【美人アスリート】馬淵優佳 選手(飛び込み)美しき16歳ダイバー女子飛び込み界のアイドル!

スポンサーリンク

馬淵優佳選手は、1995年2月5日、兵庫県宝塚市に生まれました。両親ともに中国出身の方で、父は寺内健を育てた馬淵崇英さんです。甲子園学園高校から立命館大学に進まれ、22歳の時に水泳の瀬戸大也選手と入籍して引退した。馬淵優佳選手は、12歳の時に頭角を現し、日本選手権でシンクロと3M板飛び込むの2冠を達成してます。その頃から、端整な顔立ちで多くの男性ファンを集めた事から、女子飛び込み界のアイドルとして脚光を浴びるようになりました。

馬淵優佳選手の輝かしい成績は、彼女が12歳の時であった2009年の日本選手権からです。辰巳楓佳選手と組んだシンクロで優勝、さらに3メートル板飛び込みでも優勝をして2冠を達成した時から彼女への注目が集まりました。その後、2009年には3メートル板飛び込みで2位となり、同年の東アジア大会(香港)で銅メダルを獲得した。2010年から2012年の3年間、インターハイで板飛び込み3連覇を達成しました。甲子園学園高校に在学中にテレビ番組(毎日放送)の「たむらけんじの学校に行こっ!」で取材を受け『美しき16歳ダイバー〝馬淵優佳”」として取り上げられました。その後、水泳の瀬戸大也選手と入籍をツイッターで報告した際は、多くの男性ファンをショックに導きました。

スポンサーリンク

やはり、最近の話題は2017年5月24日に、22歳の彼女は水泳の瀬戸大也選手との入籍ではないでしょうか。彼女からの報告がツイッターであったのも、今風の女の子らしい報告の仕方ですが。さわやかな二人の姿に、祝福の声が多かったです。そんな、彼女の性格がわかるのが、彼女のツイッターを見るとその性格がわかります。言葉使いは、コテコテの関西人で明るい性格の持ち主である事が判ります。そして、交友関係も広く、同じアスリート仲間やキャンパス仲間との写真などが多く紹介されています。まだまだ、新婚熱々なのか、旦那の瀬戸大也に関するツイートが多く、仲の良さが伺えます。彼女のお父さんが指導した寺内健さんも、一度引退してからカムバックしてます。彼女の場合、もしかして再度アスリートとして、東京オリンピックを目指すと言うツイートも見られるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA