徳山壮磨(大阪桐蔭)のドラフト進路と評価は?出身中学や彼女も調査

 


高校野球2017の注目選手を紹介!

今回は大阪桐蔭の徳山壮磨投手をピックアップしていきます~!

日本中の野球エリートが集まる大阪桐蔭で、堂々のエースナンバーを背負っている右腕。
身長が高く、腕を柔らかく使った投球フォームが魅力です。

この春のセンバツ、そして夏でも注目が集まるところでしょう。

先輩には阪神の藤浪晋太郎投手という12球団を代表した投手がいるだけに徳山投手も藤浪投手の背中を常に見ていることだと思います。

ドラフトが楽しみですね!

というわけで、徳山投手のドラフト進路、評価、出身中学、彼女についても調査してみました。

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

徳山壮磨(大阪桐蔭)のプロフィールや経歴!出身中学は?


生年月日:1999年生まれ
出身:兵庫県姫路市
身長:181センチ
体重:73キロ
投打:右投右打
ポジション:投手

徳山投手が野球を始めたのは、姫路市立高岡小学校のときにソフトボールを始めたことがきっかけです。

そして、出身中学は「姫路市立高丘中学校」で硬式野球の兵庫夢前クラブに所属。ここで初めて硬式野球に出会ったことになります。

しかし、中学校時代の徳山投手は大きな活躍もなく、ほぼ無名の存在でした。

それでも卒業後は名門、大阪桐蔭に進学し、野球部に所属します。

PL学園野球部が衰退・休部となってしまった現在、大阪の高校野球をリードするのはこの大阪桐蔭と履正社が2大巨塔。

中学校時代に無名だった投手としては、野球部に入るだけでも相当な勇気が必要だったのではないかと想像します。

ところが、その大阪桐蔭で徳山投手は1年秋からベンチ入りを果たすのですから、たいしたものです。

周りは全国から集まった野球エリートばかり。中学校時代に無名の徳山投手が、人並み以上に努力した結果だったんでしょうね。

1年秋の神宮大会では、2試合で2イニング、リリーフとしてマウンドに立ちました。このときは最速138キロをマークしています。

2年春のセンバツにも出場。リリーフとして初めて甲子園のマウンドに立ち、1回を無失点で切り抜けました。

大阪の春季大会には、1年先輩の日本ハムに入団した高山優希投手の故障を受けて背番号「1」で登場。

全部で31.2イニングを投げて、30安打9失点という成績
高山投手が復帰した夏の大阪大会は、3回戦で早々に敗退。徳山投手に登板の機会はありませんでした。

2年秋には、新チームで近畿大会3位にまで躍進。48.1イニング投げ、19失点という結果。

この頃には球速も145キロまで上がり、かなり力強い投球ができるようになっていたようです。
いよいよ春のセンバツですが、徳山投手の球速は何キロまで上がっているでしょうか。注目してみてください。

徳山壮磨(大阪桐蔭)のドラフト進路が気になる

徳山壮磨投手は181センチ・73キロと高身長でまだ細身なので、体はプロにいってから改善していくことだと思います。

腕を柔らかく使い、体に巻き付くような投球フォームからキレのいいストレートを投げます。

最速145キロといわれていますが、本人の目標は「春までに150キロ」だそうなので、現在はもっとアップしているかもしれません。

大阪桐蔭といえばどうしても阪神の藤浪晋太郎投手と比べられちゃいますよね、

135キロくらいのストレートは常に投げることができ、これに120キロ台の縦のスライダーを織り交ぜます。

大きめのテークバックで球持ちがよく、ボールの出どころが見にくいので、打者もなかなか打ちにくそうですよ。

ちなみに2016高校野球秋季大会の徳山の映像はこちら~!

ボールの回転のよさ、ストレートの伸び、そして腕の振りの柔らかさなど、プロのスカウトが注目する点はたくさんあります。

長身で細身といえば、さきほど述べた大阪桐蔭の先輩、阪神の藤浪晋太郎投手を思い浮かべますが、徳山投手も偉大な先輩を追い越すつもりで頑張ってほしいものですね。
センバツはもちろん、夏の大会もドラフトへの正念場となるでしょう。

最高の結果を残し、高卒からのプロ入団に期待したいですね。

ちなみに今秋のドラフトは、早実の清宮幸太郎選手、横浜の増田珠選手、履正社の安田尚憲選手など、野手の強力スラッガーにばかり注目が集まっていますが、この徳山投手をはじめ、投手にもいい素材はそろっていますよ。

高校野球2017の注目選手一覧【投手編】 

しっかりチェックしてドラフト進路の動向をチェックしておきます。

徳山壮磨(大阪桐蔭)は彼女いる?

徳山壮磨投手は、学校でも花形の「野球部エース」ですから、さぞやモテると思います。

ということで、彼女がいるのかどうか調べてみました。
しかーし、残念ながら彼女情報は皆無。

もしかしたらいるのかもしれませんが、そこはナイショということなのかもしれません。

まあ、いまは野球一筋でしょうから、付き合っている人がいたとしても会う時間をつくるのもなかなか大変でしょうね。
そんなことで彼女にへそを曲げられるくらいなら、今は彼女をつくらず野球に没頭といったところでしょうか。

プロにいけば出会いはいくらでもあるので、視野は既にプロに傾いているはずなのでドラフト進路が楽しみです。

いずれにせよ、現在付き合っている彼女がいるかどうかは不明ということでした~。

スポンサーリンク

管理人のまとめ

そんなわけで、徳山壮磨投手についてお届けしました。

エリートぞろいの大阪桐蔭のなかでも、徳山投手の代は特に優れた選手ばかりが集まった“黄金世代”と言われているらしいです。
歴代OBに比べても、優秀な選手ばかりが顔をそろえているんですね。

今年のセンバツ、そして夏の甲子園と、大阪桐蔭がどのような戦い方をするのか、本当に楽しみになってきます。
もちろん、その中心にいるのが徳山投手。

春夏と活躍し、秋のドラフトではさまざまなマスコミに大きく報じられる存在になってプロ1年目から飛躍してほしいですね。

大阪桐蔭からプロいった選手の成功率が高いので、徳山投手もその一人担ってもらいましょう~!

徳山投手の世代は比較的野手に注目が集まっているだけにチャンスですから。

そのためにも、じっくりと成長して行ってほしいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 女子バレーボールかわいいランキング
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです