プロ野球2017順位予想【パ・リーグ編】優勝しそうな球団はどこ?

プロ野球2017・順位予想パ・リーグ
プロ野球2017順位予想!

今回は、パ・リーグの順位予想についてまとめていきます~!

パ・リーグといえば、2016年に4年ぶりに優勝を果たした日本ハム、毎年圧倒的な戦力のソフトバンクの2強が常連になっています。

2013年に楽天、2008年に西武が優勝していますが、2016シーズンもそうでしたがこの2強が貯金を大きく稼いでいます。

なので、他の球団の借金は必然と増えていくわけですね

2017シーズン、日本ハムとソフトバンクを脅かす球団が出てくると更に面白くなっていきそうです!

というわけでこの記事では、プロ野球2017・パリーグの各球団の注目ポイントと順位予想についてまとめてみました~

ぜひ、ご覧ください~★

日本ハム2017の注目ポイントは?

4年ぶりのリーグ優勝、10年ぶりの日本一に輝いた2016年ですが、FAで陽岱鋼選手、メジャー復帰志望のバース投手、トレードで吉川光夫投手という主力が抜けた穴をどう埋めるがポイントになってくるのかなと。

新外国人補強の情報はありませんが、レアード選手、メンドーサ投手、マーティン投手が残留しただけでも大きな戦力といえるでしょう。

まぁ、日本ハムは若手の成長率は非常に高いので2017年もまた新たに1軍で輝く選手が出てきそうですし、日本球界復活の村田透投手、トレード移籍した大田泰示選手、公文克彦選手が機能すると場合によっては2016年以上の戦力になることも考えられるのではないでしょうか。

大谷選手の二刀流も普通に計算できることが立証されていますので、ここまで生え抜きと補強組のバランスが取れているチームってそうないですよね。

2017シーズンも優勝候補間違いなし!

ソフトバンク2017の注目ポイントは?

優勝を義務付けられているなかで2016シーズンは惜しくも2位

日本球界復帰の和田投手は最高のサプライズ結果だったわけですが、柳田選手の怪我、攝津投手の誤算と長期間離脱したバンデンハークは正直痛かったですね。

東浜投手と岩崎投手の若手の成長もポイントですが、ドラフト1位で獲得した田中正義投手がどこまで即戦力として戦えるかで先発陣の組み方も変わってくるのかなと。

何と言っても2017年に最大の課題は捕手と言われています。

工藤監督はメジャーの捕手育成の映像を取り寄せて研究してるくらいですから。

とはいえ、戦力層は十分に優勝クラスなので新外国人のカイル・ジェンセン選手が中軸として機能すれば申し分のない戦力と言えるのでは?

チーム防御率、チーム打率ともに問題ないですし、日本ハムに及ばなかった走塁面の改善ができれば最高の戦力が整うことになりますね。

やっぱり正捕手が鶴岡選手、髙谷選手、斐紹選手の誰になるのかないう感じですね。

九鬼選手が出てきたら第2の城島として期待できるでしょう。

ソフトバンク2017スタメンオーダー予想! 

ロッテ2017の注目ポイントは?

ダブルエースの石川投手、涌井投手は十分に計算できるなかで、外れ1位で佐々木千隼投手を獲得できたことはラッキーでしたね。

ウィークポイントとしては、やはりデスパイネ選手が抜けた穴ですね。

新外国人のパラデス選手を獲得して中軸を担うことになるんでしょうけど、フタを開けてみないと何ともいえません。パワーでいうとデスパイネ選手ほどではないといえますのでその分アベレージなどでカバーすることが必須となります。

マット・ダフィー選手共にダブルで飛躍できれば熱いのですが、なかなか2選手同時に機能することは計算できるものでもありません。

昨シーズン不調に終わった清田育宏選手、平沢大河選手の成長が大きな期待のポイントとなってくるのかなと。

短期決戦は強い印象はありますが、長いシーズン日本ハムとソフトバンクと戦えるのかといえば、微妙なラインですね。

防御率も決して悪くありませんが、佐々木投手が即戦力で先発ローテを守れたら大きくチームは変わっていくことだと思われます。

西武2017の注目ポイントは?

野手レベルはリーグトップといっても過言じゃありません。

個々の能力は高いにも関わらず、昨シーズン借金で終わったのは、紛れもなく投手陣なわけです。

おまけに岸投手が抜けた穴は現実問題かなりの痛手といえますね。

ここで更なる飛躍を求められるのは、結婚して見事ブレイクした菊池雄星投手に若手の髙橋光成投手、多和田真三郎投手がそれぞれ2桁勝利をあげれるかってことです。

ここでフランク・ガルセス投手が先発として2桁勝利を計算できれば、優勝争いに加わることは十分に考えられますね。

あと、森友哉選手が捕手としてシーズン通してスタメンマスクを被れるのか、山川穂高選手がブレイクしたら恐ろしいチームに生まれ変わります。

まぁ、こんな上手くいくものではありませんがそれだけの選手が揃っているということですね!

楽天2017の注目ポイントは?

なかなか戦力は安定しませんが、則本投手の活躍は絶対条件で岸投手の加入は心強いですね

とはいっても、まだまだ外国人選手に頼らないとAクラスには食い込んでいけない印象が強いです。

ウィーラー選手の残留が決まったことはよかったのですが、同時に昨シーズン途中で離脱したアマダー選手のある程度の成績は必要になるわけです。

外国人選手の期待となると、後半から加入したペゲーロ選手が1シーズン通して出場したら面白そうな活躍ができそうかなと。
51試合で出場して打率.279、10本塁打に26打点は十分合格といえるのではと思います。

でも、オコエ選手と安樂投手の成長が何よりも重要になってきますね。この2選手は将来の楽天を背負っていく立場になってもらわないと。

あと、高卒はルーキーの藤平尚真投手 が1軍のマウンドに立つことができるのか?っていうとこですね。

楽天は球団創立してから生え抜き選手の2桁ホームランがないっていうのは大きな問題なのです、、、なので2017年はそこを誰かが達成して生え抜き中心の球団に一歩でも近づくことがファンの望みなのではないでしょうか。

オリックス2017の注目ポイントは?

2015年に大補強失敗してから負のスパイラルから抜け出す事ができずにいます。

極めつけに糸井選手の放出に陽岱鋼選手の獲得失敗とう結果に、、

新外国人を5選手獲得もしないといけないチーム状況なわけです。
プロ野球2017新外国人選手のまとめ【パ・リーグ】 

でも、明るいニュースといえば2017年から2年目を迎える吉田正尚選手です。吉田選手はアジア冬季リーグで5冠でブレイク候補№1といってもいいくらいの期待度なので、今シーズンはブレイクしそうな雰囲気がプンプンしますね。
プロ野球2017のパ・リーグ期待の若手は? 

T‐岡田選手と共に中軸を担えたら新たなスター登場ですね。

あと、やっぱり金子投手の完全復活に西投手の安定に加えて、糸井選手の人的補償で獲得した金田投手は期待できると思います。阪神でも成長著しい投手だったので、移籍年目から即戦力になる可能性は高いのでは?

新外国人選手の補強数を見ても、チームとしてはまだまだ整っていないのが現状といえますね。

プロ野球2017順位予想【パ・リーグ】優勝はどこの球団?

パ・リーグ6球団の2017シーズン順位予想はこんな並びの予想となりました~

■1位:ソフトバンク

■2位:日本ハム

■3位:西武

■4位:ロッテ

■5位:楽天

■6位:オリックス

という順位予想になりました。

やっぱり2強はソフトバンクと日本ハムになるのかなと。

連覇と考えたときに、日本ハムの優勝はきついかなっていうのはありますが、戦力的には優勝争いは鉄板になってくるでしょう。

データ的に、ソフトバンクは誤算が無ければ2015年以来のぶっち切りの優勝も十分考えれれます。

個人的には岸投手が抜けたとはいえ、西武は守りが安定すれば相当脅威かなという印象があります。既存の野手陣に加えてブレイク寸前の若手野手も数名いるので楽しみです。

残りの三球団については、新戦力次第になってくるのかと思いますが、その中でも楽天は岸投手が加入したことで他の投手陣がどこまで底上げされるかでAクラスが見えてくる戦力が揃いそうですね。

あくまでも、現状の戦力分析をメインとした予想なので、新戦力とサプライズの活躍は誰も予想できないところ。

夏場までにある程度のチーム戦力が見えてくるので、8月9月辺りが楽しみですね。

まぁ、ソフトバンクが有利かなと~!

関連記事

プロ野球2017順位予想【セ・リーグ編】
プロ野球・まとめ

管理人のまとめ

ということで、今回はプロ野球2017のパ・リーグの順位予想についてまとめてみました。
ソフトバンクと日本ハムの戦力が揃っているので、他の球団がどれだけ抑えるかっていうところがパ・リーグの見どころになってくるのかなっていう印象がありますね。

2016シーズンでいうとこの2チームの防御率が圧倒的に低いわけなので、結局は野球はピッチャーかなっていう感じですね。

毎年交流戦を見ればわかりますが、パ・リーグはセ・リーグよりも圧倒的に勝率がいいので、交流戦では順位の変動がないので2017年もそうなるのかなと(笑)

まぁ、怪我や不調で苦しむ選手もいれば、計算外の活躍をする選手もいるわけなので、現状ソフトバンクと日本ハムが有利ですが、できるだけ多くの球団が優勝争いに参加するシーズンを期待したいですね。

2017シーズンはどこが優勝するのか、随時追っていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 女子ゴルフ・日韓
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです