宮台康平(東大)のドラフト進路は?中学高校時代も!父と彼女も調査

 

宮台康平・東大
2017年のドラフト候補として注目集める一人に、東大の宮台康平投手がいます。

東大のエースということで勝ち星こそ恵まれませんが、その素質は東京六大学リーグでもトップレベルと評されている逸材左腕です。
頭もキレて、スポーツでもプロ候補となれば、女性にもモテモテでしょうね。

東大でドラフトの目玉なんて注目されないはずがありませんし、これから注目の投手になっていくことでしょう!

というわけで今回は、宮台投手のドラフト進路について占うとともに、中学高校時代の様子や父、彼女の存在などについて調べてみました。

スポンサーリンク

宮台康平(東大)の経歴とプロフィール!中学高校時代は?

宮台康平・中学高校
生年月日:1995年7月1日
出身:横浜市
身長:178センチ
体重:82キロ
投打:左投左打
ポジション:投手

宮台投手が野球を始めたのは、小学校3年生の時に戸塚ホークスで軟式野球を始めたことがきっかけです。
出身中学は地元横浜の「戸塚中学校」でも軟式野球部に所属しました。

そして神奈川県立湘南高校に進学。
ここで硬式野球部に入部します。

2年生の時には神奈川県選抜に選ばれ、スリランカ遠征を経験。

3年春は背番号7ながらダブル先発の一人として活躍。

「3番・投手」として出場し、チームを県ベスト8に導きました。
夏は背番号1で3回戦敗退。

甲子園出場はかないませんでした。

東大に進学すると、入学したばかりの1年春のリーグ戦からベンチ入り。
秋のリーグ戦で公式戦初登板しました。

2年秋のリーグ戦で初勝利をあげ、3年春のリーグ戦では自身リーグ戦初となる完封を達成しています。
さらに日米大学野球選手権では大学日本代表入りを果たしました。

東大からの代表入りは、大越健介さん(NHK)以来33年ぶり2人目なんだとか。すごいですね。
3年秋のリーグ戦を終え、通算22試合に登板し4勝6敗、防御率2.51という成績です。
身長178センチ、89キロ。

最速150キロのストレートにスライダー、カーブ、シンカーが武器です。
ただ、少し心配なのはケガ。

3年秋のリーグ戦は左肩の炎症を患い、わずか1イニングの登板でした。
将来に少しだけ暗い陰がかかりましたね。

このオフの間になんとか完治させ、また堂々のマウンドさばきを見せてほしいものです。

宮台康平(東大)はプロ志望?評価やドラフト進路が気になる!

そんな宮台投手ですから、2017年秋のドラフト候補として大注目されています。

NPBではオリックス、巨人、広島、中日、日本ハムなどが「ドラフトの目玉」などと評し、上位指名をにおわせているようです。

オリックスや中日のスカウトは

「(東大出身という)話題性だけではない」

と、宮台投手の実力を認めるコメントしています。
どこのチームも、先発として使える左の本格派は欲しいところでしょうから、激しい争奪戦が繰り広げられそうです。

また、宮台投手には、日本のプロ野球だけでなくメジャー球団も注目。

ヤンキースやアストロズなどのスカウトが興味を示しているようですが、メジャーでやるのならもっと体を大きくしないと難しいかもしれませんね。
宮台投手が高く評価される要因としては、その投球フォームがいいことがあげられます。

テークバックが小さく、右足を踏み込んだときに鋭く体を捻って投げます。

これは打者からボールが見にくく、それだけ振り遅れを誘うことができるんですね。
現役選手でいえば、ソフトバンクの和田毅投手に似ているかもしれません。

本人は、巨人の杉内俊哉投手のようにムダな力が入らず、肩への負担も少ない投球フォームを理想としているようです。
2017年ドラフトに向けて宮台投手も

「プロというものに魅力を感じている」

と明言。

大学4年生になる2017年は、プロへの挑戦という意味からも重要な年となるでしょうね。

スポンサーリンク

宮台康平(東大)の父も野球人!彼女はいる?

文武両道の宮台投手ですが、野球を始めたのはどうやらお父さんの影響が大きかったようですね。

というのも父親の忠さんはかつて、神奈川県の名門・横浜翠嵐高校の硬式野球部に所属していたんです。

横浜翠嵐といえば、宮台投手の母校・湘南高校と肩を並べる進学校。親子揃って秀才ですね

忠さんは高校時代、チームでは捕手、そして主砲として活躍していた名選手だったといいます。

プロも注目していたほどの選手だったらしいですが、教師になりたいという夢を実現させるために大学に進んだようです。
現在は、神奈川県内の高校で野球部長を務めているといいますから、やはり野球とは離れられない縁があるんですね。

そんなお父さんから宮台投手は「プロ野球選手になると同時に、司法試験か国家一種も取れ」と言われているとか。

なんか、星一徹よりすごいですね。

さてさて、スーパースター・宮台投手に彼女はいるのでしょうか。

調べてみると、高校時代から付き合っている彼女がいるみたいですね。

勉強に、野球に忙しい毎日だと思うのですが、それでも2週間に1回くらいはデートしているといいますから、ラブラブなんでしょうね。
でも、2週間に1回くらいのペースで会うくらいが新鮮さを保てて、長続きする秘訣なのかもしれませんね。

関連記事

野球・まとめ

管理人のまとめ

ということで、東大の宮台康平投手のドラフト進路や中学高校時代、父と彼女についてまとめてみました。

2017年のドラフトは、高校生に逸材が多いようですが、大学生からはその話題性も含めて宮台投手が№1の注目度でしょうね。
湘南高校から東大という学歴はすごいものがありますが、プロ野球選手に学歴は関係ありません。

ですから、あえて厳しい世界に飛び込んでいくということになるかもしれませんね。

もしかして、本当にプロ入りと同時に司法試験に通ったりして。

となると、日本ハムの大谷翔平投手とは違った意味での“二刀流”ということになるかもしれません(笑)。
いずれにせよ、2017年の宮台投手からは目が離せませんね。

ドラフトが楽しみです~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 増井浩俊・日本ハム
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです