【美人アスリート】北川ひかる 選手(サッカー)東京オリンピックメダル期待

スポンサーリンク

北川ひかる選手は、1997年5月10日生まれの現在20歳の女子サッカー選手です。石川県金沢市出身です。浦和レッズレディースに所属しています。ポジションは、ディフェンダーとミッドフィールダーです。サッカーは、もともと兄がやっていたということもあり、その影響と、保育園時代にサッカー教室に通い始めたのがきっかけとなりました。5歳からサッカーをはじめ、小学校では星稜PELバディと菊川FCJr.の2クラブに所属していました。

2009年には、ナショナルトレセンU-12北信越に抜擢されてから、頭角を現し始めました。翌年の2010年、小学校卒業と同時に、JFAアカデミー福島に入校しました。5期生として、男子も含めて初の石川県出身のアカデミー生となりました。親元を離れての生活を送るようになりました。さらに、U-13日本女子選抜に選ばれ、海外遠征に参加をしました。2012年12月9日に行われた、第34回皇后杯3回戦のアルビレックス新潟レディース戦で、スタメン中唯一の中学生ながら、フル出場を果たしました。そして、1ゴール1アシストの全ゴールに絡む活躍で、チームを2-1の勝利へと導きました。これは、報道されたほどの活躍でした。

スポンサーリンク

2014年3月に2014FIFAU-17女子ワールドカップに出場しました。このころから、左SBが定位置になりました。決勝を除くすべての試合に出場し、大会を通じてわずか1失点という守備陣のかなめとして活躍しました。準決勝ではのベネズエラ戦で相手選手と接触し、脳震盪をおこし退場を余儀なくされましたが、チームは決勝が決まりました。2015年4月には、浦和レッズレディースに特別指定選手として入団し、8月にはAFCU-19女子選手権に出場しました。途中、タンカで運ばれるアクシデントに見舞われましたが、決勝ではフル出場し、PK戦ではみごと決めるなど、チームを優勝に貢献しました。2016年には早稲田大学に進学し、正式に浦和レッズに入団をしました。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA