岩渕真奈 選手(サッカー)スピードのあるドリブル。ゴールデンボールを受賞。3回もの大怪我

スポンサーリンク

スピードのあるドリブル

女子の日本代表のサッカー選手で、現在は日本女子サッカーリーグのINAC神戸レオネッサに所属している、1993年生まれの24歳です。海外の女子サッカーリーグにも以前に所属しており、男子で世界的に有名な名門のバイエルン・ミュンヘンにもかつて所属しておりました。ポディションはフォワードで身長は156cmと小柄ですが、スピードのあるドリブルが特徴の選手であり、日本女子サッカー界のメッシとも言われております。

岩渕真奈

国籍 日本
生年月日1993年3月18日(19歳)
出身地東京都
身長155cm
体重52kg
選手情報
在籍チーム日テレ・ベレーザ
ポジションFW
背番号13

2歳年長の兄・良太が所属していた関前SCでサッカーを始め、2005年に日テレ・メニーナ入団。2007年からトップチームである日テレ・ベレーザに2重登録され、10月21日の浦和戦でなでしこリーグ初出場。

スポンサーリンク

ゴールデンボールを受賞

若いときから将来の活躍が期待されていて選手で、2008年に行われた女子サッカーのFIFAワールドカップの17歳以下の大会で日本代表として出場し、グループリーグの初戦と準々決勝で1ゴールずつを決める活躍を見せたが、日本代表は準々決勝でイングランドにPK戦で敗れたにもかかわらず、 岩渕真奈はその大会のMVPにあたるゴールデンボールを受賞しました。これは異例のことで、岩渕真奈より多く得点を決めた選手やそのとき優勝を果たした北朝鮮の選手を差し置いての選出でした。そんな中でのMVP受賞はその大会でいかに岩渕真奈が強烈なインパクトを残したかという証です。またそれと同時に同年に最もアジアで優れた活躍をした選手に贈られるアジア年間最優秀女子ユース選手賞も受賞しております。

画像】岩渕真奈/東アジア選手権・日本代表対香港代表の写真ギャラリー …

3回もの大怪我

24歳とまだまだこれからという年齢ですが、以前から期待されているのになかなか表舞台に立てないは、すでに3回もの大怪我を負っているからなのです。2015年2月には右ひざ外側側副靭帯損傷、リハビリを経て復帰はしたものの、そのすぐ3ヵ月後の2015年5月に内側側副靭帯を損傷。またその3ヵ月後の8月に再び外側靭帯の今度は断裂と、度重なる怪我に悩まされておりました。また1回目の右ひざ外側側副靭帯損傷と3回目の外側靭帯断裂の怪我はドリブル中に同じ動きをしたときに起きた怪我で、一度それで怪我をしているのはわかってはいたが、プレースタイルを曲げたくなく、貫いたが故に起きた怪我でした。そうしたエピソードからも、自分のプレースタイルで勝負したいという気持ちが強い選手だとわかります。

ポスト沢! 岩渕真奈 画像 【なでしこジャパン】

【女優】堀北真希がサッカー日本代表のアジア杯制覇に感動! 長友の活躍に「思わず拍手しました。今からコンフェデ杯が楽しみ」 – 2ちゃんねるキ

スポンサーリンク

関連記事

  1. バレーボール・イケメン・歴代
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA