WBC2017大谷出場辞退で代わりの投手を予想!代役候補のまとめ

スポンサーリンク

WBC2017大谷辞退・代わり
2017年3月に開幕するWBC2017に侍ジャパンの中心選手である大谷翔平選手が辞退することが決まり、メンバー28名から外れてしまいましたね。

投手辞退だけじゃなくて打者としても出場が不可能ということで、日本シリーズで痛めた足首が思った以上によくなかったようです。

海外組の招集が青木選手以外が不可能となったことも痛手となりますが、大谷選手の辞退ほど痛いものはありませんね。

スポンサーリンク

正直、相当な戦力ダウンといっても過言じゃないのかなと思います。

そこで注目されるのが

代役の投手は誰?

ということになりますが、小久保監督は大谷投手と同じく代わりは先発投手として考えていることを明かされているわけです。

というわけでこの記事では、WBC2017に大谷選手が辞退されたことで、代わりとなる投手候補をまとめて予想してみました~!

武田翔太・ソフトバンク

武田翔太・WBC2017
大谷選手がWBC2017を辞退したことで、最有力なのがソフトバンクの武田投手です。

武田投手は前回のプレミア12でも先発投手として出場されていますし、今回の28名に選ばれなかったのが不思議なくらいです。

国際試合では大きな武器をもった投手が有利と言われるわけですが、武田の投手には特徴あるカーブがあります。

このカーブでカウントも取れれば三振も取れるので相手打者としてもかなり苦戦するんじゃないかなという思いますはありますね~

同球団の工藤監督もWBCへの派遣についても全面協力を明かしてくれてますので、小久保監督の一声次第かなというところですね。

そんな武田投手のコメントはこちになります。

自分のできることをやっていきます。(ボールは)状況に応じてやっていきたい

すでに準備されているということで、WBC2017の舞台でも武田選手のカーブが見れる可能性は非常に高いと言えるのではないでしょうか?

野村祐輔・広島カープ

田口麗斗・WBC2017
武田投手と共に大谷選手の代役候補に挙がっているのが2016シーズンブレイクを果たした広島カープの野村祐輔投手。

野村投手は「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」と「メキシコ代表との強化試合」に侍ジャパンに選出されているだけあって今回のWBC2017も意識していたはずでしょう。

何と言っても2016年は16勝3敗に防御率2.71という驚異的な成績をおさめているわけですから、本来なら大谷選手の代わりという前に28名のメンバーに選ばれても全く違和感はないはずですから。

ただ、前回のメキシコ戦では3本塁打を打たれていることが嫌な残像で残っていなければいいですね。

とはいえ、対応力レベルの高さにも定評があるので、WBC2017の先発候補として見てみたいファンも数多くいることでしょう。

小久保監督がどう判断するかですね。

田口麗斗・巨人

WS001961
去年の強化試合から期待されながら28名に選ばれなかったのが巨人の田口麗斗投手。

野村投手と同様にメキシコ代表との強化試合では、暴投や打ち込まれたりしていたので、印象的にはあまりよくないのが記憶にあるのかなといったところです。

前回のWBC使用球には対応出来てなかった感じなので、急遽選ばれたと考えたときの準備不足が気がかりではあります。

ただ、メキシコ戦以来修正するための練習はされているようなので、前回よりはかなり良くなっていると考えてもいいのかなと。

WBCに選ばれることを目標にしているので、今回チャンスが回ってきたら準備不足なんて言ってられないでしょう~

WBC2017に選ばれたら最年少となるわけなので、第2回目の田中将大投手のように若いうち大舞台を経験できるのは貴重ですね。

田口麗斗(巨人)が結婚!嫁・芽衣が美人!黒い噂や2017の年俸も 

菊池雄星・西武

菊池雄星・WBC2017
あと大谷選手の代わりになるといえば、西武の菊池投手。

コントロールを乱すリスクがあったりしますが、左腕として最速157キロの豪腕はやっぱり武器になるのかなと。

ストレートは大谷選手同様に凄いですから。

2016年の成績も自己最多となる、12勝7敗に防御率2.58は立派ですね。

菊池投手はメジャー志向が非常に高いのでWBCという舞台はぜひとも経験しておきたい大会となります。

もし大谷選手の代わりとしてWBC2017のメンバーに選ばれたとしたら、メジャー球団に大きくアピールするチャンスとなりますね。

ただ、代役の本命と言われる武田投手と野村投手に比べると可能性的には低いのかなという印象はありますが、小久保監督はどう見えているんでしょうか。

菊池雄星はメジャー無理?WBC落選で評価や年俸は?大谷翔平と比較 

追記:大谷翔平の代役にソフトバンク武田が決定

大谷選手のWBC2017辞退での代役に注目が集まっていましたが、評判通りソフトバンクの武田投手に決まったようですね。

もともと28名のメンバーに選ばれてもおかしくない投手だっただけに賛否も分かれないかなという感じですね。

あのカーブがまた国際試合で見られるのは楽しみですし、きっと安定した投球を見せてくれることだと思います。

そんな武田投手のコメントはこちら♪

素直にうれしい。大谷投手の状態を聞いて代表の準備をしないといけないと考えていた。WBCに出るのは初めてで未知数な部分もあるがチームの勝利に貢献できるピッチングをしたい

同チームから千賀滉大投手も選ばれているのでソフトバンクの層の厚さを感じますね。

WBCは初めてであっても、強化試合の投球内容やあのメンタルであれば問題なさそうなので期待したいですね。

関連記事

WBC2017・侍ジャパンベストメンバーとスタメンオーダー予想! 
WBC2017・侍ジャパンメンバーにイチローやメジャー組は招集? 
プロ野球のまとめ

管理人のまとめ

ということで、WBC2017に大谷翔平選手が出場を辞退されたことで、代わりに誰が選ばれるのか?ということで予想候補投手をまとめてみました。

いろんな見方があると思いますが、昨年の強化試合から選ばれることになるのかなという感じはします。

今回紹介した4投手は全員昨シーズン素晴らしい成績を残されていますが、そのなかでも本命はやっぱり武田投手の可能性は高いのかなと。

常に小久保ジャパンの常連でもありましたし、本来正規メンバーに選べれるべき投手なだけに期待したいですね!

とはいえ、誰が選ばれても球団を代表する投手なわけですから、複数の投手で大谷選手の穴をカバーしてほしいですね。

侍ジャパンの試合はチーム一丸となっているのがよくわかりますので、普段のペナントレースでは見れない選手の表情が特徴的なので楽しみです。

大谷の代役は誰なのか?

そして本戦のWBC2017の3度目の世界一に期待したいですね!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA