プロ野球年俸ランキング2017【日本ハム編】中田と大谷は?

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017・日本ハム
プロ野球年俸ランキング2017!

日本ハム編

についてまとめていきます~!

4年ぶりの優勝に加えて日本一となった2016年

スポンサーリンク

大谷選手がMVPも受賞も注目されましたが、生え抜き中心でも日本ハムはいい選手が揃っています。

年俸についても、今回の契約更改で1億突破した選手も沢山いるので、年俸総額もまた大きく変わっていっているはず。

やっぱり、注目は大谷選手と中田選手ですね。2人とも球団側が出せる年俸の上限に達成するのも時間の問題になっていますので、同時に去就についても2017シーズンオフに何かがありそうな気配です。

といっても日本ハムはこの2選手以外でも素晴らしい選手は沢山いますし、育成の上手さには脱帽ですね。

親会社から離れているので、厳しいと言われる年俸基準も改善していく方針になっていくんでしょうか。

というわけでこの記事では、プロ野球年俸ランキング2017の【日本ハム編】について年俸上位15選手をまとめ一覧にしてみました~!

ぜひ、ご覧ください~★

プロ野球年俸ランキング2017【日本ハム編】ベスト15~11

日本ハム年俸ベスト15位から11位はこちら~!

15位:石井裕也

石井裕也・日本ハム年俸2017
⇒4200万(300万減)

2016シーズン前半はケガで出遅れた石井裕也投手。

その影響もあり、年俸300万円ダウンで契約更改です。
2016年オフには右ヒザの手術もしたみたい。

日ハムにとっては貴重な左の中継ぎですから、2017年はケガなく稼働してほしいものですね。

14位:近藤健介

近藤健介・日本ハム年俸2017
⇒4300万(500万減)

チーム全体が優勝景気に沸く日ハムですが、近藤健介選手は年俸500万円ダウン。

これは左ヒザ痛の影響で出場80試合、打率.265、27打点にとどまってしまったから。
2015年は3割を打っているわけですから、仕方ないでしょうね。

2017年は3割復帰で、年俸も倍増を狙いたいですね。

13位:大野奨太

大野奨太・日本ハム年俸2017
⇒5500万(1000万増)

2016年はシーズンを通して正捕手の座を維持した大野奨太選手。

自身最多の35打点も記録しました。
オフには侍ジャパンにも招集され、その可能性をどんどん広げていますね。

年俸1000万アップは微増といった感じですが、本人は満足している模様。

2017年の活躍で、大幅アップをゲットですね。

12位:有原航平

有原航平・日本ハム年俸2017
⇒6000万(3000万増)
プロ入り2年目で2ケタ勝利を上げた有原航平投手。

先発ローテを守り、1シーズンきっちり稼働したことは大きな評価ですね。

早稲田大の先輩、斎藤佑樹投手をあっさりと追い抜いちゃいましたね。

大谷投手がアメリカに行ったら、日ハムのエースの座は間違いなさそうです。

プロ野球年俸ランキング2017【日本ハム編】ベスト10~6

日本ハム年俸ベスト10位から6位はこちら~!

同率8位:西川遥輝

西川遥輝・日本ハム年俸2017
⇒1億(4000万増)

さあ、ここからが年俸1億円超えです。

まずは、日本シリーズのサヨナラ満塁本塁打で一躍全国区に躍り出た西川遥輝選手。
2017年はジャスト1億円で契約しました。

日ハムのおしゃれ番長で、独身ですから、女性ファンが多いですね。
私生活に気をつけて、2017年も期待してます~!

西川遥輝の年俸(2017)が1億!髪形や私服に愛車もチェック! 

同率8位:中島卓也

中島卓也・日本ハム年俸2017
⇒1億(2000万増)
同じくジャスト1億円は中島卓也選手。

打席ではファウル、ファウルで粘って粘って出塁する粘り強さが大きな特徴。

これを自分のスタイルとして貫き、年俸を大台に押し上げるというのはすごいですよね。

人間、自分の得意分野を高めて行けば、必ず実を結ぶということを体現しています~!

そんな勇気を与えてくれる選手です。

同率8位:マーティン

マーティン・日本ハム年俸2017
⇒1億(2000万増)
来日1年目の2016年は、52試合に登板して2勝21セーブ、防御率1.07という成績だったマーティン。

シーズン終盤はケガで鮮烈離脱を余儀なくされましたが、中継ぎから抑えへの転向でも抜群の安定感を誇りましたね。
契約は2年契約なので、2017年も残留は既定路線。

年俸1億円なら、お買い得なのではないでしょうか。

8位:谷元圭介

谷元圭介・日本ハム年俸2017
⇒1億(2800万増)

日ハムの中継ぎ投手の中心的存在の谷元圭介投手。

小柄ですが3年連続で50試合に登板。体幹が強くなければこんなに投げられないでしょうから、オフにはそうとうなトレーニングを積んでいるのだと思います。
2008年ドラフト7位でプロ入り。

年俸500万円スタートでしたが、8年で20倍の大台。
苦労人が花を咲かせましたね。

プロ野球年俸ランキング2017【日本ハム編】ベスト5

日本ハム年俸ベスト5はこちら~!

同率5位:メンドーサ

メンドーサ・日本ハム年俸2017
⇒2億(現状維持・2年契約2年目)

先発ローテの一角を担うメンドーサ投手

2016年は2年契約、総額4億円の2年目でした。

その2016年は7勝8敗、防御率3.88と、2桁勝った2015年よりは少し落ちる成績。
でも陽気なメキシカンですからね。

チームのムードメーカーにもなっているだろうし、来季は巻き返してくれるはずです。

同率5位:宮西尚生

宮西尚生・日本ハム年俸2017
⇒2億(1000万増)

日本シリーズでもいい活躍を見せた、日ハムの絶対的セットアッパー宮西尚生投手。

プロ入り9年目の31歳ですが、これまで一度も先発経験がないというリリーフのスペシャリストです。
それで年俸2億円ですから、いかに一芸に秀でることが大切かということを教えられますね。

2015年オフは肘にメスをいれましたが、その影響も感じさせませんでしたね。スゴイ!

5位:田中賢介

田中賢介・日本ハム年俸2017
⇒2億(5000万増)

2015年、メジャーから3年ぶりに日本球界に復帰した田中賢介選手。

打線でも、そして内野守備でも中心選手としてシーズンを通して活躍してくれましたね。

もう35歳と、年齢的には衰えを見せるころですが、とにかくストイックに健康管理をしているのでしょう。
まだまだ元気で、チームの先頭を走っていますね。
若手への“お手本料”を含め、年俸5000万円アップ!まだまだ現役で頑張ってください~!

4位:増井浩俊

増井浩俊・日本ハム年俸2017
⇒2億2000万(現状維持・2年契約2年目)

2016年、シーズン途中に抑えから先発に転向したにもかかわらず、見事に2ケタ勝利。

先発も抑えも、両方いけるなんて、本当にクレバーで器用な投手なんですね。

にも関わらず現状維持というのは、複数年契約!

社会人・東芝から入団した7年目の32歳。油が乗り切っています。

3位:レアード

レアード・日本ハム年俸2017
⇒2億5000万(1億5000万増)

楽しいパフォーマンスで人気のレアード選手。

2017年からの2年契約で残留が決まっています。
北海道のファンも大喜びでしょうね。

栗山監督へのリスペクトも相当あるようなので、2017年以降もしっかり活躍してくれると思いますよ。

2位:大谷翔平

大谷翔平・日本ハム年俸2017
⇒2億7000万(7000万増)

「年俸3億もあるか」と言われていただけに、2億7000万円で契約更改なったときは少し肩透かしを感じた人も多いのでは。

「球団は中田翔に気を遣った」という見方がもっぱらですが、その通りなんでしょうね。

大谷翔平投手の実力と人気を考えれば、3億でも5億でも価値はあると思いますから。

2018年はメジャー挑戦が既定路線らしいので、ここで中田選手の機嫌を損ねてもね。

日ハム球団の“上手さ”を感じさせた年俸でした。

大谷翔平のメジャーはいつ?2017オフ?年俸や評価に海外の反応も 

1位:中田翔

中田翔・日本ハム年俸2017
⇒2億8000万(3500万増)
日ハム堂々の年俸トップは、“日本の4番”中田翔選手です。
でも、本人は3億の大台を期待していたのでしょうね。
契約更改後の記者会見では、ちょっと渋い顔でした。
もちろん、チーム最高額は誇りでしょうが、DeNAの筒香選手が3億円に届いていますから、内心は面白くないと思いますよー。
2017年のモチベーションはこれでしょうね。

中田翔はFA(2017)で阪神か巨人?カープやメジャー移籍の噂も
中田翔の車・ネックレスが豪華!嫁は美人?大阪桐蔭で仲良しは誰?  

関連記事

プロ野球年俸ランキング2017【巨人編】

プロ野球年俸ランキング2017【広島カープ編】 

プロ野球年俸ランキング2017【横浜DeNA編】

プロ野球年俸ランキング2017【福岡ソフトバンクホークス編】 

日本ハム・まとめ 

管理人のまとめ

以上、プロ野球年俸ランキング2017の日本ハム編についてまとめてみました~!

以外だったのが、大谷選手の年俸アップ率ですよね。
二刀流であれだけの成績を残しているわけですから、一気に5億ということも予想していました。

ただ、本当かどうかはわかりませんが、中田選手を超えてはいけないような雰囲気もあったとか。
中田選手についても打点王に輝いているにも関わらず、3億に届いていませんからね。

冒頭にもあるように、日本ハムは親会社から独立してるので、そこが大きく関係しているんでしょう。

一流選手が日本ハムを去る傾向の1つの理由になっているところでもあるわけです。

これからこの球団から一流クラスの選手が沢山登場してくると予想されるだけに、年俸面の改善も必要になってくるかもしれませんね。

2017年も、今回の年俸ランキングに入った選手を活躍を期待しています。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. タイガー・ウッズ・2017現在の年収・歴代彼女・近況・実力
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 永井美津穂(体操選手)
  2. 近藤英恵アナウンサー
  3. 斎藤真美
  4. 成嶋早穂アナウンサー
  5. 中山京子アナウンサー
  6. 前田阿希子
  7. 大家彩香アナウンサー
  8. 佐藤彩アナウンサー
  9. 高橋友理アナウンサー
  10. 平山雅アナウンサー

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです