西巻賢二(仙台育英)の出身中学や彼女は?ドラフト進路や評価も!

 

西巻賢二・仙台育英
今秋のドラフト候補として、仙台育英の西巻賢二選手が注目されています。

小柄ですが守備力の高い内野手で、打撃では広角に打てるリードオフマンとして活躍。
現在はチームのキャプテンも務めています。

名門校ということで、高校野球2017・春の選抜にも選ばれておりますが、ドラフト注目選手でもあり夏の甲子園が終わった後にも進路が注目ですね!

走攻守の3拍子がそろい、おまけに強いキャプテンシーも持っている選手ですから、プロのスカウトからもますます熱視線を浴びる存在になっていくんでしょうね。
今回はそんな西巻選手のドラフト進路、評価、そして出身中学や彼女の情報などをまとめていきます~!

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク.

西巻賢二(仙台育英)のプロフィールや経歴!出身中学は?

西巻賢二・中学
生年月日:1999年4月22日
出身:福島県会津若松市
身長:166センチ
体重:62キロ
投打:右投右打
ポジション:遊撃手・投手

西巻賢二遊撃手は、福島県会津若松市生まれ。

会津若松市立小金井小学校4年生のときに小名浜少年野球教室に所属し、軟式野球を始めました。

エース兼内野手として高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントに出場。
2試合連続で完封勝利を挙げるなど活躍しましたが、優勝はできませんでした。

小学6年時には、野球エリートが集まる楽天イーグルスジュニア2011にも選出されています。
西巻賢二・楽天

小学校の頃から、もう野球の申し子のような存在だったのですね。将来の大器を伺わせるに十分なキャリアといえそうです。

中学は仙台育英学園秀光中学校に進学。
軟式野球部に所属し、3年の夏にはキャプテンとして全国中学軟式大会に優勝もしています。この時も内野手兼投手でした。

中学時代はシニアのチームで硬式野球デビューを果たしていたんじゃないかと思っていたので、軟式野球を続けていたとは意外です。

しかも、仙台育英の付属中学で。

けれども、小中と、すでに全国大会の常連として活躍していたということがわかります。
大勢の観客の前で緊張することなく試合ができるというのは、経験でしか培うことができませんから、西巻選手は中学時代までにそのあたりの経験をしっかり積んできたということですね。

仙台育英高校に進学すると、1年夏からベンチ入り。

そのまま甲子園に出場し、全試合で途中出場を果たします。決勝では東海大相模の小河原慎之介投手(現中日)から、代打でレフト前ヒットを放っていますから、モンスター級の1年生だったといえますね。

1年秋から遊撃レギュラーの座を奪取。2年春・夏と2季連続で甲子園切符を逃しましたが、自身がキャプテンとなった新チームで秋の東北大会を制し、センバツ出場を決めています。

3月に開幕するセンバツで、どんな活躍を見せてくれるか楽しみですね。

そして、夏の甲子園、ドラフトも。

スポンサーリンク.

西巻賢二(仙台育英)のドラフト進路は?評価をチェック

西巻賢二選手は、身長167センチ・体重65キロと、プロ野球選手はもちろん、高校球児の中に入っても小柄な選手です。

しかし柔らかいグラブさばきと、強肩で、野球センスに長けた頼もしい内野手です。

その守備力は、先輩の平沢大河選手(現千葉ロッテ)以上とも評価されています。

やっぱり仙台育英なだけでに楽天辺りが狙ってくるのかなという印象はありますが、ドラフト1位より下位の方で指名されていくのかなという感じはしていますが、これだけはドラフト会議の当日にならないと何ともいえないところですね~

でも、春・夏までにプロのスカウト陣の注目度は徐々に高くなっていくのは間違いなさそうです。

遊撃というのは内野の要ですからね。プロの各チームも、高校生からじっくり育ててスターにしたいと思っているはず。
西巻選手は、まさにうってつけの素材といえますね。

また、2年秋の神宮大会ではリリーフとしてマウンドにも上がり、最速139キロを計測しています。

投手としての才能の片鱗も見せますが、やはり本業は内野、特に遊撃手なのでしょう。
打撃のほうは、シュアなバッティングで広角に打てるのが魅力。

チーム不動の1番打者として、チャンスメークをする打撃を見せています。

右投げ右打ちですが、50メートル6.3秒、右打席から一塁到達が4.17秒という俊足ぶりも高評価です。2塁打、3塁打が多いというのもわかりますね。

さらにさらに、強豪・仙台育英のキャプテンという重責も務めています。

チームの精神的支柱という強いキャプテンシーも、プロ野球選手に必要な資質。

このあたりもプロのスカウトたちが目をつけるポイントでしょう。
今秋のドラフトに向けて、スカウトたちの視線もますます熱くなりそうですね。

高校野球2017の注目選手一覧【野手編】ドラフト候補のまとめ 
高校野球2017の注目選手一覧【野手編】ドラフト候補のまとめ

西巻賢二(仙台育英)は彼女いる?

西巻賢二選手は、強豪野球部の中心選手であり、ドラフト候補でもあるので、さぞかしモテルんだと思いますよ。
そこで、西巻選手は彼女がいるのかどうか、いろいろ調べてみました。

しかし、彼女に関する情報はありませんでした。

いまはセンバツ出場に向けて最後の仕上げの時期。キャプテンはさぞかし忙しいだろうと思います。
彼女などつくっているヒマはないのかもしれませんね。

本人によれば「自分はいじられキャラ」なんだそうです。
でも、これは裏を返せば人気者だということ。

おそらく彼の周りには、常に友だちがたくさんいて、わいわいと賑やかなんでしょうね。

男も女も分け隔てなく付き合える性格なのでしょう。そんな中に、彼に想いを寄せている女の子もいるはずですよね。

あ、運動部では、キャプテンと女子マネジャーが実はこっそり付き合っていた、なんて話もよくあること。
本当のところはどうなんでしょうね。

関連記事

高校野球・まとめ

管理人のまとめ

そんなわけで、西巻賢二選手の情報をお届けしました。

今秋のドラフトは、高校の野手に素晴らしい素材が揃っているといわれています。

早実の清宮幸太郎選手、履正社の安田尚憲選手、横浜の増田珠選手など、皆がそれぞれ「ものが違う」と高評価。
西巻選手も、そんな注目ドラフト候補の一人です。

春の選抜のあとには、最後の夏、そしてドラフト進路にも注目ですね。

仙台育英の主将・西巻選手に目が離せませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです