WBC2017・侍ジャパンメンバーにイチローやメジャー組は招集?

 

WBC2017・侍ジャパン・メジャー
WBC2017・侍ジャパンの一部メンバーが発表されて、最終的に誰が選ばれて、誰が落選するのか注目されますね。

登録メンバーとなる28選手から前倒しで19名を選んだのは異例のケースのようですね。確実戦力と考えている選手には早くからボール慣れしてほしいとも言われています。

そして、メジャー組から青木宣親選手がWBC2017・侍ジャパンに参加を表明されて、今回のWBC2017ではメジャー組から当初から4人招集されると言われているわけです。

あと、イチロー選手は?

っていうことで最終メンバー発表までに気になるポイントですね~

特にイチロー選手が再び侍ジャパンメンバーに選ばれたら凄い盛り上がりになるでしょう~

前回のWBCではメジャー組から誰も招集されてなかったということもあってか、ベスト4という結果に終わっているだけに、今回のWBC2017ではぜひともリベンジを果たして欲しいですね。

というわけでこの記事では、WBC2017・侍ジャパンメンバーにイチロー選手や招集される可能性のあるメジャー組についてまとめていきます~!

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

WBC2017・侍ジャパンにイチローは招集される?

イチロー・WBC2017・侍ジャパン
今回のWBC2017のメンバーにイチロー選手の明確な招集は明かされていません。

でも、イチロー選手が所属するマーリンズ側はWBC2017の参加を承認しているんだとか。

というのもあって、イチロー選手が侍ジャパンに選ばれるんじゃないかと噂されているわけです。

じゃ、イチロー選手の気持ちはどうなの?

ってことになりますが、第1回、2回のWBCでも既にメジャーリーガーだったイチロー選手はこの大会には非常に前向きだったので、今回のWBC2017に参加を表明する可能性も考えられるようになったわけですね。

あと、SNSでもイチロー選手のWBC2017の参加を熱望してる声が多いです。

「俺はもっかいイチローをWBCで見たい」
「イチローのWBC参戦、実現して欲しいな。 やっぱり核となる中心ベテラン選手がいるかいないかで士気も違うよね」
「今回イチローくるならWBCめっちゃ楽しみやなぁ」
「WBCでイチロー&大谷が見れたら最高だな」
「イチローWBC出れるんか!? そうなったら激アツすぎるやろ」

まぁ、これは一部ではありますが、これだけの大偉業を達成してきた選手だから期待しないわけがないですから。

問題があるとすれば、年齢的なことくらいかなと。

とはいえ、WBCは短期決戦です。

若手の勢いも大事ですが、国際経験が豊富な選手は1人でも多くいてほしいところなので、イチロー選手のWBC2017の参加は期待が募るばかりです。

第二回のWBCではイチロー選手が打席についたときの歓声が凄いですから、今回の1次ラウンドは東京ドームなので、別格の歓声になることは間違いないでしょうね。

それに、小久保監督がメジャー組の視察のために渡米したときもイチロー選手と会っていますので、当然のようにWBC2017の話もされていたはずから、

イチロー選手のWBC2017・侍ジャパンの参加の可能性は、本人次第であるといえるでしょうね。

追記:WBC2017・侍ジャパンの出場不参加決定

WBC2017・侍ジャパンに前田健太は招集される?

前田健太・WBC2017・侍ジャパン
先発投手陣のなかで、心強いのが前田健太投手です。

前回のWBCでも田中将大投手とのダブルエースとして、ベストナインにも選ばれる評価を得ています。

ただ、球団側の問題で前田投手自身で決めれる問題ではないことが明かされていますね。
毎回メジャー組が招集不可となっているのは球団の許可の問題もありますが、競争が激しい世界なので、ベストコンディションを保てないという理由もあります。

前田投手の場合は、メジャー1年目に16勝11敗という素晴らしい成績をおさめていますので、チームの評価は申し分ないので許可を祈るばかりかなという感じですね。

本人はWBC2017の出場については前向きなはずなので。

追記:WBC2017・侍ジャパンの出場不参加決定

WBC2017・侍ジャパンに田中将大は招集される?

田中将大・WBC2017・侍ジャパン
侍ジャパンの先発でどうしても招集したいのが田中将大投手。

前回のWBCでは、調子が上がらず途中から中継ぎに回って本人も納得のいく結果が残せていないだけに、今回のWBC2017ではエース候補として招集されてほしいところですね。

肝心の所属するヤンキース側ですが、当初田中投手のWBC2017の参加を容認していましたが、あとになって建前という声もあって何か複雑です。

それに田中投手は、右肘靭帯を部分断裂がまだ完治していませんのでヤンキース側はWBC2017の参加は認めないだろうとも言われているんです。

明るいニュースといえば、小久保監督が渡米したとき、田中投手がWBC2017・侍ジャパンへの参加に前向きだったということです。

右肘の状態次第で、WBC2017の出場が決めることができそうなので、そう考えると田中投手の招集は正直微妙な感じしますね。

MLBで3年連続2桁をあげていますが、NPBのときのようにはいかないのは確かなので、田中投手がWBC2017に前向きでも右肘のことを考えたら本人の意思としても無理はできないところだと思います。

今回は田中投手のWBC2017・侍ジャパン招集は微妙かなと。

追記:WBC2017・侍ジャパンの出場不参加決定

スポンサーリンク

WBC2017・侍ジャパンに岩隈久志は招集される?

岩隈久志・WBC2017・侍ジャパン
第2回のWBCで先発として素晴らしい活躍を見せたのが岩隈久志投手。

この大会で2年連続のMVPを受賞した松坂投手は岩隈投手がMVPに選ばれると思ったくらいの投球内容です。

ですが、WBC2017については球団側のこともあって、何も話ができない状態のようですね。

ただ、本人は日本代表で戦えることについては誇りを感じていますので、マリナーズ側の容認次第となりそうです。

2016シーズンの岩隈投手はMLBで自己最多の16勝を挙げているだけに、その勢いをWBC2017でかなり見てみたいですね。

こういう大舞台でも、力を発揮してくれる岩隈投手ですから、

あくまでもチームの方針になりそうなので、これまでの事例でいうと微妙な感じはします。

前田投手、田中投手と同じく岩隈投手がWBC2017に参戦なら、かなりの計算が立ちますんで、一気に第2回以来の優勝に近づくことでしょう~

あくまでもWBC2017の参加はチームの方針次第のようです。

追記:WBC2017・侍ジャパンの出場不参加決定

関連記事

WBC2017・侍ジャパンベストメンバーとスタメンオーダー予想! 

プロ野球・まとめ
 

管理人のまとめ

ということで、WBC2017・侍ジャパンメンバーのイチロー選手やメジャー組は招集についてまとめてみました。

既にメジャー組から上原浩治投手は辞退を発表、ダルビッシュ有投手についても右肘手術の影響で招集は対象外とされています。

青木選手の参加は決まっていますが、最悪あとのメジャー組は全員辞退になる可能性も十分にありますね。
川崎宗則選手もムービーメーカーとして、招集されるようなことも書かれていたりしますが、川崎選手はWBCの出場経験もあるので、ありかなと思います。

メジャー組の招集については、基本的にチームの方針が優先、そしてWBCはシーズン開幕前だからなかなか容認が難しいのでしょう。

イチロー選手のサプライズ招集、前田投手、田中投手、岩隈投手が球団側とどういう話し合いになっていくのか注目したいところですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです