新井良太の彼女や結婚の噂は?山本彩と仲良し?年俸や登場曲も!

スポンサーリンク

今回はプロ野球、阪神タイガースの新井良太選手の情報を発信します。

良太選手は2011年に中日ドラゴンズから移籍し、広島東洋カープに所属する新井貴浩選手の弟で、2014年までは兄弟で阪神で一緒にプレーしております。

金本監督が現役時代にはよく貴浩選手をいじっていたのが印象に残っています。

スポンサーリンク

ホームランを打ったときのバットを投げるシーンは兄弟よく似ていますね!

良太選手は決してレギュラーとはいえませんが、元気で明るくチームのムードメーカーで、ファンからも大人気です。

阪神の選手のなかでもイケメンランキングは鳥谷選手に続いて毎年上位になっています。
そんな新井良太選手について迫っていきます

新井良太と山本彩の関係は?

新井良太・山本彩 (2)

「新井良太」と検索して、キーワードで「山本彩」と出てきてきますがこれは山本彩(NMB48)さん阪神ファンで知られており「虎バンSP 阪神タイガースファン感謝デー2015」の番組で共演してることが理由になっています。

山本さんは過去に阪神の試合での始球式も出ており、阪神の中では俊介選手で以前在籍していた新井貴浩選手(現広島カープ)、西村憲(元所属選手)が好きだそうです☆彡
山本彩

山本さんはグループ上恋愛は禁止なので、良太選手を含め、他の選手ともそういう熱愛関係ではありませんが、選手のなかでは山本さんにメロメロになってる選手もいるはずです~

将来的にもしかしたらあるかも???

彼女や結婚の噂や年俸は?

元阪神の赤星憲広さんはOBのトークショーでも「良太は結婚しないから伸びないんですよ。あいつはモテるのを楽しんでる」とトークで話をしていたこともあり、阪神に2011年に移籍してから何かとそのような噂があります

プロ野球選手は平均的に結婚は早い選手が多いなかで良太選手は現在32歳で阪神タイガースの独身選手の中では最年長!2016年の年俸は推定3000万

阪神の中でも最もモテるはずなので、何かのタイミングですぐに結婚しそうな雰囲気は毎年あるように思えますが現在2016年はまだ独身です。

良太選手はかなりモテることでは有名です。決して結婚できないというのはないでしょう
結婚に必要性を感じてないアスリートもいますが良太選手もそのタイプかもしれませんね。

MBSテレビ「痛快! 明石家電視台」に新井兄弟でさんまさんにも結婚のことでイジられていましたね。
痛快! 明石家電視台」

好みのタイプはルックス的には長澤まさみさん「わがままを聞いてくれる人」「料理が上手い人」だそうです

番組では「結婚したいのに結婚できない」といってましたが、色々な情報を見ると結婚に対して今は必要を感じてないように思えますね

巨人やヤクルトのような関東の球団の選手はアナウンサーや芸能人との結婚が多いですが、阪神の選手がそういう著名人との結婚するケースは限りなく少ないですね

モテ男の良太選手ならありえそうです☆彡

遅かれいつか結婚して幸せな家庭を気付いてほしいですね!

新井良太の年俸や2016年の登場曲は?

プロ野球選手はホーム球団の場合、バッターバックスに入るときに、登場曲が流れます♪ファンの楽しみの1つでもありますね!

毎年この登場曲を変更する人もいますが、良太選手は2012年からずっとプリンセス・プリンセスの「世界でいちばん熱い夏」を選曲しています。

甲子園ではこの登場曲は良太選手の代名詞にもなっており、ファンの中でも人気のある曲です♪

過去には中日時代では

「睡蓮花」(湘南乃風)

「Garden feat. DJ KAORI, Diggy-MO’, クレンチ&ブリスタ」(May J.)

「You Give Love a Bad Name」(BON JOVI)

と、登場曲を変更していますが、

ファンは今後ずっと「世界でいちばん熱い夏」のままにして欲しいと思っていることでしょう

良太選手がこの曲を登場曲に決めたきっかけは懐メロのカラオケ番組を見て、いい曲だし何よりもタイトルに「熱い夏」と入っていたから決めたそうです

性格も熱い男なので、今季は沢山試合に出て、豪快なホームランにバット投げも期待しています~

阪神タイガースの関連記事

阪神タイガースの選手に関する記事はこちらでもご覧になれます~
阪神タイガースのまとめ 

管理人のまとめ

良太選手は中日から阪神に移籍して人気も成績も自身最高のものになります。

2013年には開幕4番でスタメン出場しているだけあって長打力も阪神の選手のなかでもトップクラスで試合でに出場しててもしなくても常に長打を期待しながら見てしまいますね~
ただ、活躍した年は2012年と2013年だけといっても過言じゃありません

2012年 110試合 打率.280 本塁打11 打点32

2013年 119試合 打率.238 本塁打14 打点51

この二年間だけが飛躍したといえます。プロ野球の世界は三年連続活躍して一人前と言われています。
2016年、金本新監督になり、チームも改革されていくなかで見事レギュラーを掴んでほしいですね!

今後も応援しています~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA