安田尚憲(履正社)の出身中学は?父母と兄も調査!ドラフト進路も

スポンサーリンク

安田尚憲・履正社
高校野球2017!

2017年も高校野球からもいろんな注目選手がいます。

今回は、履正社(大阪)の安田尚憲選手をピックアップしていきます~!

スポンサーリンク

高卒新人で、東の代表挌が清宮幸太郎選手(早実)ならば、西は安田選手という見方もされていますので、ドラフト進路も楽しみですね。

安田選手は右投げ左打ちの超高校級のスラッガーということで、現在いくつもの球団が調査に乗り出しているところと聞きます。
高校のスラッガーは貴重な存在なので、春・夏の甲子園シーズンでも注目されていく選手となっていくことでしょう。

というわけでこの記事では、そんな安田選手の出身中学、そして父、母、兄の家族、ドラフト進路などについて調査してみました~!

ぜひ、ご覧ください~★

安田尚憲(履正社)の経歴とプロフィール!出身中学は?

安田尚憲・中学
生年月日:1999年4月15日
出身:大阪府吹田市
身長:188センチ
体重:92キロ
投打:右投左打
ポジション:三塁手

安田選手が野球を始めたのは、小学校6年の時に、阪神OBが監督やコーチを務める阪神タイガースジュニアチームがきっかけです。

この阪神タイガースジュニアチームというのは、小学6年生で選抜された選手しか入れないエリートチームです。

こちらが小学6年生のときの安田選手です。
安田尚憲・阪神

そこに入れるだけで将来を嘱望される存在だということですね。

そして、出身中学は地元吹田の「豊津中学校」で元阪神の赤星憲広さんがオーナーを務めるレッドスターベースボールクラブに所属していました。
これまた阪神に縁のあるチーム。となれば将来は……、ですよねえ。

中学卒業後、履正社高校に進学すると、1年生にしてすぐにベンチ入り。

1年秋の大会からは、5番・三塁手のレギュラーとして出場するようになりました。

その大会の3回戦となる大冠戦では、ソロ本塁打を右翼スタンドに打ち込むなど、早くも頭角を表してきます。
2年生となった2016年春の練習試合では、21本塁打など長打を量産。

春季近畿大会からは、2年生ながら4番・三塁手を任されるようになっています。

2年夏の大阪大会は、25打数15安打で打率.520、2本塁打、15打点の活躍で甲子園出場を決めました。
その甲子園では、3試合で12打数4安打、打率.333、打点1。

本塁打こそありませんでしたが、右翼線や中堅フェンス際へと長打を放ち、十分な存在感を見せつけました。

高校3年になるまでに、高校通算42本塁打を記録。
この数字だけでも超高校級の称号がぴたりとハマります。高校卒業するまでに何本のホームランを放っていくんでしょうね。
常に清宮選手と比べられる逸材になっていくことは間違いなさそうです。
清宮幸太郎のホームランペースが凄いし頭いい!阪神がドラフト1位指名? 
清宮幸太郎のwikiや2016身長は?父が有名で弟は?彼女の噂も 

横浜高の増田珠選手にも注目!
増田珠(横浜高)のドラフト進路は?彼女や出身中学に父母もチェック 

ソフトバンクの柳田悠岐選手ばりのフルスイングでも体の軸がブレず、最後まで振り切れる美しいスイングの持ち主です。
かつての松井秀喜をも彷彿とさせる力強い打球で、ラクラクとスタンドまで運びます。

西の怪物、ここにあり!といった感じですね。

堂々たる体格的なので、プロにいってからどういう選手になっていくのか本当に楽しみにですね!

安田尚憲(履正社)の家族構成(父・母・兄)を調査

そんな安田選手の家族構成は父母と兄がいます。

お父さんは安田功さんといい、2014年の全国高校駅伝で優勝した大阪薫英女学院で監督を務めています。

お母さんは安田多香子さんで、やり投げで有名な選手でした。国体に出場した経験も持っているそうです。

2人兄弟の兄は安田亮太さんです。こちらは知る人ぞ知る野球選手で、PL学園から明治大学に進学。現在は社会人の三菱重工名古屋でキャプテンを務めています。

PL学園時代は、あの前田健太投手(ロサンゼルス・ドジャース)とバッテリーを組んだ実力派の捕手です。
安田一家は、家族をあげてアスリートぞろいなんですね。

2017年、安田選手は高校野球の最高学年を迎えます。

駅伝で全国制覇を果たしたお父さんのように、国体で活躍したお母さんのように、甲子園で躍動することができるでしょうか。
いまから楽しみですね。

安田尚憲(履正社)のドラフト進路が気になる

さてさて、そんな安田選手のドラフト進路ですが、現在どんな感じなのでしょうか。
本命はやはり阪神でしょうね。

阪神タイガースジュニアチームにも所属していた安田選手ですから、阪神から指名されれば何の迷いもなく入団でしょう。
阪神も1位指名に前向きのようです。

畠山統轄スカウト補佐

「鍛えがいのある選手。すごく楽しみな選手です」

とコメントしています。

阪神の三塁手でスラッガーといえば、そう掛布雅之現二軍監督ですね。

阪神でおよそ30年ぶりとなる和製スラッガーの三塁手は実現するでしょうか。
相思相愛が実ればいいですね。

他に指名を考えていそうな球団の一つには中日があります。
米村スカウト

「パワーは高校時代のT-岡田と双璧」

などと上々の評価をしていますからね。

中日も和製大砲がなかなか出現しませんから、素質ある高卒スラッガーを一から育てたいところでしょうね。

巨人も興味を持っていそうですが、巨人は安田選手を指名するなら、その前に清宮選手を指名するでしょうから、このセンは薄いのではないかと思われます。
いずれにせよ、2017年夏に安田選手がどれくらい活躍できるか。

そのほかには

ソフトバンク・小川育成編成部長 

「東の清宮、西の安田。来年のドラフトは2人が軸になっていく」

日本ハム・大渕スカウトディレクター

「打球の飛距離なら早実・清宮より安田の方が上」

これからいろんな球団スカウトから熱視線を浴びることになっていきそうですね。

ドラフトでも上位指名は間違いなさそうなので、これからますます注目されていくことでしょう。
いまから夏の甲子園が楽しみになってきますね。

関連記事

高校野球・まとめ 

管理人のまとめ

ということで、履正社の安田尚憲選手の出身中学、父、母、兄とドラフト進路についてまとめてみました。

お父さん、お母さん、そしてお兄さんまでがバリバリのアスリートだった安田家。

そんなスポーツ環境で育った安田選手本人は、まさに野球の申し子なんでしょうね。
大阪出身で阪神ジュニアチームにも所属していたとなれば、虎キチさんたちはすでに「よし、もらった」気分満々でしょうが、ドラフトは一筋縄ではいきません。
こればっかしは抽選ですからね。

どこの球団に行くことになっても、将来のプロ野球を担っていく至宝には変わりありません。
もっともっと大きく育っていくことを願いましょう。

阪神が既にドラフトでマークしているということですが、どこの球団にいくんでしょうね
これからが楽しみです~!

今後の安田尚憲選手の活躍、そしてプロ野球での飛躍を期待しています~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. ボートレーサーイケメンランキング
  2. 永井美津穂(体操選手)
  3. 騎手イケメンランキング・男前・ジョッキー
  4. 平松竜也・ドラフト
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA