横山雄哉(阪神)の彼女は?三塁打?イケメンで菊池2世って評価も

今回は阪神タイガースの横山雄哉投手をピックアップします~

横山投手は2014年ドラフト1位で阪神に入団した期待の左腕ということでプロ初勝利もマークしましたね。

当時のドラフトで阪神は1巡目の指名として日ハムの有原航平投手、ベイスターズの山崎康晃投手を外して3度目に横山投手を単独指名されました。

阪神の若手選手では高山選手、横田選手、江越選手、原口選手、陽川選手が注目されています。

それに同じ左腕の岩貞投手の活躍や、年下の藤浪投手に関しては若きエースで既にセ・リーグを代表するくらいの投手に成長していますので横山投手も負けてられないところではありますね。

これからの活躍が期待される横山投手に迫っていきます~!

横山雄哉(阪神)のプロフィールや経歴!西武の菊池2世?

横山投手のプロフィールはこちら~!

横山雄哉
生年月日:1994年2月21日
出身:山形県東村山郡中山町
身長:183センチ
体重:84キロ
投打:左投左打
ポジション:投手

横山投手は中山町立長崎小学校で2年生の時に野球を始めて中山中学校時代には中山ベースボールクラブに所属します。地元、中山町で初のプロ野球選手が横山投手だったみたいですね。

横山投手は地元に対してこのようにコメントも残しています~

「18歳まで山形で育ったことが自分のベース。挫折続きの自分だってドラフト1位になれたんだから、後輩たちには夢を追い続けて欲しい」
 「山形の温かい人たちには本当に感謝しています。遠い関西の地に行きますが、これからはプレーで恩返しできればと思いますので、応援よろしくお願いします」

その後山形中央高校に進学してからは2年生の時からエースとして春夏連続で甲子園に出場しますが、どちらも初戦で敗退しています。当時から東北地方出身の左腕の西武・菊池雄星投手と比べれ、“菊池2世”という評価も受けるくらいの実力だったそうです。

ちなみに山形中央高校からはドラフト4位で横山投手の後輩に当たる石川直也投手も日本ハムに入団しており負けられませんね。

阪神の能見投手に投げ方が似ており、“能見2世”とも呼ばれていますね。しかし高校卒業時にはプロからの指名はなく、新日鐵住金鹿島に入社することになりました。

新日鐵住金鹿島時代では最速147キロのストレートにエースとして活躍し、21U(21歳以下)ワールドカップ日本代表にも選出されて準優勝に貢献します。

横山投手は甲子園で二度も初戦で敗退したこと、社会人1年目でレベルが追いつかなかったことがアマチュア時代の挫折ということで語っています。

プロの世界では今まで以上の挫折を誰もが経験すると思うので、是非ともとも乗り越えて阪神のエース級の投手に成長して貰いたいですね!

横山雄哉(阪神)の三塁打って何?

横山投手には「三塁打」という関連するキーワードがありますが投手でもあるのに何故なのか?という意見もありますがこれは横山投手の野球人生においての汚点になっているのかもしれません。

山形中央高校時代の横山投手
横山雄哉・高校時代

横山投手は高校2年の時に春夏連続で甲子園に出場していますが、夏の甲子園のとき山形中央高校は初戦で九州学院と対戦した時、横山投手は序盤から死球などで乱調し6回には1イニングに三塁打を3本浴びました。

これは「大会タイ記録」だったということ「三塁打」が横山投手に関連されてるということです。

同じ阪神の藤浪投手も高校2年の夏の大阪大会決勝で逆転され、甲子園を逃している経験がありそのきっかけが大きく成長させたと言ってますので、横山投手もこの経験はこれからのプロ野球人生に活かして絶対的なエース級になって貰いところですね。

横山雄哉(阪神)の彼女は?

横山投手は藤浪投手のように女性ファンが多いです。

気になる彼女の噂なのですが、現在は入ってきておりませんが2014年10月に阪神へ入団が決まってからのインタビューで“彼女いない歴2年半”と答えていました~!

何やら中央高校時代の彼女らしく遠距離になって別れたみたいですね、現在横山投手が1軍の試合に出場しているのをその彼女も見ながら応援してくれていると良いですね!

横山投手は今彼女がいるんですかね。不明です(笑)

追記:横山投手が一般女性と結婚されました。

関連記事

阪神・まとめ
プロ野球・まとめ

管理人のまとめ

金本監督になってから若手のチャンスが与えられるようになり、毎日が戦いですね。誰が上がって、誰が落ちていくか想像つかないですがとりあえずできるだけ試合を作っていって評価を徐々に上げていってほしいですね。

若手の先発は序盤で乱調するとそのまま2軍降格ということは珍しくありません、競争を激化させている金本監督は特にそうだと思います。

横山投手は高校時代と社会人時代と数々の挫折を繰り返して見事乗り越えているので、勝利を重ねて相手チームに研究されてからどう勝っていくかが勝負になってきますね。

能見投手のように左のエース級に成長してくれることを応援してます。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高橋大輔・大学時代・現在の収入・彼氏・結婚
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです