プロ野球年俸ランキング2017【巨人編】億超え選手の一覧まとめ

 

プロ野球年俸ランキング2017・巨人
プロ野球年俸ランキング2017!

巨人編

についてまとめていきます~!

2017年の巨人の補強は凄まじいことになってますね。

なんと、FAで獲得した選手が横浜DeNAから山口俊投手、ソフトバンクホークスから森福允彦投手、日本ハムから陽岱鋼選手の3人も獲得したことで年俸も総額相当上がっているんと思いきや、契約更改2017はかなり減俸されて選手も沢山いるわけです。

ここまでの補強は、近年には見られない例だったので生え抜き選手の若手はチャンスが減っちゃうことになるので、ファンとしては少し寂しい気持ちになって方もいることでしょう。

というわけでこの記事では、プロ野球年俸ランキング2017の【巨人編】ということで億を超えた選手をランキングにしてました~!

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017【巨人編】ベスト16~11

巨人の億超え選手年俸2017ベスト16~11はこちらの選手~!

16位:澤村拓一

澤村拓一・巨人年俸2017
⇒1億5000万(5000万増)

巨人の抑えの切り札としてのポジションを確立し、2016年は36セーブを記録した澤村拓一投手。
ときどき特大本塁打を浴びたり、手からすっぽ抜けたボールがスタンドまで行っちゃったりするなどの大ポカがありますが、そこも澤村投手の魅力の一つだと言えそうですね。

それはともかく、2年連続で30セーブ以上は立派。年俸5000万円アップも納得です。

15位:ギャレット

ギャレット・巨人年俸2017
⇒1億6000万(1億4000万減)

2016年に新加入したギャレット選手。
米・パイレーツで長年4番を打ったパワーヒッター。

3億円で巨人と契約しましたが、2016年の成績は打率.258、本塁打24本止まり。

チームとしても優勝できなかったので減額も致し方ないところのようですね。
でも、ハマったときの一発はやはり魅力。2017年の爆発に期待しましょう。

14位:マギー

マギー・巨人年俸2017
⇒1億9300万円
楽天からメジャーに復帰してからも活躍してマギー選手

2013年に楽天の日本一に大きく貢献したことでも有名なので、打力に苦しんだ巨人にとって大きな大砲補強といえるでしょう。
シーズン中にマギー選手の不調がない限りは阿部選手か村田選手のどちらかがベンチ行きになることが予想されますね。

1億9300万円という年俸ですが、出来高で3億4000万円程度にもなるんだとか。

同率12位:森福允彦

森福允彦・巨人年俸2017
⇒2億(8000万増)
2016年オフ、FA権を行使してソフトバンクから移籍した森福允彦投手。

2016年は2年ぶりとなる50試合登板を果たし、2015年の不振を脱出したようです。
移籍によって年俸も大幅アップ。

2017年の巨人は、森福
澤村という勝利の方程式も期待できそうですね。

12位:山口俊

山口俊・巨人年俸2017
⇒2億(1億2000万増)
DeNAからFA権を行使して移籍した山口俊投手。

2016年の山口投手は、ハマのエースとして11勝5敗、防御率2.86の活躍でしたから、この移籍にはDeNAファンから失望の声が上がりましたね。
年俸も大幅アップして、ちょっとヒール的な役回りになってきました。

2017シーズン、先発ローテの一角を担わなければ合わない額ですから、本人のプレッシャーも相当でしょうね。

山口俊選手の情報はこちら 

11位:内海哲也

内海哲也・巨人年俸2017
⇒2億(2億減)
2016年は開幕を2軍で迎えるなど、すっかり調子の上がらないシーズンになってしまった内海哲也投手。
9勝6敗という成績で、これで3年連続1桁勝利というお寒い状況。

チーム最高年俸となる4億円でのプレーでしたが、2017年は減額制限(40%)を超える2億円減での契約更改となりました。
2017年の巻き返しに期待したいものです。

スポンサーリンク

プロ野球年俸ランキング2017【巨人編】ベスト10~6

巨人の億超え選手年俸2017ベスト10~6はこちら~!

10位:村田修一

村田修一・巨人年俸2017
⇒2億2000万(8000万減)

チームで唯一、全143試合に先発出場した村田修一選手。
打率も3割を超え、打点、本塁打ともにチーム最多。ゴールデングラブ賞も受賞しましたから、なかなかいいシーズンだったのではと思いきや、減額更改でしたね。

これは2016年が3年契約の3年目に当たり、過去2年が不甲斐ない成績だったにもかかわらず現状維持だったことの結果だとか。
ベテランに厳しい巨人軍ですね。

9位:菅野智之

菅野智之・巨人年俸2017
⇒2億3000万(1億増)

いまや、誰もが納得の巨人のエース、菅野智之投手。

入団2年で1億円を突破して、3年目の2016年も1億3000万円でのプレーでしたね。

その2016年は2桁勝利に届かず、9勝止まりという成績でしたが、防御率2.01、189奪三振はリーグトップ。
そのあたりが評価されたんでしょうか。ポンっと1億円アップです。
期待料込み、って感じなんでしょうね。

同率7位:クルーズ

クルーズ・巨人年俸2017
⇒2億4000万(現状維持・複数年契約)

ロッテから移籍し、2016年から新加入となったクルーズ選手。

華麗な二塁守備でファンを魅了しましたがサボリ癖があるようで、首脳陣と衝突。
退団説も流れるなど、危機的な状況でしたね。

年俸は複数年契約のため現状維持。どうやらこの複数年契約がくせ者らしく、気持ちが緩んじゃうんでしょうね。
巨人はドラフト1位で吉川尚輝選手という優秀な二塁手を獲得しましたから、来年以降はクルーズ選手ものんびりしてられないと思いますよ。

7位:マイコラス

マイコラス・巨人年俸2017
⇒2億4000万(現状維持・複数年契約)

2015年は13勝と大活躍も、2016年は4勝止まり。髙橋監督の期待を大きく裏切ってしまったマイコラス投手。
複数年契約のため年俸は現状維持です。

2017年は契約最終年ですから、来季もこの状態が続くとちょっとキツいでしょうね。
美人で有名な嫁、ローレンさんのためにももうひと踏ん張りですね。

6位:長野久義

長野久義・巨人年俸2017
⇒2億2500万(5000万増)

巨人の選手会長、長野久義選手です。

2016年は一時4番を打つなど、投打にわたって活躍しました。

32歳と、年齢的な衰えは少し見えてきていますが、毎シーズン安定したプレーを見せてくれる「安心できる」選手ですよね。
一発の魅力が加わるとさらに年俸も大幅アップとなるのでしょうが……。

2017年は本塁打20本を目指してほしいですね。

プロ野球年俸ランキング2017【巨人編】ベスト5

最後の5選手はこちら~!

5位:阿部慎之助

阿部慎之助・巨人年俸2017
⇒2億6000万(6600万減)

2016年は開幕から50試合に出場できず、不本意なシーズンに終わった阿部慎之助選手。

2014年は球界最高となる6億円の年俸をもらっていたわけですが、3年連続のダウン更改。

2017年は2億6000万円と、とうとう坂本勇人選手にも追い越されちゃいましたね。
村田選手もそうですが、巨人はベテランに厳しい評価をしますが、全盛期のイメージがあるだけにまだまだいけるんじゃないかなという思いも強いですね。

そろそろ引退の2文字も見え隠れしますが、最後にもう一花、頑張ってほしいものです。

阿部慎之助は2017で引退?年俸は?若い頃や嫁・石田悠の画像も 

4位:マシソン

マシソン・巨人年俸2017
⇒2億8500万(4500万増)

2016年は70試合に登板して41ホールド。
いずれもリーグトップの成績で、絶対的なセットアッパーとしての存分に働いてくれたマシソン投手。

こんなに計算できる投手は他にいませんから、4500万円増では少ないくらいではないかと。
2017年は、このマシソン、山口鉄也に加え、森福も入団したわけですから、巨人のリリーフ陣はかなり強力になりそうですね。

3位:陽岱鋼

陽岱鋼・巨人年俸2017
⇒3億(1億4000万増)

陽岱鋼選手まで巨人に移籍しちゃいましたね。

年俸が最終的になんと総額5年15億超えとも言われています。

史上初となるFA3人同時補強になったわけですが、5年契約というのが驚きですね、陽岱鋼選手にとっても一気に1億4000万アップということで日本ハムに在籍では不可能な額なのでモチベーションも最高潮に上がってそうですね。

とはいえ、巨人という球団ですから、半端な活躍では何を言われるかわかりませんので、身の引き締まる思いとなってる子でしょう!
それにしても巨人の2017シーズンの巨人は補強選手が全て機能したら他球団からすれば恐ろしい戦力になっちゃいましたね。

2位:山口鉄也

山口鉄也・巨人年俸2017
⇒3億2000万(現状維持・複数年契約)

2008年以来、9年連続で60試合以上に登板している山口鉄也投手。

本当に「鉄也」という名前がぴったりする鉄人ぶりです。

近年、成績的には衰えも見せてきていますが、それでも試合の終盤を安心して任せられる投手の一人です。
2017年でも60試合登板をクリアすれば、日本記録の樹立となります。楽しみですね。

1位:坂本勇人

坂本勇人・巨人年俸2017
⇒3億5000万(1億増)

巨人のキャプテン、坂本勇人選手。

2016年は自信初のゴールデングラブ賞を受賞。打率も4年ぶりに3割をマークしました。

そのプレーぶりと、キャプテンとしてチームをまとめていこうという献身的な姿勢は、年俸1億円増も当然といったところでしょう。
原監督時代は「巨人は阿部慎之助のチーム」と言われましたが、これからは「坂本勇人のチーム」という時代ですね。

さらなる飛躍を期待しましょう。

関連記事

プロ野球年俸ランキング2017【広島カープ編】 

プロ野球年俸ランキング2017【横浜DeNA編】  

プロ野球年俸ランキング2017【日本ハム編】 

プロ野球年俸ランキング2017【福岡ソフトバンクホークス編】 

巨人・まとめ

管理人のまとめ

ということで、プロ野球年俸ランキング2017の巨人編についてまとめてみました~!

凄い補強ということが話題になっていますが、同時に若手の育成と機動力の低下が心配なところでもあります。
仮にこの戦力で優勝したとしても、原・前監督のときのような黄金時代とはいえないのかなと。

つまり世代交代とはいえないチーム編成とうことですね。

昔、4番打者を揃えて優勝できなかったシーズンがありましたが、それに近い印象があります。

年俸ダダ下がりの選手もいますが、モチベーション大丈夫かな?

といっても戦力的には凄いことに違いはありません。

他の球団が巨人をどこまで抑えるのかがセ・リーグのポイントとなりそうなので、注目していきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです