池江 璃花子 選手(水泳) 数々の日本記録を塗り替える彼女の力!東京五輪に期待!

スポンサーリンク

自由形とバタフライ

池江璃花子選手は東京都出身で2000年7月4日生まれの17歳の高校生です。日本で最も勢いに乗っている水泳選手の一人と言えるでしょう。自由形とバタフライを専門とし、その身長170cmの体で両腕を広げると184cmものリーチがあります。その恵まれた体型と鍛え抜かれた肉体で、現在すでに個人種目とリレー種目合わせて16の日本記録を持つオリンピックでは大注目の選手です。同じく水泳競技で注目を集める今井月選手と同い年で二人は大親友です。好きな食べ物はチョコレートですが、大会中は我慢しているそうです。

池江 璃花子(いけえ りかこ、2000年7月14日 – )は、東京都出身の競泳選手。身長167cm。体重54kg。足のサイズは25.5cm。自由形やバタフライを専門にしている。ルネサンス亀戸に所属[

出典:naver.jp (2143300004620073901_3)
ルネーム 池江璃花子
国籍 日本の旗 日本
泳法 自由形、バタフライ
所属 ルネサンス亀戸
生年月日 2000年7月14日(14歳)
生誕地 東京都
身長 167cm
体重 54kg
テンプレートを表示

池江 璃花子(いけえ りかこ、2000年7月14日 – )は、東京都出身の競泳選手。身長167cm。体重54kg。足のサイズは25.5cm。自由形やバタフライを専門にしている。ルネサンス亀戸に所属[1]。

スポンサーリンク

目次

【池江璃花子】~JOCジュニアオリンピック2016(400リレー)

8月24日にアンカーとして出場した池江選手は4位から逆転して優勝に導きました。
リオ五輪から帰って来て間もないのに、すごいです!

数々の日本記録を!

池江選手は3歳から水泳を始め、小学校3年生頃から全国大会レベルの選手になりました。そして中学に入学し、次々と中学記録を塗り替えていったのですが、なによりもすごいのが彼女の持つ数々の日本記録です。中学三年生にして世界選手権の日本代表になった池江選手は、高校に入るまでになんと100mバタフライ、100m自由形、50m自由形の3種目で日本記録を塗り替えていました。そして高校生になってもその勢いは止まらず、入学してすぐにリオ五輪への出場が決定しました。それだけではなく、日本競泳史上で初めて7種目もの水泳競技での出場が決まったのです。その後も高校記録や世界ジュニア記録を塗り替え、そして高校二年生の現在16もの日本記録を持つ史上稀に見る競泳選手となりました。

【池江璃花子】~リオ五輪 競泳女子 400mメドレーリレー(予選)

出典:naver.jp (2143678944217394001_1)

5歳になる頃には50mを!

水泳の申し子とも呼ばれる池江選手ですが、なんと生まれたのは自宅のお風呂場での水中出産だったそうです。教育熱心だった池江選手のお母さんは脳に雲梯がいいと聞いてすぐに雲梯に取り組ませたと言います。そして池江選手は生後6ヶ月でお母さんの親指にぶら下がり、一歳6ヶ月にはすでに鉄棒の逆上がりをこなす女の子になっていたそうです。この頃からすでに池江選手の身体能力は開花していたのかもしれません。兄姉の影響で3歳から始めた水泳はみるみるうちに上達し、5歳になる頃には自由形、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライができるようになり、さらにその全てで50mを泳げるようになっていました。ちなみに脳の発達の為に始めた雲梯や早期教育のおかげか記憶力には自信があったようですが、中学三年間で最も変化したことを聞かれた時に本人は「中1のときは、そこそこ学力もあったのに頭がバカになった」と言っていたようです。

【池江璃花子】~ リオ五輪日本選手団 入村式

出典:naver.jp (2143678944217394001_7)

中学3年生で世界水泳日本代表入りを果たした、スパースイマー、池江璃花子さん。

2015年日本選手権50mバタフライで優勝、自由形で50m、100m、200mで3位入賞し、14年ぶりとなる中学生での世界選手権出場権を獲得した池江璃花子選手。

3歳10ヶ月になると、兄と姉の影響で水泳を始めた。5歳の時には全ての泳法で50mを泳げるようになった。一方で、幼児教室の七田チャイルドアカデミーに生後2ヶ月から通い始めると、記憶力でも卓越した力を発揮するようになり、その後の学業にも活かされることになったという

東京・小岩第四中3年の池江璃花子10+ 件(14=ルネサンス亀戸)が、01年福岡大会以来、14年ぶりとなる世界選手権での中学生代表の座を獲得した。

成長にはライバルの存在も欠かせないが、池江には幼いころから共に練習してきた持田早智(ルネサンス幕張)というライバルがいる。学年は持田が一つ上だが、合宿ではいつも一緒で仲が良い。彼女に負けたくないという思いは、200メートル自由形で3位になり、リレーでの代表入りを喜んだ一方で、2位の持田に敗れ「負けないつもりで泳いでいた」と涙を流す姿からもはっきりとうかがい知ることができた。

池江璃花子さんには、
兄さんがいます。

お兄さんも水泳をやっており、
競泳選手として頑張っているようです。

池江には7歳年上の姉と3歳年上の兄がいて、2人が水泳をやっていた。「お兄ちゃんやお姉ちゃんが何でも上手にできるので、自分にも関心を持ってもらいたいと一生懸命アピールして、一人で早くから頑張ってチャレンジしてきました」と話す。

お母さんの「天才を生むたった5つの教育法」というのがあるらしい・・・

①興味のあるものを伸ばしていく。無理強いしないこと。
②子供の声を聞き、絶対にできると信じてあげること。
③家族が惜しみなく協力してあげること
④両親も勉強すること
⑤ママ友選びも慎重になること

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA