プロ野球イケメンランキング2017【パ・リーグ編】注目の男前は?

スポンサーリンク

プロ野球イケメンランキング2017・パ・リーグ
プロ野球イケメンランキング2017!

前回の、プロ野球イケメンランキング2017【セ・リーグ編】に引き続き、

今回はパ・リーグのイケメン選手をランキングしていきます~!

スポンサーリンク

毎年、交流戦となればパ・リーグのダントツの勝率になっていることがわかりますが、
イケメン率でいっても何かとパ・リーグの選手がピックアップされているような気がしないでもないですね~

特に日ハムとか。

人気のセ・リーグ、実力のパ・リーグと言われていた時代もありましたが、近年はパ・リーグの各球団も人気が上がっていますね。

ルーキー以外の若いイケメン選手も台頭したりと、注目されている選手も増えていっていることも理由の一つとなっているんでしょう~

2017年はどんな新たなイケメン選手が登場してくるのか、楽しみにしてるファンも多いのではないでしょうか?

ということでこの記事でも、ネットや情報を元に

プロ野球2017年版のパ・リーグのイケメン選手をランキングしてみました~!

ぜひ、ご覧ください~★

プロ野球イケメンランキング2017【パ・リーグ編】ベスト15~11

パ・リーグのイケメンベスト15~11はこちらの男前~!

第15位:岩嵜翔

岩嵜翔・イケメン
ソフトバンクで10年目を迎える岩嵜翔投手。キリッとしたイケメンです。

私服でも爽やかでかっこいいですね~

2016年は主にリリーフで35試合に登板、4勝2敗9ホールド1セーブという成績でした。

5年ぶりの完封やCSでの勝利など、そろそろ覚醒の感がありますね。

2017年もリリーフとして投げる模様。そのイケメンぶりとともに、もっともっとアピールしていってほしいです。

結果次第で人気が爆発しそうな気配がかなりありますから。

第14位:牧田和久

牧田和久・イケメン
今、プロ野球界で最高のアンダースロー投手が西武の牧田和久投手です。

日本を代表する投手なわけですが、ルックス的にも全国区ですね!

2015年までは先発組でしたが、2016年からリリーフに転向。セットアッパーやロングリリーフなど、さまざまな場面で活躍するようになりました。

侍ジャパンでもいい投球を見せてくれれば、そのイケメンぶりも全国区になりそうです。

第13位:中島卓也

中島卓也・イケメン
イケメンの多い日本ハムから、まずは中島卓也選手が登場。

いまやレギュラー遊撃手として、日ハムに欠かせない存在です。

大谷翔平投手や西川遥輝選手よりも女性ファンが多いとも言われています。

もうプロ9年目になる選手ですが、いまだに童顔で、可愛い感じがするイケメンですから、そのあたりが女性ファンの心をくすぐるんでしょうね。

今年も活躍が楽しみな存在です。

日本ハムは生え抜きのいい選手も多いですが、何故かイケメン選手も沢山いるんですよね~

第12位:平沢大河

平沢大河・イケメン
2015年ドラフト1位でロッテに入団した平沢大河選手。

ルーキーイヤーは23試合に出場して打率.149という成績でした。

2016年の高卒ルーキーで、しかも野手ですからプロのレベルに相当苦しんだと思いますが、これから徐々に成長していってほしいです。

でもイケメンぶりは成績を一歩リード。ロッテの女性ファン注目の選手の一人となっています。

成績が上がれば注目度もアップしますから、今後の成長しだいでさらに女性ファンが増えていくでしょうね。

平沢大河(ロッテ)は守備が評判!彼女いる?ネックレスも話題に?

第11位:柳田悠岐

柳田悠岐・イケメン
ソフトバンクのミスターブンブン丸・柳田悠岐選手。

今春はケガで出遅れているようで、ちょっと心配ですね。

しかし、ワイルド系のイケメンで、どこに行っても女性ファンの声援がひときわ大きい選手です。

2016年はトリプルスリーを逃しましたが、それでも長打率、出塁率、四球数はリーグトップ。

2017年はやってくれることでしょう~!

プロ野球イケメンランキング2017【パ・リーグ編】ベスト10~6

パ・リーグのイケメンベスト10~6の評判の高いイケメンはこちらの選手~!

第10位:根元俊一

根元俊一・イケメン
ロッテ一筋12年目のシーズンを迎える根元俊一選手。

最近は代打か守備固めでの出場が多いようですが、そのイケメンぶりはファンの間でも有名です。

成績的には苦しいシーズンが続いていますが、ロッテのイケメンってなればやっぱり根元選手が入ってくるんですよね~

マリンスタジアムではナイターでもサングラスを掛けることが多く、これは風よけなんだそうで。

でも、似合っていますからいいですよね。

第9位:則本昂大

則本昂大・イケメン
楽天のエース則本昂大投手。

2017年は岸投手も加入したということで、ダブルイケメンエースの誕生ですね。

昨年の勝ち星は11と、入団以来4年連続で2ケタ勝利を挙げていますが、いまだにルーキーイヤーの15勝がキャリアハイ。

イケメンで闘志溢れる眼差しな眼差しを見せられたら、女性ファンは胸キュンしてしまいますよね。

勝ち星は2桁を挙げていますが、ここ2年間は負け数も多いので、理想は15勝で負け数は10敗以下にはしておきたいところでしょう。

岸投手が加入したことで、エースの座も奪われてしまいかねないです

でも、笑うとクマさんみたいになるギャップがまたいいいでしょうね。

第8位:岸孝之

岸孝之・イケメン
今季から楽天にFAで新加入した岸孝之投手。

生まれ故郷に戻って、もう一花咲かせてくれそうですね。

通算103勝と、実力は折り紙付き。しかも西武時代からイケメンとして注目されていましたから、仙台の女性ファンの胸をキュンとさせるのも時間の問題でしょう。

今季、楽天の主役に躍り出ること間違いなしでしょうね。

第7位:小田裕也

小田裕也・イケメン
2016年は2年目のジンクスに悩まされたオリックスの小田裕也選手。

ルーキーイヤーに打率.326、6打点。2本塁打と大活躍したのに、2016年は打率.137、長打0に終わったのだから、ショックは大きかったでしょうね。

でもそのイケメンぶりは健在。福山雅治にも似ていると、オリ姫たちには有名です。

今シーズンはもう一度成績をアップさせて、その名前も全国区にしてほしいものですね。

第6位:今宮健太

今宮健太・イケメン
ソフトバンクの今宮健太選手も、もう25歳。

相変わらずジャニーズの今井翼さんに似たイケメンですね~

プロ8年目ですから、中堅選手といってもいいでしょう。

長くソフトバンクの独身イケメン枠のトップに君臨していましたが、2016年6月、ついに結婚。お相手は同じ明豊高校の出身の美人嫁だそうですよ。

家庭も築いたことだし、成績のほうもさらにアップしていくでしょうね。

プロ野球イケメンランキング2017【パ・リーグ編】ベスト5

パ・リーグのイケメンベスト5はこちらのかっこいい男たち~!

第5位:松田宣浩

松田宣浩・イケメン
ソフトバンクの、そして侍ジャパンのリーダー、松田宣浩選手。

ニックネームは「マッチ」で、芸能界の「マッチ」と同じく、皆のアニキ的存在ですね。

マスクの方はヒゲがよく似合うワイルド系イケメン。

雰囲気に“花”がありますから、30代半ばになるベテランでも多くの女性ファンがいますね。

背番号も長年つけてきた「5」から「3」に変更して、ホームランを打ったときのお馴染みの掛け声が

「熱男!」から「ワンダホー!」になるので、今年もプロ野球を面白くしてくれそうです。

第4位:谷口雄也

谷口雄也・イケメン
日ハムの童顔キングは谷口雄也選手。

しかも小顔で、剛力彩芽にも似ていると評判ですね。

ここ数年は成績も安定的。代打でのヒットも多く、2017年の活躍も期待されていますが、

右膝前十字靱帯の損傷の手術・・・

2017シーズンはほぼ絶望と言われているのが残念で仕方ありません。

1日でも早い復帰が待たれますね。

プライベートではメガネもかけて、これがまた可愛いと女性ファンをキュンキュン言わせているだけに待望の復活を期待しています。

第3位:金子侑司

金子侑司・イケメン
西武のスピードキング・金子侑司選手もかなりのイケメンですよね。

2016年は53盗塁で盗塁王を獲得。右翼のレギュラーにも定着し、プロ4年目は最高のシーズンになったのではないでしょうか。

成績がアップすれば注目度も高まりますから、今シーズンはもっと女性ファンが増えるでしょうね。

全国区の人気も時間の問題かもしれません!。

2017シーズンの活躍に期待しましょう。

西武2017スタメンオーダー予想!

第2位:大谷翔平

太田翔平・イケメン
日ハムの大谷翔平選手。もはや日本プロ野球界の至宝と言える存在です。

投打の二刀流もすっかり板につき、皆が当たり前に思っていますが、本人の努力はそうとうなものでしょうね。

投げて、打って、お金持ちで、イケメンで……、天はいくつのものを彼に与えたのでしょうか。

残念ながら、WBC2017は怪我のため辞退となりましたが、既に視野はメジャーとなっていることでしょう~!

ポスティングが確実なので、生大谷を国内で見られるのは2017シーズンが最後になるかもしれませんね。

しかし、モテモテレベルが半端じゃないです~!

大谷翔平のメジャーはいつ?2017オフ?年俸や評価に海外の反応も 

第1位:西川遥輝

西川遥輝・イケメン
1位は評判的にこれまた日本ハムで西川遥輝選手です。

ま、イケメンランキングとしては文句なしでしょう。

彼をいちやく全国区にしたのは、やはり2016年の日本シリーズのサヨナラ満塁ホームランですよね。

あれで一気に女性ファンが増えたと思いますよ。

となると、勝負は今シーズンですね。

もうカッコいいことはよくわかっていますから、あとはどれだけすごいプレーを見せてくれるかです。スランプなど、絶対に許されないはず。

今年も女性ファンの視線を集める存在になるのでしょう。

西川遥輝の年俸(2017)が1億!髪形や私服に愛車もチェック!1/

投票・アンケート

あなたがプロ野球2017のパ・リーグでイケメンだと思う選手に投票をどうぞ

Loading ... Loading ...

関連記事

プロ野球イケメンランキング2017【セ・リーグ編】
プロ野球・まとめ

管理人のまとめ

今回は、プロ野球イケメンランキング2017のパ・リーグ編についてまとめてみました。

今回の15選手以外にも沢山のイケメンがいるわけですが、今回のランキングについてはこんな感じとなりました。

いろんな声を見ていると、チームも黄金時代に突入している日本ハムの選手がモテモテの印象が強いですね。

冒頭でも書いてある通り、2017年も新たな選手が台頭してくることだと思うので、新たな注目のイケメンが登場してくることでしょう。

2017年からプロ1年目を迎える新人選手もイケメンは結構いますからね~

誰が飛躍していくのが楽しみにしています。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

    • 匿名
    • 2017年 4月3日

    金子侑司の盗塁数52だようんこ

      • room303
      • 2017年 4月3日

      コメントありがとうございます。

      金子侑司の盗塁数は53となっておりましたので、修正致しました。
      ご指摘ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


new