【美人アスリート】永井美津穂 選手(新体操)東京オリンピックメダル期待

スポンサーリンク

1993年7月16日生まれ、愛知県東郷町出身で血液型はAB型です。身長152㎝で体重46㎏、子供の頃から東海テレビ東名体操クラブへ通っていました。出身高校は至学館高等学校で出身大学は日本体育大学です。新体操の選手として得意種目の床と跳馬で活躍していましたが、2016年に引退しました。新体操を始めたきっかけは、姉と公園で鉄棒を使って逆上がりをして遊んでいた時です。永井選手が逆上がりをとても巧みにこなす姿を母が見て、体操をするように勧めたのでした。体操のセンスが抜群だったため、中学3年時には全日本種目別跳馬で2位という成績を収めています。

出典:naver.jp (2141140405627595101_0)

高校時代に永井選手は、跳馬の名手として大活躍していました。活躍が目覚ましかったのが2009年に出場した全日本種目別選手権です。前転とび前方屈伸宙返りを見事に決め、ユルチェンコ2回ひねりもまとめたため、予選を余裕で通過しています。そして進んだ決勝では、鶴見選手や上村選手などの強敵よりも良い成績を挙げ見事優勝しました。当時はまだ高校1年でしたが、見事な演技をこなす選手がいると全国的に知られることになりました。高校生活最後の年に永井選手は全日本種目別選手権の跳馬で、神がかりな演技を続けていきました。伸身クエルボとユルチェンコ2回ひねりを綺麗に決めて、予選をトップで通過した後、その勢いで優勝も成し遂げています。

スポンサーリンク

インスタグラムに、永井選手がとある治療院を訪問した時の写真が掲載されています。応援大使と書かれた額縁を持っているので、応援するのが目的で医院を訪れたようです。永井選手は、スポーツで怪我をした人の治療をする仕事に興味があるのかもしれません。KUNOICHIと言う名のテレビの特番に出演したことがあります。この特番は用意された様々なアトラクションをこなしてゴールを目指すのが目的で、各スポーツ界で活躍していた選手達が出場することが多いです。番組内で永井選手はローリングヒルとパイプホールドは突破しましたが、バーが左右で動く所で失敗しています。失敗して下に落ちた時の表情は笑顔だったので、また挑戦したいなと思った可能性もありそうです。

出典:naver.jp (2141140405627595101_4)

スポンサーリンク

関連記事

  1. 猶本光 選手(サッカー)
  2. 井岡一翔
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA