増田珠(横浜高)のドラフト進路は?彼女や出身中学に父母もチェック

スポンサーリンク

増田珠・横浜
高校野球2017!

2017年秋のドラフトは高校生に逸材が多いと言われています。早実の清宮幸太郎選手がその代表挌ですが今回紹介する横浜の増田珠選手も数球団がマークする注目選手です。

スラッガーとしての注目度は高いですが、広角に打てる右の中距離打者で、「走攻守揃った野球センスは清宮選手以上」との声もあるくらいです。春・夏の甲子園では、増田選手は常に注目される選手となっていくことでしょう。

スポンサーリンク

そこで今回は、増田選手のドラフト進路、彼女や出身中学、父母について調査してみました~!

ぜひ、ご覧ください~★

増田珠(横浜高)の経歴とプロフィール!出身中学は?

増田珠・出身中学

生年月日:1999年5月21日
出身:長崎県長崎市
身長:180センチ
体重:81キロ
投打:右投右打
ポジション:外野手

増田選手が、長崎市立稲佐小学校1年のときにソフトボールを始め、野球を始めたのが中学の「立淵中学校」「片淵(かたふち)中学校」「長崎市立淵中学校」 長崎シニアに入りしたときです。

長崎市立淵中学校
出典:wikipedia

チームでは投手兼中堅手として活躍し、U-15W杯で日本代表チームに選出され、4番を任されました。
中学生のときから全国的な注目を集めていた選手だったんですね。

中学卒業後は、甲子園常連校である神奈川県の横浜高校に進学。

横浜といえば、あの松坂大輔投手(ソフトバンク)をはじめ、涌井秀章投手(ロッテ)、筒香嘉智選手(DeNA)など、数々のプロ野球選手を輩出している超名門ですね。
増田選手の1学年上にも、2016年ドラフトで楽天から1位指名を受けた藤平尚真投手がいます。

増田選手はその横浜で1年生春からベンチ入りし、夏には「1番・中堅」として全試合に出場しました。
全国から名選手が集まる横浜で、1年時からレギュラーを獲得するのですからたいしたものです。

しかも1年夏は.379の高打率をマーク。

名将・渡辺元智前監督も「モノが違う」と絶賛したそうです。

しかし、1年秋に手首痛を発症、2年春には疲労骨折と判明するなど、ケガが多いことは心配材料ですね。

2年夏には復帰。神奈川県予選ではクリーンアップの一角を担い、中堅レギュラーとして出場しました。
そして打率.440、3本塁打という活躍で甲子園切符を手に入れています。

特に県大会決勝の慶応戦では2本の本塁打を放ち、評価を決定づけています。

甲子園では長打や内野安打など、プロのスカウトにも十分アピールできる活躍を見せましたが、2回戦で寺島成輝投手(2016年ドラフトでヤクルトから1位指名)擁する履正社に敗れました。

この2選手も同じスラッガーとしてプロ注目ですね。
清宮幸太郎のホームランペースが凄いし頭いい!阪神がドラフト1位指名? 
安田尚憲(履正社)の出身中学は?父母と兄も調査!ドラフト進路も 

身長181センチ、体重81キロ。
バランスの取れた体格でまさに野球の申し子という感じです。
両方向に鋭い打球を飛ばすことができるし、1塁到達タイム4.4秒の俊足、そして捕殺も得意な強肩とあっては、プロが注目しないわけがありません。
将来はイチロー選手(マーリンズ)のように育ってほしいものですね。

増田珠(横浜高)の父母や家族構成は?彼女はいる?

増田選手が野球を始めたのはお父さんの影響からだそうです。

お父さんもかつての高校球児だったのかもしれません。

そして、そんなお父さんや増田選手本人を精神的に支えてくれるのはお母さんの美穂さんみたいですね。

故郷の長崎を離れ横浜で暮らす増田選手ですから、ときには寂しくもなるでしょう。

特に1年秋から2年春にかけてはケガで満足に野球もできず、かなり落ち込んでいたみたい。
そんな増田選手を美穂さんはメールで励まし続けたといいます。

お父さんもお母さんも、まだ高校生の息子を一人で遠くに出すことは心配でたまらないでしょう。
でも、それが精神的に子供を大きくしてくれるんですね。

そんな増田選手の彼女については、いろいろ調べてみましたが存在を確認できませんでした。
いまは女の子とデートするより、まずは甲子園に向けて頑張るほうが大事ですからね。

お母さんのメールを心の支えにしてほしいと思います。

増田珠(横浜高)のドラフト進路は?横浜DeNAが有力?

2017年秋のドラフトでは、ソフトバンク、ロッテ、DeNA、阪神などが興味を示しているようです。
やはり地元のDeNAあたりは、ぜひとも欲しい選手の一人なのではないでしょうか。

しかし、本人は中学時代のプロフィールで「好きな球団は千葉ロッテ」と答えています。
どうなるか、楽しみですね。

今のプロ野球で、打者で注目を集める若手といえばヤクルトの山田哲人選手、広島の鈴木誠也選手、ソフトバンクの柳田悠岐選手あたりでしょうか。
いずれも広角に打て、長打力もあり、そして強肩俊足という条件が揃っています。

各球団のスカウト陣のコメントはこちら~!

ソフトバンク・荒金久雄スカウト
 

「今年は右の長距離打者は貴重な存在。九州出身(長崎)だし、期待したい」

ロッテ・永野チーフスカウト
 

「打撃がいいし肩もある。十分候補になる」

DeNA・稲嶺茂夫スカウト
 

「来年が楽しみ。追いかけたい存在」

阪神・北村スカウト
 

「藤平くんは昨夏から素晴らしい成長。増田くんは来年の(ドラフト)対象。万波くんの本塁打はとんでもない当たり」

現代のプロ野球では、こうした総合力の高さが大きく評価される傾向がありますね。
その点増田選手は、十分にプロでやっていけるだけの条件がそろっています。

山田選手や鈴木選手の高校時代と比較しても総合力で勝っているとの評価もあるんです。

そういう意味からも、2017ドラフトの目玉と言われる清宮選手よりもほしいと思っている球団は多いのではないでしょうか。

関連記事

高校野球・まとめ

管理人のまとめ

ということで、横浜高・増田珠選手のドラフト進路や、彼女、出身中学に父と母についてまとめてみました。

横浜は春のセンバツには出場できませんが、やはり注目は夏の甲子園ですね。

難関・神奈川県予選をクリアして、ぜひとも甲子園で増田選手ののびのびとしたプレーを見てみたいですね。
そして、注目のドラフトでは上位で何球団指名されるのかが、楽しみでもあります。

これまで、高校から注目を集めてプロの世界でも活躍した選手は数多くいますが、増田もその一員となっていくでしょう~!

今後の増田珠選手の進路に注目していきたいと思います~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

    • 匿名
    • 2017年 8月8日

    中学校名が違う
    立淵じゃなく片淵(かたふち)です

      • room303
      • 2017年 8月8日

      ご指摘ありがとうございます。訂正させていただきました。

    • 匿名
    • 2017年 8月8日

    出身中学校は、片淵中学校ではなく、淵中学校(フチチュウガッコウ)です。
    正式な学校名は、長崎市の中学校なので、長崎市立淵中学校 

      • room303
      • 2017年 8月9日

      ご指摘ありがとうございます。訂正させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new