【美人アスリート】八木かなえ 選手(ウエイトリフティング)東京オリンピックメダル期待

スポンサーリンク

メダルが期待

八木かなえ選手は女子重量挙げ競技でオリンピックでのメダルが期待されている選手です。八木選手は1992年に兵庫県神戸市で生まれ、5歳から中学生までは器械体操に取り組んでいました。器械体操でも優秀な成績をおさめていた八木選手ですが、高校に入って重量挙げ競技と出会い、その素質を開花させていきます。重量挙げというハードな競技に取り組んでいますが、重たいバーベルを持ち上げたあとに見せる笑顔も印象的な選手です。

八木かなえvsAKBらぶたん – READ2CH

学生のオリンピック

高校に入ってから重量挙げを始めたという彼女ですが、競技を始めて1年にも満たないうちに重量挙げのアジアユース53kg級で優勝を飾ります。その類まれなる素質と練習によってその後も成績を伸ばし続け、日本代表として世界選手権への出場や高校新記録の樹立など、高校時代にはさまざまな記録を打ち立てます。大学に進学後は2012年のロンドンオリンピックで自身初となるオリンピック出場を果たし、翌年には世界中から学生アスリートが集う「学生のオリンピック」と呼ばれるユニバーシアードの女子重量挙げ53kg級で見事優勝し金メダルを獲得します。国際大会で自身初となる金メダルを獲得し、世界への手ごたえをつかむ大きな経験となりました。

スポンサーリンク

八木かなえの出演時間

持ち上げたあとの笑顔

八木かなえ選手の代名詞とも言えるバーベルを持ち上げたあとの笑顔は重量挙げを始めた頃の指導者の教えによるもので、いつしかそれがメディアで取り上げられるようになり彼女のトレードマークとなっていったそうです。また競技では100kgを超えるバーベルを持ち上げるため全身が筋肉の塊のように見える重量挙げ選手ですが、八木かなえ選手曰く腕相撲に関しては普通の人よりもむしろ弱いぐらいだと言います。それは腕相撲で使われる筋肉と重量挙げで使われる筋肉がまったく異なることから、普段鍛えていない筋肉を使う腕相撲では素人相手でもまったく歯が立たないのだとか。それどころか子どもにも負けてしまうこともあるほど弱いと語っていたのが意外でした。

「可愛過ぎる」シリーズ、18歳の新星に期待! – D2ちゃんねる

スポンサーリンク

関連記事

  1. ボクサーイケメンランキング日本編
  2. 四元奈生美選手
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA