岡田俊哉の嫁の画像は?西川遥輝と不仲?WBC選出に何でって声も

スポンサーリンク

岡田俊哉・中日
今や強力中日ドラゴンズの中継ぎエースと呼ばれ、WBC日本代表にも選ばれるほどの選手に成長した

岡田俊哉選手。

智弁和歌山高校から、その年のドラフトの目玉、菊池雄星投手の外れ1位で入団すると、その後2年間二軍でびっちりと鍛えあげ3年目にブレイクします

スポンサーリンク

3年目となった2013年に66試合に登板し、防御率2.79、7勝5敗22ホールドとフル回転に、その後毎年安定した成績を残して

2016年も57試合に登板し防御率3.20、3勝1敗13ホールドと、一年を通して活躍しました。

更なる飛躍が期待される選手ですね。

というわけでこの記事では、そんな岡田俊哉投手の嫁、西川遥輝と不仲説?WBC2017の選出についてもまとめていきます~!

ぜひ、ご覧ください~★

岡田俊哉がイケメンと評判!嫁の画像は?子供いる?

岡田選手は既に結婚してさんがいます。

嫁となる方は高校時代に付き合っていた保育士さんで、20歳の時に結婚したんですね!

一般人ということで画像はありませんが、でも若くして真面目ですよね。

派手に遊んだりするイメージのあるプロ野球選手もいますが、これは好感度があがるともいえましょう。

そして、岡田投手がブレイクした入団3年目にて結婚したわけですから、岡田投手がブレイクしたのも、奥様の支えがあってのものかもしれませんね。

現在でも保育士の仕事をされているのかはわかりませんが、きっと素敵な奥様なのでしょう!

岡田投手といえばかなりのイケメン!
岡田俊哉・イケメン

中日といえば地味なイメージもありますが、浅尾選手に続くイケメンピッチャーの誕生です!

イケメンなのにもう結婚して子供もいては、女性ファンはがっかりかもしれませんね・・。

そして、岡田投手には14歳も年の離れた妹もいるんですよね。

岡田投手はこの妹さんが本当に可愛いみたいです。

妹さんはまだ小学生ですから、兄がこんなかっこいいプロ野球選手って自慢のお兄さんですね!

岡田俊哉は西川遥輝とは不仲?

智弁和歌山時代には、昨季ブレークした日本ハムファイターズの西川遥輝選手の一学年先輩にあたります。

西川遥輝の年俸(2017)が1億!髪形や私服に愛車もチェック!

ファイターズの西川選手もイケメンですが、この2人どうやら不仲なのではないかという噂もあります。

これはよくわる噂の一種で、同じ高校ということで「不仲」なの?

と気になって調べてる人が多いように思えますが、どうなんでしょうかね?

特に不仲という事実はないと思われますね。

智弁和歌山時代

岡田俊哉・西川遥輝

智弁和歌山校歴代No1投手とまで呼ばれるほどの岡田投手と、昨年ブレイクした西川選手。

岡田投手はそのマウンドでの強気なピッチングスタイルをみると、とてもプライドが高いのかもしれませんね。

そして、後輩にあたる西川選手も、見た目からのイメージですがどうにもチャラそうな今風な若者のような雰囲気です。

西川選手も智弁和歌山時代、一年目からショートのレギュラーになった程の選手ですから、先輩後輩というよりも、ライバルに近い関係なのかもしれませんね。

智弁和歌山高校は他の甲子園常連校とは違い、一学年に10人しか入部しないといいます。

これは少数精鋭で選手を育てるという方針だそうなのですが、超名門高校である智弁和歌山高校出身のプロ野球選手で、大成したと言える程の選手はいません。

まだ、2人とも若く、成長過程ですから共に成長して、このジンクスを破りスター選手になって欲しいですね

岡田俊哉がWBC2017に選手に「何で」の声?

岡田選手は2017年のWBC日本代表に選出されましたが、この岡田選手の選出に
「何で?」
という疑問の声が上がっています。

確かに実績や知名度という面では、物足りないのかもしれません

しかし、これからの日本を背負っていくメンバーという期待も込めて若い岡田投手を小久保監督は選んだのではないでしょうか?

WBC2017・侍ジャパンベストメンバーとスタメンオーダー予想!

そして、毎年安定した成績を残している岡田投手は決して他の選手に劣っているとは思いません。

日本代表での左の中継ぎ投手というと、日本ハム・宮西投手、楽天・松井投手、そして、中日の岡田投手の3選手です

小久保監督のインタビューを聞いていると、日本ハム宮西投手は左のワンポイントとして起用されるでしょう。

そして、松井投手は基本的には抑え起用の方針でいくようですね

岡田投手は、ドラゴンズと同じ中継ぎでの起用となっていくと思うのですが、WBCは玉数制限のルールがあります。

もし先発投手に打ち込まれたり、玉数が多くなってしまうような展開になってしまった場合、岡田投手には早目の回での起用もあるかもしれません。

ワンポイントというよりは、回の頭から登板し、一回、二回のイニングを無失点で次のイニングに渡してくれるような使い方をすると思います。

また、2016年は日本の四番、ベイスターズの筒香選手キラー(対戦打率.188)としても活躍したことから、左バッターに強い岡田投手は、宮西投手と同じく左のワンポイントでもつかえると思います。

安定していて使い勝手のいい岡田投手は、小久保監督も使いやすいのではないでしょうか?

期待しましょう!

関連記事

中日ドラゴンズ・まとめ
プロ野球・まとめ

管理人のまとめ

ということで、中日ドラゴンズの絶対的な中継ぎとして活躍している岡田俊哉投手についていろいろと取り上げてみました。

まだその知名度は全国区とはいえませんが、WBC2017日本代表に選ばれるくらいなので、ブレイクも時間の問題かもしれませんね。

1億円超えプレーヤーが並ぶWBC日本代表において、岡田投手の年俸は4000万円は全選手の中で一番安い年俸です。

岡田選手にとって今回のWBCはこの上ないチャンスなのではないでしょうか?

WBCで活躍して全国に名前を知ってもらいたいと思っていることでしょう。

そして2017年はドラゴンズの優勝、そして最優秀中継ぎのタイトルも期待したいですね

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. ボートレーサーイケメンランキング
  2. 宮西尚生・日本ハム
  3. 藤森由香
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new