根尾昂(大阪桐蔭)の現在やドラフト進路は?親が医者で兄や彼女も!


今回は大阪桐蔭の根尾昂選手をピックアップします。

高校野球2017で注目選手のなかの1人です。

なんと、スーパー1年生です。

早くもドラフト候補として、高校卒業時にはドラフト上位候補として競合していきそうですね。

早実の清宮選手も1年の頃から注目されていますが、根尾選手も今後どういう選手になっていくのか楽しみです。

大阪桐蔭出身の選手はプロでも飛躍率が非常に高いので、根尾選手の将来もイメージが沸きますね。

というわけでこの記事では、大阪桐蔭・根尾選手の現在の様子、ドラフト進路、そして親が医者だという情報や兄や彼女についてもまとめていきます~!

ぜひ、ご覧ください~★

根尾昂(大阪桐蔭)のプロフィール!現在は?スキーの経歴も凄い!


生年月日:2000年4月19日
出身:岐阜県飛騨市
身長:177センチ
体重:74キロ
投打:右投左打
ポジション:投手・遊撃手・外野手

根尾選手は飛騨市立河合小学校2年生のときに古川西クラブで野球を始めました。

小学生時代は、ソフトボール投げで歴代1位となる88メートル92センチをマーク。

ちなみに、マー君こと田中将大投手が小6のときに67メートル、ダルビッシュ有投手が74メートルだったといいますから、そのすごさがわかりますね。

さらに、陸上100メートルでは全国5位に輝いたこともあるそうです。

飛騨市立古川中学校に進学後は、硬式野球の飛騨高山ボーイズに所属しました。

中学3年の夏には、あの野茂英雄さんが代表理事を務めるNOMOジャパンで、アメリカ遠征も経験しています。

ここはもう一流の中学生の登竜門ですね。

それに、中学生にして、すでに最速146キロあったそうです。

同時に中学校時代は、全国中学スキー大会のアルペン回転で優勝もしているとか。

万能スポーツ選手だったんですね。

しかもしかも、スポーツだけでなく勉強のほうも超一流。

成績は常にオール5で、生徒会長も務めていたというから、もうマンガみたいです。まさに文武両道を絵に描いたような野球選手なんですね。

で、中学卒業後は、大阪屈指の野球の名門、大阪桐蔭の門を叩きます。

1年夏から背番号「18」でベンチに入りましたが、本格デビューは秋の新チームになってから。

秋の大阪大会4回戦の大阪偕星戦に代打で出場すると、初打席で左中間ソロホームラン!これが公式戦初ヒットとなりました。

続く準々決勝の北野戦では公式戦マウンドデビューを果たします。
ストレートは144キロに達し、相手打線を2安打完封(7回コールド)。投球内容は9奪三振3四球だったそうです。

もう、どうやったらこんなスーパー1年生が生まれるのかと、ため息が出るくらいですね。
現在、身長174センチ・体重74キロといいますが、これはまだまだ大きくなるでしょう。

しなやかなフォームからスナップの効いたキレの良いボールの最速は148キロ、これにブレーキの効いたスライダー、チェンジアップを織り交ぜます。

打撃にも才能を見せ、左打席で広角に長打を放つ力がすでに備わっているわけです。

投手でも野手でも評判ですが、

そのバッティングがこちらの動画がこちら♪

まだ1年生とあなどるなかれ。そのポテンシャルは計り知れないものがあるんでしょうね。

採取的に投手でいくのか、野手でいくのか、それとも二刀流でいくのか注目したいポイントとなりますね。

スキーや陸上の成績が物語るように、身体能力は抜群で50メートル6秒0。

体のバネのよさ、強肩と、どれをとっても一級品です。このまま順調に伸び続ければ、日本ハムの大谷翔平選手を凌ぐほどの二刀流選手が誕生するかもしれませんね。

春の選抜から夏、そして3年生の卒業時のドラフトからしっかりチェックしておきましょう。

根尾昂(大阪桐蔭)の親は医者!兄も野球人?彼女もチェック

根尾選手は文武両道に優れていると書きましたが、それもそのはず、両親は診療所を営むお医者さんだそうです。勉強ができるのも血筋なのでしょう。

両親のしつけがきちんとしていたんでしょうね。野球にも勉強にも手を抜かない、立派な高校生に育ったということがよくわかります。

そして、根尾選手にはお兄さんがいます。

根尾学選手といい、岐阜県立斐太高校の野球部でエースだったそうです。

2015年、3年夏の岐阜県大会の準決勝で、ソフトバンクドラフト1位に指名された高橋純平投手を擁する県岐阜商を破ったというのですから、なかなかたいしたもの。

しかも学選手、高校に入学して10カ月はバスケット部だったといいますから、実質1年半で野球部のエースになったというわけです。

兄弟そろって、凄い身体能力の持ち主なんでしょう。

もしかしたら、ご両親もすごいアスリートだったかもしれませんね。

そして根尾昴選手に彼女はいるのでしょうか。

調べてみましたが、残念ながら彼女に繋がる情報はわかりませんでした。

こんなスーパー1年生に彼女までいたら、世の中不公平すぎますよね。
いまは野球で頑張ってほしいものです。

根尾昂(大阪桐蔭)ドラフト進路は?

根尾昴選手は、今年の4月になってようやく高校2年生ですから、今年のドラフトにかかることはありません。
でも、これだけの逸材です。
プロのスカウトが注目しないわけがありません。

上記で書いているように日本ハムの大谷選手の影響というわけではないんでしょうけど、投手と野手ともに優れた選手はこれから二刀流に挑戦することが増えてくるかもしれませんね。

評判を見る限り、根尾投手もそれくらいの器になるといっても過言じゃなさそうです。

現在いろんな調査が進んでいることだと思いますが、おそらくほぼ全球団興味を示すのは間違いないと思います。

ドラフトが近づくと全球団ドラフト1位で競合?って見出しが出て最低でも5球団以上は競合しそうな気はしますね。

同級生の早実・野村大樹選手と共に、根尾選手もこの世代の主役でとなっていくことでしょう~
野村大樹(早実)の宝塚出身で小学校と中学は?スイングスピードが凄い! 

根尾選手は小学生のときからチェックされていたとのことなので、2018年秋のドラフト進路がどうなるか、本当に楽しみです。

でも、ご両親はお医者さんということなので、大学の医学部に行くという選択はないのかなという感じはしますね。

これから超高校級として注目されていくかと思いますが、ともかく、このままケガをせず順調に成長していずれプロ野球を代表する投手、野手、二刀選手?になってほしいなと思います。

関連記事

高校野球・まとめ

管理人のまとめ

というわけで、今回は大阪桐蔭の根尾昴選手を紹介しました。

運動神経バツグンで野球もスキーも陸上もでき、勉強のほうも優秀だなんて、本当にうらやましいですね。

しかも、イケメンなので、人気も相当出てくることでしょう~!
天は二物どころか、三物も四物も根尾選手に与えちゃってる感じなので、今後が楽しみですね。

高校3年生まで見る機会は沢山あるので、春夏の甲子園、そして秋季大会などもありますから、大会の度に注目されていくことでしょう。

これまで何人も超高校級と呼ばれた選手はありますが、根尾選手の視野はすでにプロに向かっていることだと思います。

それにしても大阪桐蔭は次々にニューヒーローが誕生していきますが、どんな練習をしているんでしょうね。

根尾昴選手の今後を楽しみにしています!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

関連記事

  1. 越雲みなみ
  2. 新井雄大
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです