ビシエド(中日)はホームラン何本打つ?守備の評価や年俸は?

 

プロ野球2016開幕して注目を集めている中日ドラゴンズの新外国人助っ人のダヤン・ビシエド選手をピックアップします~

開幕から3試合連続ホームランを打つなど圧倒的なパワーで今シーズンで何本のホームランを打つのか予想してる人も多いことだと思います。

メジャー通算66本塁打という実績は高く評価できると思います~!

ドラゴンズの強力な助っ人といえばタイロン・ウッズ選手、トニ・ブランコ選手(現オリックス・バファローズ)が印象的ですがビシエド選手はこの2人を超えそうな勢いですね~

長いシーズン好不調など色々あると思いますが、ビシエド選手についてまとめていきます~!

スポンサーリンク

ビシエドのホームラン数予想!ナゴヤドームは不利?

2013年にヤクルトのバレンティン選手のシーズン60本塁打を記録したことで、あの王貞治さんのシーズン最多55本塁打の記録を塗り替えたことは記憶に新しいですね。

その他にシーズンで50本塁打以上を記憶している選手といえば

タフィ・ローズ(2001年:近鉄)⇒55本

アレックス・カブレラ(2002年:西武)⇒55本

ランディ・バース(1985年:阪神)⇒54本

野村克也さん(1963年:南海)⇒52本

落合博満さん(1985年:ロッテ)⇒52本

松井秀喜さん(2020年:巨人)⇒50本

王さん、バレンティン選手や他の偉大な記録を残した選手がいますが、全員共通しているところがあります。

本拠地の球場が狭いということです。

通常ペナントシリーズは試合数の半分は本拠地で行われるのでどうしても本拠地が広い球場のチームにホームランバッターは不利です。

中日のビシエド選手の本拠地は広いナゴヤドームということで不利といえます。

そのなかでもし50本塁打以上記憶したら上記で書いたどの選手よりも価値のあることだと思いますね。

セ・リーグで広い球場は中日の本拠地ナゴヤドーム、阪神の本拠地甲子園でこの2つの球場でホームランが出るの場面は他の球場と比べて少ないです。

中日と阪神の選手がホームランのタイトルを獲ってる選手が少ないのは球場の差が大きく影響していると思います。

そう考えるとビシエド選手は最高のスタートを切っていますが、スコアラーの細かい記録が出されていくと必然と弱点がわかり、対戦相手のバッテリーは徹底的にそこをついてくるのでビシエド選手にとって本当の戦いはそこからかなって思います。

それにシーズンによってボールが変わったりしてホームランの出やすい年と出にくい年が分かれますのでホームラン数予想はこういったことを考えると怪我さえなけば40本といったところでしょうか。

中日は他のチームと比べて戦力が劣るので、ビシエド選手が今年大活躍して、当時のウッズ選手やブランコ選手みたいな絶対的な4番になれば心強いですね~!

1番荒木
2番井端
3番森野
4番ブランコ
5番和田

中日全盛期、この5人は強力でしたからね~

スポンサーリンク

ビシエドの守備ってどう?

バッティングに関して注目を集めているビシエド選手ですが、守備面ではどうなんでしょうか?

母国のキューバ時代とメジャーに昇格したときはサードのポジションに起用されることが比較的多く、基本的にレフトとファーストは守れるということですが、守備の評価はあまりよろしくないようですね。

メジャー時代にはレフトとしてリーグ2位の13補殺を記録したり、ファーストとしてのエラーの数も平均値よりも高かったみたいです。

守備範囲に問題があるということにフォーカスされているので、現在中日でファーストを守っているのでそのままポジションは固定したいところですね。

それを払拭できるくらいの打撃に期待しましょう~!

ビシエドの年俸は?

気になるビシエド選手の年俸はメジャーでの実績とチーム事情の長打力不足解消の期待を込めて推定年俸は1億7000万円と1年目の新外国人助っ人としてはかなり高い方です。

2016年に入団した新外国人助っ人で高額年俸を貰っている選手はこちら♪

ギャレット選手(巨人)⇒推定3億

ナバーロ選手(ロッテ)⇒推定1億4400万円

バンヘッケン選手(西武)⇒推定1億4000万円

リズ選手(楽天)⇒推定1億

ビシエド選手は新外国人助っ人のなかでベスト2位ということもあり余計に期待がかかりますね!

このまま活躍できたら倍近くの年俸で来季の契約もあると思うので頑張って欲しいですね!

管理人のまとめ

落合さんが監督をされていた時期が中日ドラゴンズの全盛期でした。

2004年、2006年、2010年、2011年にリーグ優勝しており、抜群の投手力で守りの野球を貫いていたことが印象に残っています。

もともと攻撃というチームではありませんが、全盛期の投手力までは程遠いので、打線の奮起が求められるのでビシエド選手の長打は必須ですね~!

ウッズ選手とブランコ選手は共にホームラン王のタイトルは獲っていますのでビシエド選手にも同じ期待を寄せてしまいます。

今後のビシエド選手の活躍が楽しみですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 日ハムファイターズ・イケメン
  2. プロ野球2017・新外国人セ・リーグ
  3. フィギュアスケートランキング
  4. 巨人イケメンランキング2017
  5. 山口俊・FA
  6. リオ五輪海外イケメンアスリートランキング
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです