村上茉愛 選手(体操)得意種目は跳馬・ゆか。女子体操会のトップに。子役としてドラマにも

スポンサーリンク

得意種目は跳馬・ゆか

村上茉愛さんは神奈川県相模原市出身で1996年8月5日生まれの現在21歳の全日本女子の体操選手です。3歳のときに体操を始め、ソウルオリンピックとバルセロナオリンピックの2大会連続でメダルを獲得した池谷幸雄さんが主催する池谷幸雄体操倶楽部に小学校時代から所属しておりました。現在は日本体育大学に在学。2016年にはブラジルで行われたリオデジャネイロオリンピックに日本代表に選出され、惜しくもメダルは逃したものの、個人総合と団体戦に出場を果たしました。得意種目は跳馬・ゆかです。

村上茉愛

村上 茉愛(むらかみまい 1996年8月5日生まれ )
体操競技選手。
東京都出身。
体操は3歳の時に母親に勧められたのがきっかけで始めた。

女子体操会のトップに

2016年4月に行われた全日本選手権で個人総合で優勝を飾り女子体操会のトップに立ちました。その後もNHK杯で2位になるなど順調にキャリアを重ねオリンピック代表にも選出されます。オリンピックでは女子団体戦で4位入賞。メダルにはあと一歩のところで届きませんでしたが、今後を大きく期待させる活躍を見せてくれました。

スポンサーリンク

オリンピックが終わり今年に入り10月にはカナダ・モントリオールで行われた世界選手権にこちらも日本代表として個人総合と種目別に参戦。個人総合と種目別の平均台ではまたしても4位とメダルには手が届きませんでしたが、床競技で見事に村上茉愛選手自身初の世界大会でメダルを獲得しました。しかも金メダルという、世界選手権では日本では1954年のローマ大会以来となる種目別の金メダル獲得という快挙でした。

【体操】村上茉愛

子役としてドラマにも

日本の体操会といえば誰もが知っている‘絶対王者’の内村航平選手や‘ひねり王子’の白井健三選手の男子ばかりが注目をされてきましたが、2017年にカナダ・モントリオールで行われた村上茉愛選手の世界選手権の大活躍によって、女子も脚光を浴びるようになって来ました。村上選手の愛称もどうやら力強いバネがある演技をすることから‘ゴムまり娘’が有力になっています。

もうすっかり体操の選手というイメージしかありませんが、実は昔、子役としてドラマにも出演していました。9歳のときTBSのスペシャルドラマ『ウメ子』に子役として出演。しかも元々体操で有名だったわけでもなく自らオーディションに参加をし見事600人の中から選ばれたそうです。体操以外にも女優としての才能もあるようです。

【体操】村上茉愛

スポンサーリンク

関連記事

  1. ボートレーサー女子可愛いランキング
  2. 山口翔・熊本工
  3. 藤森由香
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA