかし上坂克彦先生はこのすい臓がん切除の手術後に抗がん剤治療を行う臨床試験でなんと2年生存率70%5年生存率45%
という今までに無かった実績を上げて世界から大きく注目をされたそうです。

スポンサーリンク

最高難易度の「がん」胆管がんに挑む上坂克彦に世界が評価!神の手と呼ばれるその所以

神の手と情熱大陸では比喩されていましたがご本人は「神の手など存在しない」と取材に答えられていました。
これはきっとひとえにご本人の勉強と努力と情熱の結果なのだと思います。
上坂克彦先生が教えを受けた先生もこれまた凄い方で国立がんセンターのすい臓がん手術の世界的権威、幕内雅敏先生に教えを受けていたそうです。

すい臓がんの臨床試験で上坂克彦先生は非常に大きな功績をあげておられます。

手術後の再発を防ぐため6カ月、従来の標準的な抗がん剤を投与した場合と、経口抗がん剤「S−1(エスワン)」を投与した場合で比較した結果、S−1の手術2年後の生存率は70%と従来の薬より17ポイント高かった。

薬品を投与することで入院の必要なく外来でも治療をうけられるようです。
これはとても凄いことですね。

管理人のまとめ

皆さんの記憶に新しいと思いますが去年54歳という若さでこの世を去ってしまった川島なお美さんも肝臓がんの一種で胆管がんという非常に難しい手術が必要で最高難易度とも言われているこの胆管がんに上坂克彦先生は挑まれています。そして前述したように大きく生存率を上げています。川島なお美さんに関してはどうやら手術を受けるまでに半年空いてしまっておりそのタイムロスが良くなかったようです。
上坂克彦先生は非常に患者に密着して治療をされており、診察の時も患者さんとコミュニケーション、とくにスキンシップを欠かさないそうです。やはり触診することでわかることは非常に多いのでしょうね。
もう「がん」は治らない病気では無いと言える時代が来るといいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ジャガー佐藤
  2. 川原正孝
  3. 服部匡志1
  4. 窪咲子06
  5. 工藤めぐみ01
  6. 米良はるか04
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです