植田海(阪神)の彼女は?性格はやんちゃ?出身中学や高校時代も

 

植田海・阪神
2017年のプロ野球で、注目の若手選手の一人として阪神の植田海選手がいます。

2014年ドラフト5位で入団しましたが、ここまでの2シーズンはほとんど目立った働きをしているとはいえません。

でも、2016年オフに第1回WBSC U-23ワールドカップの日本代表に選ばれ、なかなかの存在感を見せたと評判になっていますね。

特に守備と走塁が武器で走力に難がある阪神にとっては貴重な選手といえるでしょう。

内野手ということで、配置されるのはショートとなってくるので一歩リードした北條選手とのポジション争いも今後激化していきそうな雰囲気もあります。

というわけでこの記事では、そんな植田選手の今後の活躍を占うとともに、出身中学や高校の話、、性格や彼女の話などをまとめてお届けします。

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

植田海(阪神)は2017に一軍出場ある?守備は鳥谷以上?

植田海選手は滋賀県甲賀市出身の20歳。

冒頭でも書いている通りプロ入り3年目を迎える内野手です。

その魅力は何と言っても俊足堅守。

ドラフト時には「忍者ウエダくん」などというメディアもありました。

忍者並みに動きが素早いってことですね。

その足の速さは、50メートル5.8秒。盗塁の目安となる30メートルの最高記録は3.9秒だそうです。

高校時代は対外試合で50回以上の盗塁を試み、失敗したのはたった1回だったそうですから、まさに「忍者」のような素早さだったのでしょう。
高校3年時に出場した夏の甲子園でも3盗塁を記録しています。

この俊足は野球選手としては非常に魅力。

阪神にはかつて赤星憲広さんというスピードキングがいましたが、上田選手はその後継を狙える存在と言えそうですね。

守備のレベルが本当に高いです~

その巧みなグラブさばきは鳥谷敬選手以上とも評価されており、スローイングの速さ、柔らかさ、正確性といったレベルも非常に高いと評判ですね。

阪神の遊撃手といえば長年鳥谷敬選手が支えていたわけですが、守備能力だけでみると植田選手の方が上だということでも知られています。

鳥谷敬はスタメン落ちする?守備力低下?落球に金本監督との関係も 
鳥谷敬の髪型と私服は?

亡くなった中村勝広元GMは「久慈照嘉(現コーチ)2世」と称し、その守備力を絶賛していました。

本職は遊撃手です。

阪神の遊撃といえば、昨シーズン後半から北條史也選手がレギュラーとして守っていましたが、守備力だけを見れば植田選手のほうが上みたいですよ。
北條選手もうかうかしてられないでしょうね。

ただし、植田選手の課題は打撃力。

2016シーズン前にはその俊足を活かすためにスイッチヒッターになったそうですが、ウエスタンリーグでの打率は.168にとどまっています。

掛布雅之二軍監督が付きっきりで指導しているみたいですが、2017年は大輪の華が咲くのでしょうか。

2016シーズンの1軍出場はピンチランナーで出た1試合だけで、しかもその時は盗塁死という皮肉な結果。
1軍のレベルに達するには、まだまだ大変だということですね。

それでもオフには第1回WBSC U-23ワールドカップの日本代表に選ばれ、決勝までの全9試合に「2番・遊撃手」としてスタメン出場。

見事優勝したわですが、植田選手は通算打率.300、そして通算6盗塁を記録し、大会の盗塁王に選ばれました。

植田海・日本代表

この大会で阪神のフロント陣からも今までとは違う見方になったことでしょうね。

阪神の2016年のチーム盗塁数はリーグ最下位(59)ですから、植田選手の足はかなり魅力的です。

糸井選手が加入して、走力は間違いなく上がっていくことだと思いますが、なんだかんで阪神の足の使える選手は不調だったり、怪我だったりでシーズンを終えると、チームの一番の課題は走力だったりするわけですよね。

なので、植田選手は守備要因や代走からのアピールとなるのかなと。

そのチャンスを活かしてショートとしてスタメン起用されることも十分に考えられます。

長いシーズン計算していた選手が不調や怪我っていうことは事例としてよくあることですから。

日本代表で見せたバッティングを維持できれば、2017シーズンの1軍定着もありなんじゃないでしょうか。

そろそろ1軍での活躍を期待しましょう。

プロ野球2017のブレイク候補に植田海!

植田海(阪神)がかわいいと評判!彼女は?性格はやんちゃ?

ネットを調べていると、「海くん、かわいい」という声が多いんですよね。

もともと阪神の女性ファンからの人気のあった植田選手ですが、やはり日本代表での活躍が多くのファンの注目を集めているみたいです。

まだ20歳ですから、表情にもあどけなさが残っていて、女性の母性本能をくすぐるのかもしれません。

笑顔がかわいいのは、やはり本人の成績がよかったことと、元々楽しいことが大好きな性格があるのかもしれないですね。

植田選手を調べると「やんちゃ」というキーワードも上がってくるのですが、これは彼が昔“やんちゃ”(ヤンキー)だったということではないみたい。

なんでも金本監督が「まだ幼い部分もあって、元気がいい」という意味で「やんちゃ」と言ったことがきっかけだったようですね。

ちなみに好きな女性のタイプについては、かつてのインタビューで「いっぱい笑っている人がいいですね」と答えていました。

女優でいうと倉科カナさんだそうです。
なるほどー、たしかに笑顔がかわいい女性ですね。

と、そんな植田選手の彼女について調べてみましたが、特定の彼女存在は確認できませんでした。

まあ高卒3年目ですから、彼女をつくるより1軍に上がるほうが優先ですね。

普段は笑顔の印象が強いですが、試合中の真剣な眼差しのギャップに女性ファンは萌えるのかもしれませんね。

友達の合コンの誘いを振り切って、一回でも多くバットを振ってほしいものですね。

スポンサーリンク

植田海(阪神)の出身中学は?高校中退の過去も

植田選手は甲賀市立甲南第二小学校2年生の時に、甲南第二スポーツ少年団で軟式野球を始めたそうです。

そして出身中学は「甲賀市立甲南中学校」で、シニアリーグの湖南ビッグボーイズで硬式野球を始めました。

高校は山梨県の日本航空高校に進学。
しかし、2年に進学する前に中退してしまいました。

どうやら野球部内でごたごたがあったようですが、詳しくはわかりません。

でも、その後も日本航空高の友だちとSNSなどで交流が続いているようなので、そんなに険悪な関係ではなかったのかもしれません。
やっぱり植田選手の性格は「やんちゃ」などではなく、「素直ないい子」なんでしょうね。

2年時からは地元滋賀県の近江高校に編入ました。
植田海・高校

しかし、高野連の規定で1年は硬式戦に出場できず、3年になってからようやくベンチ入り。

それでも「3番・遊撃」として甲子園に出場していますから、やはりその実力は並々ならぬものがあったのでしょうね。

関連記事

阪神タイガースの記事についてはこちらまとめてご覧頂けます♪
プロ野球のまとめはこちら♪

管理人のまとめ

ということで、今回は、阪神の植田海選手を紹介しました。

「海」という名前は親しみやすくていいですよね。
これは両親が「誰にでも親しまれ、海外でも通用しそうな名前」として付けたそうです。
狙い通りですね。

入団時は、甲子園で流れる植田選手のテーマ曲に、海に関する曲を考えていたといいますが、どこでどう変わったのか、いまは大野智さんの「ユカイツーカイ怪物くん」(笑)。

2017年はこの曲を一回でも多く聞けるといいですね。

プレーについてはやはり守備と走塁です。

守備については確認してみたところ、阪神で1位2位争うくらいの守備力かなということで評判なわけですが、確認したみたところ本当に守備は上手いです。

キャッチングもそうですが、スローイングも華麗なのでシーズン通して出場できればゴールデングラブ賞は普通に獲れそうな選手かなと。

同じポジションを争う北條選手が2016シーズン飛躍したことで、先越されていますが、守備が大事なショートなだけに植田選手が出る幕はかなりあるといえるのではないでしょうか。

守備のスペシャリストの大和選手もそうですがバッティングさえよければ相当な選手なのに、、
っていう歯がゆさはありますが守りあっての野球なので植田選手の華麗な守備と走塁に今後も注目ですね。

期待しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 王柏融・ワン・ブォロン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです