廣岡大志(ヤクルト)が球団史上初の快挙で覚醒?彼女や守備の評価も

廣岡大志・ヤクルト
プロ野球2017に大ブレイクの予感がするヤクルトの廣岡大志選手がいます。

2015年ドラフトで2位指名を受け、奈良の智辯学園から入団した右投げ右打ちの内野手です。

2016年はルーキーイヤーだったわけですが、将来の活躍を予感させる大器の片鱗を見せてくれましたね。

ヤクルトといえば史上初の2年連続でトリプルスリーを達成した山田哲人選手がいますが、廣岡選手も球団史上初の快挙を達成しています。

ということでこの記事では、そんな廣岡選手の球団史上初の快挙、守備の評価、彼女の存在などについて調べてみました。

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク.

廣岡大志(ヤクルト)が球団史上初となる高卒新人初打席ホームラン!2017にブレイクする?

さっそく廣岡選手の2016年の成績を振り返ってみましょう。

1軍では2試合に出場して7打数3安打、打率.429、打点3、1本塁打という記録です。

これだけ見ると、打撃はかなり得意なのかな?程度の印象なんですが、すごいのはこの「1本塁打」を放ったタイミング。

有名な話ではありますが、廣岡選手の「球団史上初」についておさらいしてみます。

廣岡選手が1軍デビューを果たしたのは、シーズンも終盤を迎えた9月29日でした。
対DeNA戦に「8番・遊撃手」としてスタメンに名を連ねました。

相手の先発は大ベテランの三浦大輔投手。
この試合が現役最後の登板でした。

廣岡選手には2回表1死1・3塁で初打席が回ってきます。

すると廣岡選手、なんといきなり一軍初本塁打をレフトスタンドに叩き込んだのです。

横浜スタジアムでDeNAファンたちがどれほど落胆したか、目に見えるようですね。

セ・リーグで高卒の新人が初打席初本塁打を放つのはプロ野球史上5人目。

球団としては史上初の快挙というわけですね。

1960年の高木守道(中日ズ)以来56年振りとなる快挙だったんです。

あの三浦投手の引退試合ですよ。

どうですか、この強心臓。
廣岡選手は、この試合の2日後に行われた広島戦にも出場し、その試合ではこれまたレジェンド黒田博樹投手からライト前ヒットを放っています。

1軍デビューしたばかりに、球界を代表する名投手と立て続けに対戦し、しかもヒットを放ったのですから、それは大きな自信につながったでしょうね。

対戦できること自体がすごい強運です。

もしかしたら、プロで生き抜くためのすごい「運」を持っている選手なのかもしれませんね。
左足を大きく上げる打撃フォームは、山田哲人選手にそっくり。
廣岡大志・山田哲人

2人の打撃フォームですが、あらゆる角度から見比べても似てますよ(笑)

そのために「山田二世」誕生との声もあるようです。

そんな廣岡選手、2軍では113試合に出場して打率.218、10本塁打、141三振という成績でした。
この三振数はリーグ最多だったとのこと(笑)。

けれども廣岡選手本人は「思い切りプレーしての結果なので、気にしていません」とあっけらかんとしたもの。

なかなかプロ向きの性格なんじゃないでしょうか。

ヤクルトの先輩・川端慎吾選手からも

「今は思い切りスイングすることが大事だからそれでいい」

とアドバイスをもらったとか。

2017年の覚醒、そして大ブレイク。

期待していいんじゃないでしょうか。

廣岡大志(ヤクルト)の守備の評価はどう?

廣岡選手は183センチ、81キロの大型内野手。

本職は遊撃手ですから、チーム内の先輩にはベテランの大引啓次選手や伸び盛りの西浦直亨選手がいます。
つまり、レギュラー奪取は簡単なことではないということですね。

しかも廣岡選手は、2軍でリーグ最多となる失策28個を記録。

まあ守備に関しては課題だらけということで、守備についてはまだまだ1軍レベルに達していないといえるのではと思います。

今オフから春季キャンプで、かなりのノックを受けてほしいものです。

守備力が上がれば持ち前の打撃力があるわけですから、出場機会も増えてくるはず。

まずは守備でしっかりと信頼を勝ち得て、その上で評価の高い打撃力を見せつけてほしいものですね。

スポンサーリンク.

廣岡大志(ヤクルト)の彼女の噂は?

廣岡選手の彼女についても調べてみましたが、その存在を確認することはできませんでした。
もっとも、いまは野球が恋人でしょうね。

彼女については、一日も早く1軍に定着し、レギュラーを奪取し、ついでに打撃タイトルを獲っちゃうくらいになってからでも遅くはないはずです。

脇目を振らず、懸命に努力してほしいものです。

そもそも廣岡選手は、高卒にしてはかなり頑張っている感じが漂っているのですが、実は中学時代にお父さんを亡くされているんですね。

その後は、野球チームの監督を父と思って慕うようにしているそうです。

早くに父親を亡くし、廣岡選手自身はいろいろと苦労が多かったと思います。
でも、それ以上にお母さんはもっと大変だったでしょうね。

早くプロ野球選手として一人前になり、そして素敵な彼女をゲットして、お母さんに親孝行してほしいものですね。

関連記事

ヤクルト・まとめ
プロ野球・まとめ

管理人のまとめ

ということで、球団初の快挙でブレイクしそうなヤクルトの廣岡大志選手の彼女や守備の評価についてまとめてみました。

ヤクルトファンからは「将来の和製大砲」といった評価も聞かれる廣岡選手。

力の衰えてきたバレンティン選手に代わり、4番に座る日もそう遠いことではないような気がします。
リストが柔らかく、パワーも兼ね備えた強力スラッガー。

しかも思い切りがよく、くよくよしない性格というのもいいですよね。

山田哲人選手と合わせて

ともかく、見ているだけで楽しい選手がまた一人現れました。
今後の廣岡大志選手の活躍に期待しています

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです