阿部一二三の彼女は?筋肉が評判でトレーニング法も!妹や父親も調査

スポンサーリンク

阿部一二三
男子柔道で注目されているのが、柔道男子66キロ級の阿部一二三選手
2020年の東京五輪の金メダル候補として期待されて「みずほ」のCMでもお馴染みですよね。

このCMで相当認知度が上がったと思います。
現在19歳で日体大の1年生ですが、すでに世界を舞台に大きな活躍を見せており、強気な性格で大物になっていくんだろうなという印象がありますね。

切れ味鋭い投げ技を武器に「1本」の奪取率がとても高い選手で、これからの日本柔道界をけん引していく中心となりそうな存在なのです。
マスクもイケメンですから、これからますます人気も上がっていくことでしょう~!

スポンサーリンク

今回はそんな阿部選手をピックアップ。

阿部選手の彼女、妹、父親などプラベートな情報から、東京五輪候補、古賀稔彦さんの評価、さらにはすごい筋肉、トレーニングなどにも迫ってみようと思います。

ぜひ、ご覧ください~★

阿部一二三の彼女は?妹や父親もチェック

阿部選手は1997年8月9日生まれ、兵庫県神戸市の出身です。

一二三(ひふみ)という名前は、消防士の父親が「一歩ずつ」」という願いを込めて名付けたそうです。

柔道を始めたのは6歳のとき。テレビを見て「かっこいい」と思ったことがきっかけで、兵庫少年こだま会に通うようになったといいます。
最初は怖くてよく泣いていたそうですが、その後はメキメキと上達。

でも、小学校3年のとき、同学年女子の鍋倉那美選手(三井住友海上)に投げ飛ばされて負けたんだとか。
阿部一二三・鍋倉那美

鍋倉選手は、2015年に世界ジュニアで優勝するほどの実力者です。小学校時代からとびきりの才能があったのですね。

この鍋倉選手に負けたことが心底悔しかった阿部選手。その試合の直後から近所の公園で体を鍛え始めました。
重さ3キロのメディシンボールを前後左右に投げ、とにかく体幹を強くしていったとか。

このトレーニングは父親も熱心にサポートしたようで、なんだか柔道版「巨人の星」とも思える光景ですね。
そんな阿部選手の才能が開花するのは神戸生田中学に入ってから。

2年時には全国中学校柔道大会55kg級で優勝。3年時には今度は60kg級に出場し、2階級制覇を達成しました。しかもこの大会ではオール一本勝ちという快挙まで成し遂げています。

ところで、こんなにイケメンで筋肉バリバリ、柔道の五輪候補となればさぞかしモテるんだろうなあと思って調べてみたら、阿部選手にはみつきさんという可愛らしい彼女の存在が。

2人は高校1年からの付き合いらしいですね。

でも、しばらくお別れしていたみたいで、2016年6月に「1年ぶりによりをもどした」とツイートしていました。

阿部選手の日体大進学で、遠距離になったことが問題だったのでしょうか。
そんな彼女と、いまは仲良くお付き合いできているでしょうか。その後も気になりますね。

それから、阿部選手の妹は詩(うた)さん
阿部一二三・妹

神戸の夙川高校1年生で、やはり柔道選手。
2016年グランドスラム東京では女子52キロ級で銀メダルを獲得するなど、その実力も兄に負けていません。

かなりチャーミングな顔立ちで、ネット上ではすでに「可愛い」と評判ですよ。
兄妹そろって、東京五輪出場も夢ではないですね。

ちなみに話題となったCMがこちら♪

実力もそうですが、女性人気についても柔道界でトップになりそうですね~

阿部一二三は東京五輪金メダル候補?古賀稔彦が高評価!

さて、中学校を卒業した阿部一二三選手は、柔道の名門神港学園に進学します。

1年時から66キロ級に階級を上げ、全日本カデに優勝。

さらに全国高校選手権を狙いますが、同大会には66キロ級の設置がなく、さらに1階級上げて73キロ級に出場。

1992年バルセロナ五輪の金メダリスト、古賀稔彦さんの長男の古賀颯人選手を決勝で破って優勝を果たしています。

「平成の三四郎」と言われた古賀稔彦さんも、自分の息子を倒した阿部選手を「10年に1人レベルの逸材」と高く評価していますね。

ちなみに、妹の詩さんが中学3年の時、全国中学校柔道大会で優勝したときの決勝の相手が古賀ひより選手。
そう、古賀稔彦さんのお嬢さんなんです。

阿部兄妹VS古賀兄妹。

因縁の闘いとして、東京五輪まで両者の切磋琢磨が続くんでしょうね。楽しみです。

さて、阿部選手はその後も全日本カデ、ユースオリンピック、講道館杯、グランドスラム東京など、数々のタイトルを獲得し、全日本の井上康生監督からも「高校生(レベル)を凌駕している」などと絶賛されています。

残念ながら実績不足ということで、2016年のリオ五輪に出場はできませんでしたが、東京五輪では候補の筆頭格。

今度はきっと大丈夫でしょう。

阿部一二三の筋肉が凄い!トレーニング法をチェック

小学校3年のときに女子選手に負けた悔しさから始めた体幹トレーニング。

最初は3キロのメディシンボールを投げるトレーニング法だったのでしょうが、その後どんどん進化していったんでしょうね。
今では彼の筋肉がスゴイことになっています。

阿部選手は、自身のツイッターに自らの筋肉を自慢するかのような写真をたくさんアップしているのですが、もう本当に惚れ惚れするような筋肉ですよ。

6パック、いや8パックにも見える腹筋、隆々と盛り上がる上腕二頭筋など、筋肉フェチがみたらなんということか……。
この筋肉で、東京五輪を狙うんですね。

関連記事

イケメンアスリート・まとめ 

管理人のまとめ

ということで、、柔道男子66キロ級の阿部一二三選手の彼女、筋肉やトレーニングのこと、妹と父親についてまとめてみました。

東京五輪を狙う阿部選手には、いま追い風が吹いています。
柔道の国際ルールが新しく変わろうとしているのです。

「有効」をなくして「技あり」に一本化され、男子の試合時間は5分から4分に短縮されるなど、より攻撃的な柔道が求められるようになります。
このルール変更は、投げ技を中心とした攻撃的柔道をする阿部選手に有利に働きそうです。

2020年がますます楽しみになってきましたね。

みんなで応援しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new