プロ野球年俸ランキング2017【横浜DeNA編】ベスト15は?

 

プロ野球年俸ランキング2017・横浜DeNA編
プロ野球年俸ランキング2017!

横浜DeNA編

についてまとめていきます~!

2016シーズンの横浜DeNAといえば、初のクライマックス出場ということで横浜は盛り上がりましたね。

その原動力となったのがやっぱり二冠を達成した筒香選手でしょうね。WBC2017でも大きな期待を寄せられていることでしょう~!

といっても、打力は強くてもまだまだ投手力に難がありますね

山口俊投手に穴もあるということで、外国人投手を3人補強されていますね。すでに高額年俸の契約も済まされてます。

今回のランキングにも入っていますからね~

というわけでこの記事では、プロ野球年俸ランキング2017の【横浜DeNA編】ベスト15について一覧にしてみました。

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017【横浜DeNA編】ベスト15~11

2017年の横浜DeNA年俸ベスト15位から11位はこちらの選手!

同率15位:倉本寿彦

倉本寿彦
⇒4300万(2700万増)
ルーキーイヤーの2015年から遊撃手として100試合以上に出場した倉本寿彦選手。

2016年も遊撃レギュラーとしてシーズンを通して活躍しました。

昨年より打撃力もアップして、チーム最多安打をマークしていますから、年俸大幅アップも当然ですね。
守備面、打撃面でまだまだ課題はあるでしょうが、チームの中心選手に成長中です。

15位:田中健二朗

田中健二朗
⇒4300万(2500万増)

2016年、プロ入り9年目で初めてシーズンを通して1軍で活躍。
貴重な左のセットアッパーとしてチームに貢献しました。

登板試合数、勝利数、ホールド数とも、自己最高をマークしましたから、年俸アップも納得です。

2016年CS巨人戦で、代走の鈴木尚広選手をけん制で刺し、引退への引導を渡したシーンは印象的でしたね。
田中投手にとっては、プロ入り初のけん制刺殺だったそうです。

14位:須田幸太

須田幸太
⇒4400万(2500万増)
プロ入り6年目の須田幸太投手。

2016年はキャリアハイとなる23ホールドをマーク。

「中継ぎでも頑張れば、これだけ上がるんだと言いたいです」
と、年俸アップに喜びのコメントをしていました。

先発陣に比べリリーフ陣の評価は全体的に低い傾向がありますが、球界全体でそのあたりが改善されていくといいですね。
須田投手あたりが先頭に立って、切り開いていかなくてはね。

13位:エリアン

エリアン
⇒4500万(3500万減)

2016年に加入したエリアン選手。
二塁、三塁、遊撃を守れるユーティリティプレーヤーで、スイッチヒッター。
使い勝手のいい選手と言えそうですね。

得点圏打率は.365と勝負強さを誇り、CS広島戦では黒田投手から先制2ランを放つなど、なかなか印象深い活躍をしました。
2017年は年俸ダウンですが、意外な活躍をしてくれそうですね。

12位:石田健大

石田健大
⇒4800万(3000万増)

プロ入り2年目、エース候補の石田健大投手です。
2016年は先発ローテをきっちり守り、チームの左腕投手としては最多の9勝をマーク。

CS巨人戦でも粘り強い投球をして勝利に貢献。

オフには侍ジャパンにも選出されています。
順調のプロの階段を上っている感じですね。

11位:三上朋也

三上朋也
⇒6000万(3000万増)
右のセットアッパーとしてチームに貢献した三上朋也投手。

プロ入り1年目から1軍で活躍し、3年目となる2016年も安定した投球を見せました。
左の田中投手とともに、リリーフ陣の中心選手に成長しています。

年俸倍増で2017年の契約を更改。
2017年は選手会長も務めるということで、これからはチームの中心選手ですね。

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017【横浜DeNA編】ベスト10~6

2017年の横浜DeNA年俸ベスト10から6位はこちら~!

10位:石川雄洋

石川雄洋
⇒6300万(700万減)

プロ入り12年目を終えたベテラン。横浜一筋ですから、ファンの人気も人一倍あります。
2017年の年俸は10%ダウンということになりましたが、クリーンアップとして期待された打撃ができなかったからでしょう。
打率.209は、レギュラーとして活躍するようになって最低ですからね。
石川選手がもう少し打っていたら優勝もあったかもしれないですから、これは仕方ないですね。

9位:井納翔一

井納翔一
⇒7200万(2700万増)
2016年は開幕投手も努めた井納翔一投手。

7勝11敗と負け越しとなってしまいましたが、シーズンを通して先発ローテをきっちり守ってチームに貢献しました。
年俸もそのあたりを見込んでのアップですしょう。

山口投手が移籍したチームでは、井納投手と石田投手が次期エースとして大きな期待を集めるはず。
2017年は本人にとって勝負のシーズンとなることでしょうね。

8位:山崎康晃

山崎康晃
⇒8000万(3000万増)
身長177センチと小柄ながら、150キロ超のストレートと落差の大きなツーシーム、カーブなどで打者を翻弄する山崎康晃投手。
プロ入り2年目にしてDeNAの絶対的守護神です。

2年連続で30セーブ以上をマークしていますから、年俸3000万円アップも納得。

2017年の活躍しだいでは、大台もありそうですね。
そのためには、チームの優勝が条件となるでしょう。

同率6位:スペンサー・パットン

スペンサー・パットン
⇒9000万(2017年・新外国人)

アメリカのテキサス・レンジャーズ、シカゴ・カブスなどでプレーしたスペンサー・パットン投手がDeNAと契約しました。
平均球速150キロで、ツーシームや縦のスライダー、チェンジアップがあるとか。

2014年以降はリリーフとして活躍ということですから、三上投手や山崎投手とともに、試合の終盤を締める役割と担いそう。
1年契約年俸9000万円は、お買い得となるかどうか。

6位:ジョー・ウィーランド

ジョー・ウィーランド
⇒9000万(2017年・新外国人)
テキサス・レンジャーズ、サンディエゴ・パドレスなどでプレーした、ジョー・ウィーランド投手とも契約。
パットン投手と同じく年俸9000万円だそうです。

こちらはストレート、ツーシーム、チェンジアップ、スライダー、カーブなどを駆使する先発型。

変化球が得意で、全体的にバランスがよさそうなので、日本球界に適応しやすいのでは?
山口投手の穴を埋めることができるでしょうか。

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017【横浜DeNA編】ベスト5

2017年の横浜DeNA年俸ベスト5はこちらの選手!

5位:梶谷隆幸

梶谷隆幸
⇒9300万(1000万増)
梶谷隆幸選手が加わるとチームが元気になるという、カンフル剤的な存在ですね。

本塁打数はプロ入り10年目で自己最高をマーク。死球数も筒香選手に次ぐ数字です。

盗塁数などはちょっと年齢的な衰えも感じさせますが、チームの牽引車的な活躍を加味すれば年俸1000万円増も安いくらいではないでしょうか。
2017年、ケガをせず、フルに戦ってほしいですね。

4位:久保康友

久保康友
⇒1億(2000万減)

ベテラン久保康友投手は、2000万円ダウンの1億円で契約更改しました。

年俸1億円の投手というと、他球団では広島の野村投手、西武の菊池投手、牧田投手、日ハムの谷元投手あたりです。
まだまだこれからという、生きのいい投手が多いような気がしますね。

一方、久保投手はちょっと力が衰えてきたベテランですが、クレバーな投球術で肉体的な衰えをカバーしてほしいですね。

3位:フィル・クライン

フィル・クライン
⇒1億5000万円(2017年・新外国人)

レンジャーズ、フィリーズで活躍したクライン投手

ウィーランドと同じく、先発候補としての活躍が期待されています。

身長201センチに、116キロの大型右腕ということで、角度のあるボールが投げ下ろされるんでしょうね。年俸も1億5000万円で早くもベスト3

メジャー通算で2勝のみですが、3Aでは14試合登板の5勝1敗・防御率1・52なので、先発ローテーションの一角としてぜひとも2桁勝利を挙げて貰いたいところですね。

2位:ロペス

ロペス
⇒2億3000万(8000万増)
2016年は本塁打数、打点は、いずれも筒香選手に次いでチーム2位だったロペス選手。

チームをCS進出にまで押し上げた偉大な立役者の一人ですが、記録同様にどこか控えめな感じですよね。
年俸まで筒香選手の次だなんて。

打撃術はもちろん、巧みなスライディングなどで本塁クロスプレーをセーフにするなど、野球技術には定評がありますね。
DeNAの若い選手は、しっかりお手本にするべきですね。

1位:筒香嘉智

筒香嘉智
⇒3億(2億増)
横浜にこの人あり! という選手になりましたね。

2016年セ・リーグ本塁打王、打点王の両タイトルを獲得。文句なしの年俸3億円でしょう。

あの破壊力は、同じプロ野球選手からも12球団で№1の評価を得ています。

打率もトップに手の届くところに入るわけですから、2017年は3冠王で4億円が目標といったところじゃないでしょうか。
セ・リーグを代表する4番打者。さらに大きな飛躍を期待したいですね。

関連記事

プロ野球年俸ランキング2017【広島カープ編】 

プロ野球年俸ランキング2017【巨人編】 

プロ野球年俸ランキング2017【日本ハム編】 

プロ野球年俸ランキング2017【福岡ソフトバンクホークス編】 

横浜DeNA・まとめ 

管理人のまとめ

以上、プロ野球年俸ランキング2017の横浜DeNA編についてまとめてみました~!

筒香選手は2億円アップというえげつない年俸アップですが、あれほど他球団から恐れられている4番はいませんので納得の額ですね。

2017シーズンも外国人補強に成功したわけですが、長い歴史を見ても大洋・横浜時代から外国人投手で2桁勝利を挙げた投手はまだいないっていうことも驚きですね。

今回の年俸ランキングにも入っている外国人投手トリオが機能したら、優勝争いも十分にできる戦力だと思います。

若手の奮起もあれば、毎年Aクラスだって夢じゃありませんから。

という感じで、年俸ランキングの横浜DeNA編を終わります。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 清宮幸太郎
  2. 高橋昂也 (2)
  3. フィギュアスケート美人ランキング海外編
  4. 中井りん
  5. イケメンアスリート・まとめ
  6. 鳥谷敬 (4)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです