戸田隆矢がイケメンと評判で彼女は?中学と高校も!一軍先発ある?

 

戸田隆矢
2011年ドラフト3位で広島カープに入団した戸田隆矢投手

連覇を狙う広島で、いまブレイク寸前と注目されているイケメン左腕です。

在籍5年で、すでに11勝もあげていますから、いまさら“ブレイク寸前”なんて失礼かもしれません。
でも、2015年に前田健太投手がドジャースに移籍し、2016年で黒田博樹投手が引退した広島は、明らかに先発不足。

それは逆に若手投手陣にとってはチャンスでもあるわけで、2017年、先発ローテの一角を担う活躍が期待されているのが戸田投手というわけなのです。

そこで今回は戸田投手をピックアップ。

というわけでこの記事では、そんな戸田隆矢投手のイケメンぶりや、彼女の存在、出身中学、高校時代の情報などをお届けします。

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

戸田隆矢(広島カープ)がブレイク?一軍先発ある?

戸田隆矢投手は、2011年ドラフト3位で鹿児島の樟南高校から入団。

ルーキーイヤーの2012年は、9月に1軍昇格してプロ入り初登板初先発を果たします。
が、残念ながら3回2失点で敗戦投手に。

2013年も主に2軍で過ごし、1軍で活躍するようになるのは2014年からです。

7月にDeNA戦に先発すると、プロ入り初勝利。シーズン後半は中継ぎとしての登板が増え、結局このシーズンは30試合に登板して3勝3敗6ホールド、防御率3.32という成績でした。

翌2015年もリリーフが多く、34試合3勝3敗5ホールド、防御率3.63。

2016年は、7月の阪神戦でプロ入り初の完封勝利をあげ、「さあここから!」と周囲も大いに期待しましたね。

が、その直後、寮で転倒して左手関節靭帯を負傷。あえなく2軍落ちし、シーズンを棒に振ってしまったのでした。

うーん、なんともツイていないですね。

プロ野球選手は「運も実力のうち」ともいいますから、日常生活の不注意で起こるケガなどは本当に気をつけてほしいところです。選手生命をも縮めることにつながりかねませんからね。

戸田投手自身、この経験がプラスになっているのかなと。

そんな戸田投手ですが、今オフは大瀬良大地投手、中田廉投手らとともに、2年連続となるドジャース前田投手との合同自主トレに参加。

そこで戸田投手は、投球フォーム「間」についてマエケンからアドバイスを受けたようですよ。

これまで、投げ急いで崩れることの多かった戸田投手。

「間」がとれるようになればフォームは安定し、安定したリズムで投げられるようになると、本人もコツをつかんだ様子でした。

そもそも広島は、現在、ジョンソン投手と野村祐輔投手以外は先発ローテが決まっていない状態です。

比較的コントロールがよく、四死球の少ない戸田投手なら、左投手といえども先発ローテの一角への抜擢も大アリと言えます。

今年こそ1軍に最後まで定着し、と同時に先発として一気にブレイクしてほしいものですね。

あと、期待される塹江敦哉投手、野間峻祥選手、西川龍馬投手もこちらの記事にも紹介しています。
プロ野球2017期待の若手一覧

戸田隆矢(広島カープ)の彼女は?イケメンでカープ女子から大人気

さて、そんな戸田隆矢投手ですが、ブレイクしそうなのは実力だけの問題じゃないんです。

ポイントはそのイケメンにもありますね。
戸田隆矢・イケメン

180センチの高身長ですらっとしたモデル体型、しかもウェイトトレーニングで筋肉もそうとうスゴイらしいのです。

顔はいわゆる正統派ハンサム系のイケメンですから、カープ女子たちが黙って見ているわけがありません。

そのうえ、抹茶味のアイスクリームが大好きなんて、ちょっと可愛いくておちゃめな雰囲気も持ち合わせていますから、こりゃもう人気が出ないわけがない。

1軍でしっかりと活躍すれば、マツダスタジアムを埋める真っ赤なカープ女子たちの熱い声援は、“神ってる”鈴木誠也選手どころの騒ぎじゃないでしょうね。

ところで、そんな戸田投手に彼女はいるんでしょうか。

これは残念ながら現在情報はつかめませんでした。

プロ入り6年目を迎える選手ですからね、もしかしたら特定の女性がいて、戸田投手がケガで苦しんでいたときもしっかりと支えてくれていたのかもしれません。

こんなにイケメンで爽やかで、しかもブレイク寸前。

素晴らしくきれいな彼女とのゴールインの報告も、そう遠くなさそうな予感がしますね。

スポンサーリンク

戸田隆矢(広島カープ)の出身中学と高校時代は?

戸田隆矢・中学
生年月日:1993年6月10日
出身:兵庫県神戸市
身長:181センチ
体重:72キロ
投打:左投左打
ポジション:投手

戸田隆矢投手の出身中学は「神戸市立神陵台中学校」では硬式野球の神戸須磨クラブに所属しています。

ポジションはもちろん投手です。

中学2年時には、ヤングリーグ全日本選手権で8強入り。この大会で戸田投手は、ノーヒットノーランを達成し、全国にその名をとどろかせました。

卒業後は鹿児島の樟南高校に進学。
戸田隆矢・高校

おそらく、いろんな学校からのスカウティングがあったとは思いますが、実家から数百キロ離れた樟南高校がいちばん甲子園への可能性が高く、彼にとっていちばん魅力的だったのでしょうね。

その樟南高校は、戸田投手1年の夏に甲子園を決めますが、本人はスタンドからの応援だったみたいです。

で、1年秋から頭角を現し、2年時にはエースに。

3年時には「九州ナンバー1左腕」との呼び声も高く、大勢のプロスカウトが注目する存在となりました。

しかし、3年夏の鹿児島大会準々決勝で神村学園にコールド負け。

結局彼は、甲子園のマウンドに立つことはできませんでした。

左のスリークォーターで、180センチから投げ下ろす最速149キロのストレートと、スライダー、カーブ、チェンジアップなどが武器。

2017年、そんな球の数で打者をすいすいと打ち取る戸田投手の姿が見てみたいですね。

関連記事

広島カープ・まとめ 

プロ野球・まとめ

管理人のまとめ

というわけで、広島の戸田投手の情報をお届けしました。

前述しましたが、広島はマエケン、黒田と、ここ2年で先発の2枚看板を失っています。
いまこそ戸田投手の大きなチャンスです。

今シーズンは、ドラフト1位で慶大出身の加藤拓也投手も入団するなど、ライバルはたくさんいるでしょうが、死にものぐるいでがんばって開幕ローテにくい込んでほしいものですね。

今年は、本人もそのあたりどん欲みたいですから、大いに期待しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです