横浜DeNAベイスターズ2016のスタメン予想!開幕ローテは?

 

昨年の2015年は前半戦を首位で折り返し、セ・リーグを大きく盛り上げた横浜DeNAベイスターズ。
長いペナントレース、後半に力尽きて結果、最下位に沈んでしまいましたね。ベイスターズは前監督の中畑清さんになってから今までにない注目度、そして選手の意識レベルが上がっていることも明らかでしたね。

2015年の戦いを思い返しても戦力的に他球団と比べてそこまでの差はないように思えます。

そして2016シーズンからアレックス・ラミレス監督が就任して話題性に関しては申し分はありませんが毎年Bクラスという現状もありますので、ファンとしては優勝争いがみたいとこじゃないでしょうか。
ラミレス
2016年のスローガンが「WE PLAY TO WIN」
横浜DeNAベイスターズ2016

ラミレス監督のコメント♪

我々、横浜DeNAベイスターズには他球団と比べて、遜色ない戦力が整っていることは、すでに分かっています。良い試合をすることで満足するのではなく、しっかり戦い、そして最後には勝たなくてはいけません。勝つこと以外で、もう私たちは満足できないのです。2016年のシーズンスローガンには横浜のみなさんが長年待ち望んでいる“勝利”を届けるという強い意志を込め選びました

どこよりも悔しい思いをしている球団だけに今年にかける意気込みが伝わってきます

新生横浜DeNAベイスターズの2016のスタメン予想や開幕ローテーションピッチャーにも迫っています~!

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2016の開幕予想スタメンは?

ラミレス監督は2016シーズンは2番に梶谷選手を2番に配置することも公言しており、より一層攻撃型で望むことがみえます。

プロ野球2016!優勝には攻撃型2番打者がカギ?

ベイスターズはもともと打線に関しては優れた選手が揃っているので2015年攻撃型2番打者として活躍したヤクルトの川端選手のように、梶谷選手も高打率を残せば打線もさらに厚みを増しますね

ラミレス監督は梶谷選手に3割、20本、100得点、30盗塁という高い数字を期待しています。これくらいの数字を残すことで、筒香選手も必然的にも100打点は簡単に狙えるとのこと。2番に梶谷選手を置くことと同時に3番にロベス選手、4番に筒香選手になることも公言しています。

なので、気になるベイスターズの2016年の開幕スタメン予想はこのようになりました!

1番(セカンド)石川雄洋
2番(センター)梶谷隆幸
3番(ファースト)ロペス
4番(レフト)筒香嘉智
5番(サード)ロマック
6番(ライト)荒波翔
7番(ショート)柴田竜拓
8番(キャッチャー)嶺井博希
9番(ピッチャー)山口俊

セカンドは石川選手以外考えられないですね、ショートに関しては実績でいうと倉本選手、白崎選手が有力ですが、全てのポジションでもっとも重要なショートだけに守備力に不安がありますので、そういう面ではドラフト3位ルーキーの柴田竜拓が有力かもしれません。ベイスターズは前監督の中畑さん時代から思い切った選手起用をラミレス監督もみせれてくれるのか注目ですね、

サードに関しては新外国人助っ人のロマックが固いですね。長打が魅力ですが、変化球にも対応が出来るのが良いですね

どうしても見どころは2番梶谷選手、3番ロペス選手、4番筒香選手ですね、ある意味クリーンナップでロマック選手がブレイクしたら実質クリーンナップが4人いるということなり、相手チームからしてみればかなり脅威ですね

見事ハマれば優勝争いの大きく前進するといえるでしょう!

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2016の開幕先発ローテーションは?

ベイスターズは課題が先発投手ですね。

2016シーズンの開幕投手には山口俊投手が内定しています。2014年シーズンから先発再転向となり3年目が勝負ですね。開幕投手なので自己最多の8勝を大きく超えたいところですね。

昨年で一番勝利をあげているのは久保投手の8勝なので、先発投手陣には大きな改革が必須となります。

現状の実力を分析して2016年の開幕ローテーションはこのように予想します~!

山口俊投手
井納翔一投手
久保康友投手
ギジェルモ・モスコーソ投手
三嶋一輝投手
石田健大投手

山口投手が12勝以上してほしいところですね。毎回ランナーを背負ってしまう印象がありますので首脳陣を安心させることができるピッチング内容をみせてほしいところですね!
久保投手と井納投手も10桁勝ったことのある実績があるので十分に狙えますね。野球は打線がよくても先発が揃わないとどうしても優勝争いから脱線してしまうので先発ローテが3人は最低でも安定したいところでしょう

昨年までの成績で勝数が計算できないのが辛いところではあります。

ストッパーには2015シーズン山崎康晃選手がルーキーにも関わらず、見事37セーブを挙げ、新人王を獲ったことはベイスターズにとって最高の収穫といえるでしょう。

2年目のジンクスというものがありますが、150キロを越える切れのあるストレートと140キロを越えるスプリットを持ってる消えるツーシームという武器があるのでセ・リーグの打者がそう打てるとは考えにくいです。

これだけ素晴らしいストッパーがいるので先発投手陣には奮起してほしいですね!

管理人のまとめ

中畑前監督のときから人気や話題性に注目がいきましたが、4年連続Bクラスという現実は受け止めないといけないですね。

このチーム成績であそこまで応援してくれるファンがいるので2016シーズンは勝利での恩返しがしたいところでしょう

2番打者に梶谷選手を起用していくことで話題になっていますが、先発投手陣が安定しないとどうしても長いシーズン戦えないので先発投手がどれだけ試合を作れるのかを注目していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 藤嶋健人 (2)
  2. 西武戦力外2016
  3. 落合博満
  4. 高梨裕稔・彼女
  5. 井岡一翔_アイキャッチ
  6. ソフトバンク戦力外2016
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです