平松竜也(盛岡大付)のドラフト進路や評価は?出身中学や彼女も調査

スポンサーリンク

平松竜也・ドラフト
高校野球2017!

今回は、盛岡大付の平松竜也投手をピックアップ!

平松投手は、秋のドラフト候補にも名前が上がっている、プロスカウト注目の本格派右腕です。

スポンサーリンク

春の選抜センバツ2017に出場が決まってこれから知名度も上がっていくことでしょう~!

近年の岩手県の高校野球は、花巻東と盛岡大付の二強時代が続いていますね。

今年は盛岡大付に優秀な選手が集まり、他を圧倒している模様です。

その盛岡大付をけん引しているのが、いずれも140キロ超の直球を投げる3投手。平松投手、左腕の三浦瑞樹投手、臼井春貴投手です。

というわけでこの記事では、そんな今回は盛岡大付の平松竜也投手のドラフト進路をはじめ、彼の評価、出身中学や彼女の情報もチェックしてみました。

最後までお楽しみ下さーい。

平松竜也(盛岡大付)のプロフィール!出身中学は?

平松竜也・評価
生年月日:1999年12月21日
出身: 神奈川県横浜市
身長:183センチ
体重:83キロ
投打:右投右打
ポジション:投手

平松竜也は横浜市立上瀬谷小学校時代に軟式野球を始めました。

出身中学の横浜市立瀬谷中学時代は、硬式野球の横浜瀬谷ボーイズでプレーしました。

横浜瀬谷ボーイズといえば、高校の先輩でもある2014年のソフトバンクドラフト1位の松本裕樹投手をはじめ、何人もプロ選手を輩出している名門チーム。

どうやら横浜瀬谷ボーイズ-盛岡大付-プロという進路は、野球エリートのゴールデンルートと言えそうですね。

当時の平松投手は、主に外野手としての出場が多かったようですが、控え投手としてマウンドにも上がっていました。

チームには今もチームメイトの三浦投手、臼井投手もいたので、競争が激しかったんですね。
平松竜也・中学

で、その横浜瀬谷ボーイズのチームメイト3投手は、そのまま一緒に盛岡大付に進んだというわけなんです。

盛岡大附属進学後は?

盛岡大付で、平松投手と同期の県外出身者は12

いましたが、このうち6名が神奈川県出身。

しかも6名全員が横浜瀬谷ボーイズというのですから、横浜のチームがごっそり盛岡に移動したって感じですね。かなり強力なルートができあがっているようです。
では、盛岡大付進学後の平松投手を振り返ってみます。

平松投手は2年秋からベンチ入りしました。

チームメイトの三浦投手は1年秋からのベンチ入りし、2年夏にはエースとして活躍していましたから、出遅れた平松投手としてはかなり焦ったでしょうね。
しかし2年秋、その三浦投手からエースの座を奪ったのが平松投手なんです。

盛岡県大会では5試合で18回2/3を投げ、16奪三振、2失点の成績を残します。

ライバルの花巻東と対戦した準決勝には初先発。9回途中まで投げて2失点(8回まで無失点)と好投し、これが大きく評価されたんじゃないでしょうか。

続く東北大会から背番号「1」を背負うことになります。

その東北大会は4試合で19回2/3を投げ、18奪三振、6失点でした。

三浦投手との継投がピタリとハマり、決勝まで順調にコマを進めた盛岡大付。

同レベルの好投手が2人いる2枚看板というのは、本当に強いですね。

いずれにしても平松投手の安定感は、エースと呼ぶにふさわしい成績ですよね。

結果としてセンバツ切符も引き寄せたわけですから、いまや評価もうなぎのぼり。チームの大黒柱と言っていいでしょう。

高校野球2017注目の投手はこちらの記事から一覧でご覧頂けます~!
高校野球2017の注目選手一覧【投手編】ドラフト候補のまとめ 

平松竜也(盛岡大付)のドラフト進路と評価は?

平松竜也投手は、プロのスカウトも注目する投手に急成長しています。

その評価はどんな感じなのでしょうか。

平松投手は183センチ・83キロの堂々の体格。プロに入っても見劣りのしない体といえそうです。

そのがっしりした体から、スリークォーター気味のフォームで繰り出す最速144キロのストレートと、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップが武器。
プロに進めば、右の本格派として大きく成長していくのではないでしょうか。

気になるドラフト進路ですが、すでにマークされている球団もあるかと思いますが、夏の大会までには情報が出ているかなとは思います。

高卒としてプロを視野に入れていると思われますが、多くの球団は大学の即戦力ルーキーを欲しがります。

なので、ドラフト上位指名では難しいかもしれませんが夏の大会までいいアピールをできればドラフト1位だってあるかもしれませんよ?

冬場のトレーニングで体重も増やしており、ますますパワーアップしている模様。球速も上がっていると思われます。

甲子園のマウンドで最速144キロ更新も期待できそうですね。

地元DeNA、楽天あたりでじっくりと指導を受ければ、将来はいい投手になりそうな予感がしますね。

平松竜也(盛岡大付)の彼女は?

今のところ非常に評価の高い平松竜也投手ですが、彼女はいるのでしょうか。

いろいろと調べてみましたが、残念というか、案の定、何も情報は出てきませんでした。

野球をやるために、甲子園に出るために盛岡まで行ったわけですからね。

女の子とちゃらちゃらしているわけにはいきませんよね。

今はセンバツ準備で忙しいだろうし、それが終わってもすぐに夏に向けての練習が待っています。
彼女をつくるのは、もう少しおあずけでしょうね。

関連記事

高校野球・まとめ

管理人のまとめ

というわけで、盛岡大付の平松竜也投手を紹介しました。

センバツでも三浦投手との2枚看板、あるいは臼井投手も加わったトロイカ体制になるのかもしれませんが、いずれにせよ大事な場面での登板になると思います。
それに背番号「1」を誰がつけるのかもまだわかりませんが、それでも好投手揃いの盛岡大付は上位候補の一角に座るのではないでしょうか。

個人的には平松投手対早実・清宮幸太郎選手、あるいは履正社・安田尚憲選手の対戦が見てみたいですね。

全国の晴れ舞台で好投を見せれば、またしてもプロスカウトの評価も上がります。

いずれにせよケガをせず、のびのびと、気持ちよく投げてほしいですね。

期待しましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. 畠山愛理
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA