楽天2017スタメンオーダー予想!新外国人や開幕先発ローテも!

スポンサーリンク


プロ野球2017開幕!

ということで、今回は東北楽天ゴールデンイーグルス2017のスタメンオーダー予想を中心に色々と迫っていきます~!

2016年は梨田監督新体制のもとでチーム再建を期待されてましたが、結果的には5位。

スポンサーリンク

チーム打率もさほど高くありませんが、チーム防御率4.11でリーグ5位というのが順位に比例してもおかしくはありません。

2013年のリーグ優勝・日本一の頃と戦力とはまだまだ程遠いといったとこでしょうか。

田中将大投手がメジャーにいってから投手陣の勢いがないなかで則本投手だけは昨シーズンも元気でWBC2017でも先発として期待されているのは楽天にとって心強いですね。

とはいえ、バランスを考えても優勝争いに加わるにはまだ時間がかかりそうなので、若手の育成に中心に少しでも常勝チームに成長していってほしいところでしょう。

というわけでこの記事では、プロ野球2017・東北楽天ゴールデンイーグルスの開幕スタメン予想・新外国人・開幕投手・先発ローテーション予想についてもまとめていきます~!

ぜひ、ご覧ください~★

楽天2017スタメンオーダー予想!

まず、2016年の楽天の開幕スタメンオーダーはこちら~!

1番(右)岡島

2番(一)銀次

3番(中)松井稼頭央

4番(左)ウィーラー

5番(三)今江

6番(遊)茂木

7番(DH)ゴームズ

8番(二)藤田

9番(捕)嶋

主力組でいうと今江選手が加入して打線に圧力が出ましたが、まさかの不振や怪我で89試合出場で終わったことが想定外だったのかなと。

それは松井稼頭央選手に対しても同じでこの2人の戦力ダウンは大きく響きましたね。

サプライズでいうと、交流戦が終わってからの島内選手の台頭にルーキーの茂木選手に関しては新人王候補でも話題になりましたので、今後の楽天の野手については明るいニュースになったのはではいかなと思います。

茂木栄五郎(楽天)の彼女は?新人王はどう?兄弟や家族を調査! 

もう一人のルーキー・オコエ選手も51試合に出場して守備と走塁では十分1軍レベルとして評価されていましたので、あとは打撃面の向上が課題ですね。

このようにスタメンを固定出来る状態でもなかったので、梨田監督はレギュラー白紙の状態でキャンプを迎えていますのでギリギリまだスタメンオーダーには頭を悩ませそうな感じはします。

そして、2017シーズンの楽天のスタメンオーダーはこんな感じの予想となりました。

1番(中)島内

2番(遊)茂木

3番(左)ペゲーロ

4番(三)ウィーラー

5番(DH)アマダー

6番(一)銀次

7番(右)岡島

8番(二)藤田

9番(捕)嶋

現在、楽天の日本人で長打を打てる選手は島内選手となりますが、昨年の働きを見たら出塁率や足のことを考えたら先頭打者が理想的かなと。

クリーンアップに茂木選手はありかなと思いますが、やっぱり打線の厚みを考えたときに茂木選手のように長打もあって率もそこそこ期待できる選手が2番打者なら相手バッテリーからすれば脅威なんじゃないかなと思います。

「打てる2番打者」でいうと現状適任は茂木選手1番打者については島内選手が妥当かなと。

当初、陽岱鋼選手の獲得に動き出していたことで、コンバートも視野に入っていたことでしょうけど残念ながら獲得ならずだったので、大きなコンバートはなさそうですね。

昨シーズン外国人野手でまともに活躍したのはウィーラー選手のみですが、怪我さえなければアマダー選手ペゲーロ選手はやってくれそうな気配があるだけにこの外国人トリオが機能したら去年とは比べものにならない厚みとなるでしょう。

そう外国人枠の問題で3人に同時にスタメンはずっと続くわけではないと思いますが、今井選手がスタメンじゃあい場合はこのクリーンアップをぜひとも見てみたい気はします。

12球団で一番盗塁数が少なかったので、走力のある選手をもっと起用するという視点もありかなとは思いますが、野手全体を見ると打線の厚みを優先させた方が今はいいのかなと。

あと、正捕手は嶋選手なんでしょうけど 細川亨選手が入って足立選手含めて捕手の底上げにもなってくればまたチームが活気づくかなという感じはします。

とはいえ、2017年のキャンプはスタメンはほぼ白紙でスタートしているので、実際にシーズンが始まって選手の状態を見ながら入れ替えにはなってきそうですね。

楽天のスタメン固定はまだ時間がかかるかなという印象はあります。

楽天初となる生え抜き選手のシーズン2ケタ本塁打は2017年で誰か達成してほしいとこですね、それが島内選手になるのか、茂木選手になるのか、期待したいです!

楽天2017の新外国人

楽天は残留組の外国人選手が多いので2017年の新外国人はフランク・ハーマン投手のみ獲得されています。

プロ野球2017新外国人選手のまとめ一覧【セ・リーグ編】 
プロ野球2017新外国人選手のまとめ一覧【パ・リーグ編】 

フランク・ハーマン


リリーフとして期待されてハーマン投手。

ハーマン投手は193センチ、100キロの大型右腕で2010年にメジャーでデビューするとリリーフとして通算109試合に5勝3敗1S/防御率4・72という実績があります

最速157キロに特徴あるカーブがあるとうことで、これが実戦でどれだけ通用するかが見ものですね。

しかも、ハーバード大学出身ということで、この高学歴が日本の頭脳野球に適用されたら良いなと。

外国人は実戦が始まってからじゃないと何ともわからないので、フタを開けてみてからのお楽しみですね。

オープン戦では判断できないと思います。

家族も一緒に連れてきてるので、長年活躍できて楽天から愛される選手になってほしいですね。

楽天2017の開幕投手と先発ローテは?

楽天2017の開幕投手は本来なら則本投手となりますが、本人はWBC2017でも先発を務めるということもあって調整面を考えると開幕投手は

岸孝之投手になるんじゃないかと思います。

岸投手はここ2年間2桁勝利から遠ざかっていますが、FAで故郷の球団に移籍して相当気合いも入っていることでしょうから2014年以来の2桁勝利に期待したいですね。

そして、楽天2017の開幕先発ローテーションはこちらの6人と予想します~!

①岸孝之
②美馬学
③塩見貴洋
④則本昂大
⑤釜田佳直
⑥池田隆英

という感じで、岸投手、則本投手、塩見投手、美馬投手はまず当確で間違いないでしょう。

残り2枠については、安樂投手辛島投手も十分にありえますが、昨シーズン唯一先発陣で貯金を残したのは釜田投手だったのでそこは評価しないなと。

あとは、ドラフト2位ルーキーの池田隆英投手~!

ドラフト2位ルーキー・池田隆英は開幕ローテある?

ここにきて、2016年ドラフト2位で入団した池田隆英投手が注目されています。

「ドラフト緊急生特番2016!お母さんありがとう夢を追う親子の壮絶人生ドキュメント」
にも取り上げられていましたけど、見てる人も多かったのでは?

ドラフト1位は高卒の藤平尚真投手ですが、2軍キャンプスタートということで、早くてもシーズン途中からの登場になるのかなという感じですが、池田投手は大卒ということもあって即戦力です。

同じ年では、ソフトバンクの田中正義投手が注目を集めるなか池田投手も負けていません。

150キロの速球に自慢のフォークや多彩な変化球で常に安定した投球を見せてくれそうな気配がしますので思い切って先発ローテに入ってきてほしいですね。

楽天には“楽天ドラ2の法則”というものがあって、当時の則本投手が代表的ですが、美馬投手、釜田投手もドラフト2位入団なわけです。

池田投手は則本投手に強い憧れを抱いていますので、同じドラフト2位として1年目から飛躍すれば楽天のドラフト2位選手は今後も何かと注目されていきそうですね!

池田隆英投手のプロ1年目の開幕ローテ、そして飛躍に期待しています~!

関連記事

プロ野球2017・各球団のスタメンオーダー予想の関連記事
阪神2017スタメンオーダー予想!
巨人2017スタメンオーダー予想!
広島カープ2017スタメンオーダー予想!
横浜DeNAスタメンオーダー予想2017!
中日2017スタメンオーダー予想!
ヤクルト2017スタメンオーダー予想!
ソフトバンク2017スタメンオーダー予想!
ロッテ2017スタメンオーダー予想!
日本ハム2017スタメンオーダー予想! 
西武2017スタメンオーダー予想! 
オリックス2017スタメンオーダー予想!

楽天の関連記事
楽天・まとめ

管理人のまとめ

以上、2017年の東北楽天ゴールデンイーグルスのスタメンオーダー予想を中心に新外国人や開幕投手に先発ローテーション予想までまとめてみました。

2005年に球団創立されてから今シーズンで13年目を迎える楽天。

既にリーグ優勝。日本一を果たしていますが、まだ生え抜き選手だけを見ると投手はそこそこいい選手が育ってはいますが、まだまだ生え抜き野手についてはまだまだといったところではないでしょうか。

今季から岸投手がFA移籍して先発投手人の厚みは増していますし、野手についてはも勢いわる若手にベテラン組がかみ合えば昨シーズンとは全く別のチームが編成されていきそうなので楽しみですね。

ドラフト1位の藤平投手は2軍キャンプスタートではありますが、1年目から1軍マウンドには立ってほしいですね。

このように藤平投手以外にも楽しみな若手が準備しているので、近い将来大半が生え抜き選手のみのスタメンオーダーを期待したいです。

日本ハム、ソフトバンクと何かとパ・リーグには強い球団ばかりですが優勝争いできるシーズンとなればまた盛り上がっていくはずなので、2017年の楽天の戦い方に期待しています~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. 堀島行真
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです