プロ野球年俸ランキング2017【福岡ソフトバンクホークス編】

 

プロ野球年俸ランキング2017・ソフトバンク
プロ野球年俸ランキング2017!

福岡ソフトバンクホークス編

についてまとめていきます~!

ソフトバンクはご存知の通り、資金力のある球団で毎年チームの総額年俸が12球団でトップのイメージがあります。

補強する契約年俸も凄いわけですが、生え抜き選手の年俸も他球団と比べても頭1つ出ていますよね。

2016年は優勝を逃しているので、大きな補強があると思いましたがそうでもないみたいです。
まぁ、攻守ともに戦力が整っているので普通優勝争いに加わってくることでしょう。

年俸の方はどういうランキングになっているんでしょうか。

というわけでこの記事では、プロ野球年俸ランキング2017の【福岡ソフトバンクホークス編】について高額年俸者ベスト15についてまとめていきます~!

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017【福岡ソフトバンクホークス編】ベスト15~11

福岡ソフトバンクホークス年俸ランキングベスト15~11の選手から順にどうぞ~!

15位:中田賢一

中田賢一
⇒9500万(現状維持・4年契約4年目)

中日から移籍して3年の中田賢一投手。

2015年、16年と、2年連続で2ケタ勝利には届かず。

複数年契約で年俸は現状維持ですが、2017年は更改の年ですからもうちょっと勝利数を上積みしないとヤバイですよね。
2015年に結婚した角野友紀元朝日放送アナウンサーのためにも、もうひと頑張りです。

14位:武田翔太

武田翔太
⇒1億2000万(5000万増)
プロ入り5年目の2016年も14勝と、2年連続の2ケタ勝利。

ソフトバンクの絶対的エースともいえる存在となってきましたね。

人を食ったようなカーブと150キロ超のストレートのコンビネーションは、打者にとっては本当に厄介なボールなのでしょう。
この武田投手から上位、全部で14人が年俸大台超えですから、ビッグ球団ならではですね。

13位:今宮健太

今宮健太
⇒1億4500万(4500万増)
2016年のシーズン中に結婚。もっか新婚生活の真っ只中の今宮健太選手です。
年俸もどどーんと跳ね上がって、言うことなしのオフでしょう。

華麗な守備が目立ちますが、犠打の多さも彼の特徴です。

チームプレーに徹する姿勢が評価されているんですね。

12位:中村晃

中村晃
⇒1億5000万(3000万増)
2016年は全143試合に出場。打率こそ3割に少し届きませんでしたが、140安打でチームに大きく貢献。

ポジションや打順が変わっても、本人だけは変わることなく淡々と野球をやっていますね。
こういう渋い選手が、チームを陰で支えているんでしょう。

2016シーズンの後半は先頭打者でチームを支えましたね。

11位:本多雄一

本多雄一
⇒1億8000万(現状維持)
2016年オフにFA権を取得したもの行使せず、現状維持の年俸1億8000万円で2年契約を結んだ本多雄一選手。

2016年はケガで出遅れましたが、8、9月と、シーズン終盤になってから活躍。
ここ近年はケガさえなければっていう印象は常にあるだけに、2017は全試合出場を果たしてほしいですね。
そうなれば、ソフトバンクにとってかなりの戦力となるはず。

チームにはなくてはならない存在です。
FA権を行使しなかったことも、球団にとってはいい印象を与えたのでしょうね。

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017【福岡ソフトバンクホークス編】ベスト10~6

福岡ソフトバンクホークス年俸ランキングベスト10位~6位はこちら~!

10位:長谷川勇也

長谷川勇也
⇒2億(現状維持・3年契約2年目)
複数年契約で、年俸は現状維持です。

2016年は主にDHで出場。しかし、外野守備に就いた試合のほうが打撃成績がいいという矛盾も(笑)。
打撃がいいだけに2017年は、どのように起用されるんでしょうか。

9位:柳田悠岐

柳田悠岐
⇒2億6000万(1000万減)
ミスターフルスイング、柳田悠岐選手。

チームが優勝を逃したこと、シーズン終盤にケガで戦列を離れたことなどで、1000万円ダウンとなってしまいました。
でも、最高出塁率のタイトルを獲っても年俸ダウンって厳しい評価ですよね。

シーズン終盤に右手薬指の骨折で離脱した上、V逸したヤクルトの山田選手は2年連続でトリプルスリーを達成しているわけですから、2017年は燃えるものがあるでしょうね。

8位:内川聖一

内川聖一
⇒3億5000万(2000万増・4年契約4年目)
2016年は106打点と、自身初の3ケタ打点を記録。

打率も2年ぶりの3割台で、優勝こそ逃したものの、チームの牽引車として役割を十分に果たしました。
本人は「(欠場した)あと2試合に出たかった」と、まだまだどん欲。

チームリーダーにふさわしい逸材ですね

WBC2017でも活躍してくれることでしょう~!

7位:五十嵐亮太

五十嵐亮太
⇒3億5000万(現状維持・2年契約2年目)
中継ぎとして33試合の登板に終わってしまった2016年。

五十嵐亮太投手本人としても、決して満足の行くシーズンではなかったはず。
チーム最年長ですが、オフにはメキシコでのウインターリーグに参加。

2017年に向けてどん欲に努力中です。
ソフトバンクはベテラン勢がまだまだやる気ですから、若手は大変ですね。

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017【福岡ソフトバンクホークス編】ベスト5

福岡ソフトバンクホークス年俸ランキングベスト5はこちらの選手!

同率2位:バンデンハーク

バンデンハーク
⇒4億(2億5000万増)
2016年で2年契約が切れたバーデンハーク投手。

2017年から新たに3年12億円プラス出来高で契約を結びました。

過去2年、2ケタ勝利はないものの、先発としてその安定感は抜群。
2017年はいよいよ2ケタ勝利で優勝を、というところですね。

同率2位:松坂大輔

松坂大輔
⇒4億(現状維持・3年契約3年目)
いよいよ2017年が複数年契約の最終年となる松坂大輔投手。

進退のかかるシーズンになると思います。
本人がいちばん辛いのでしょうが、見ているファンも辛い。

せめて1試合、いや5回を抑えて、あと1勝あげてくれませんかねえ。
それでも4億円の価値があるところが、松坂投手たる由縁ですね。

同率2位:和田毅

和田毅
⇒4億(現状維持・3年契約2年目)
2016年最多勝となる15勝をマークした和田毅投手。

2018年までの複数年契約で、年俸は現状維持の4億円です。

契約更改の席では、経営陣に球団スタッフの待遇改善について意見したとか。
スタッフがいてこそ自分があるということをよくわかっているんでしょうね。

素晴らしいです。

同率2位:攝津正

攝津正
⇒4億(現状維持・3年契約2年目)
攝津正投手も2018年までの3年契約を結んでおり、年俸は現状維持の4億円です。

2015年オフに、FA権を行使せずに3年契約を結んだ攝津投手。
人一倍ホークス愛の強い選手です。

秋田県出身ですが、福岡の水が合ったんでしょうね。

2位:松田宣浩

松田宣浩
⇒4億(現状維持・4年契約2年目)
チームリーダー、松田宣浩は、2019年までの4年契約を結んでいます。

2017年の年俸は4億円ということになっていますね。

残念ながら優勝は逃しましたが、2016年はチームトップの27本塁打。

松田選手が打てばベンチは盛り上がるので、ソフトバンクにこの人がいるだけで、相手チームにとっては驚異となりますね。

1位:サファテ

サファテ
⇒5億(現状維持・3年契約2年目)
2015年オフに3年契約を結んでいるサファテ投手。

その年俸はトータル14億5000万円だそうです。

2015、16年と、2年連続最多セーブですから、年俸通りの活躍をしているといえるでしょうね。
ちょっと気になるのは、2016年の敗戦数が7ということ。

2015年より大幅に増えています。
このあたりを修正していけば、2017年もしっかりとチームに貢献できるでしょうね。

関連記事

プロ野球年俸ランキング2017【巨人編】

プロ野球年俸ランキング2017【広島カープ編】

プロ野球年俸ランキング2017【横浜DeNA編】

プロ野球年俸ランキング2017【日本ハム編】

福岡ソフトバンクホークス・まとめ 

管理人のまとめ

以上、プロ野球年俸ランキング2017・福岡ソフトバンクホークスベスト15についてまとめてみました~!

複数年契約中のサファテ投手の5億円を、ソフトバンクの日本人で超えそうな選手は誰かなって想像すると内川選手や、松田選手もいますが、やっぱり柳田選手かなって思います。

残念ながら、柳田選手は初の年俸ダウンとなってしまいましたけど、年齢的にもいつか球団史上最高年俸者になれそうな気がします。

ソフトバンク=年俸が高いっていうのはありますが、柳田選手の契約更改2017を見るとかなりシビアな球団だなと思いました。
複数年契約が多いソフトバンクの選手にとっては契約最終シーズンオフに不調の選手はいろいろありそうですね。

結果的に2017年の年俸も、12球団でトップなので各選手の活躍とV奪回に期待しています~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ビシエド
  2. オコエ瑠偉
  3. 中田久美
  4. デビッド・ベッカム
  5. 八木かなえ (4)
  6. 川澄奈穂美 (3)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです