プロ野球2017順位予想【セ・リーグ編】各球団の戦力を比較!

スポンサーリンク

プロ野球2017順位予想・セ・リーグ
プロ野球2017順位予想!

っていうことでセ・リーグの各球団の2017シーズンの順位予想についてピックアップして行きます~!

2016年は広島カープがダントツの優勝だったわけですが、今季は補強面などを考えると各球団も戦力アップしています。

スポンサーリンク

長いシーズンなので、順位予想とかそう当るものでもありませんが、2016年に活躍した若手選手、2017の補強などをバランス的にみたときにどこの球団が有利になるのか分析してみました。

というわけでこの記事では、プロ野球2017のセ・リーグ6球団の注目ポイント、そして順位予想もしてみました~!

ぜひ、ご覧ください~★

広島カープ2017の注目ポイントは?

2016年は若手が一気に爆発して、戦力的にもダントツでしたね。

とはいえ、2年連続で各選手同じ活躍ができるかといえばそうでもありません。ただ、広島カープの強みは主力選手の平均年齢がまだまだ一線級であることかなと。

MVPを獲った新井選手などのベテラン勢を計算に入れなかったとしても、田中選手、菊池選手、丸選手、鈴木選手、野村投手などはまだまだ伸びしろがあるといえますので、まず優勝争いは普通にできてくるはず。

あと、待ち焦がれた塹江投手の期待が大きく、左の絶対的エースと言われるくらいになれば2016年以上の戦力になることも考えれますね。

堂林選手と野間選手の完全復活となれば、他の球団からすればかなり厄介になってくるでしょう。
そこまで上手く機能するわけがありませんが、それだけの選手が育っているということです。

プロ野球2017のセ・リーグでブレイクしそうな選手は? 

何せ、外国人以外は生え抜きで育った選手が全てってところが他の球団にはない強みというか、長年踏ん張って生え抜き育成した結果がこの強いチームを作り上げたんでしょうね。

広島カープ2017スタメンオーダー予想! 

巨人2017の戦力の注目ポイントは?

2016年は2位だったとはいえ、内容的には事実上Bクラスといっても過言ではない巨人

FAで山口俊投手、森福投手、陽岱鋼選手 に加えてマギー選手まで。

2017年はとんでもない補強をされているので、チームの戦力としては格段に上がっていくことは間違いないでしょう

でも、補強した選手が前球団のような活躍が難しいという見方の意見もあります。

戦力的には凄いことにはなりそうなんですが、あとはそこに若手がどれだけ加わってくるかがポイントとなってくるのかなと。

優勝するチームは必ず新たな若手がブレイクしているケースが多いのベテラン勢だけだけはどこかでボロがでるのがプロ野球です。

昨年ブレイクした田口投手が同じような活躍をして野手では岡本選手が何かきっかけを掴むことがでいたら大補強した選手の活躍よりも喜ばしいのではと思います。

巨人2017スタメンオーダー予想! 

横浜DeNA2017の注目ポイントは?

10勝を計算できる山口投手が抜けた穴を、新外国人投手がどこまで穴埋めできるかで大きく変わってくるのかなといったところです。

投手陣については2016年はリーグワースト2位だったというのもあって、3人の外国人投手を補強しています。ここを修正しないと2年連続Aクラスというのは見えてこないかもしれませんね。

DeNAは打力のチームという印象が毎年ありますが、最強の4番・筒香選手やロペス選手へのマークも厳しくなってどうなるかという不安点はあるわけです。

本来、山口投手がいて、投手陣の補強をしないといけない状態かなという感じなので、実際外国人で投手陣を補強してもまだ足りてないといった方がいいのかもしれませんね。

でも、桑原選手、倉本選手の勢いに梶谷選手が復活と考えたら、野手については魅力的なチームだなと思います。

阪神2017の注目ポイントは?

2016年は過去にない若手を試して、2017年はその若手達の覚醒が期待されますね。

補強面での注目はやっぱり糸井選手です。率も残せて、長打があって、足も速くて方も強いってことで期待度は№1です。

2016年の阪神は結果的に足の使える選手がスタメンに安定しなかったので、チームの盗塁数が59に対して糸井選手の盗塁数が53というのもびっくり、、、

糸井選手には長打力もそうですが、機動力に大きな期待を寄せたいですね。

投手陣においては、もともとレベルは高いので中継ぎから抑えが安定すると、普通に優勝争いできる戦力なのかなと。藤浪投手も復調するでしょうし、岩貞投手の勢いが継続すれば驚異的な投手陣になるでしょう~

2016年にブレイクした高山選手、北條選手、原口選手はシーズン通して出場することが、未来に繋がりますし、あくまでも主役は生え抜きであってほしいのが願いです。

あと、鳥谷選手がショートのポジション奪取を公言されてますが、出来ることなら北條選手と併用となった方がチームとして大きなプラスとなるのかなと。つまりどちらかがセカンドに回るということです。

まぁ、ルーキーの大山選手がどこまで即戦力として使われるかによって大きく変わってきますから、金本監督の采配が楽しみにですね。

阪神2017スタメンオーダー予想! 

ヤクルト2017の注目ポイントは?

ヤクルトには史上初となる、2年連続でのトリプルスリーを達成した山田哲人選手がいますが、2016年チーム防御率4.73は12球団でワーストということで投手陣が何よりもの課題となります。

DeNAと同じく打力のチームなので、投手陣の再建だけで完全に優勝争いできるチームになりそうなので、勿体無い感じはします。

優勝した2015年は中継ぎROB(オンドルセク投手、ロマン投手、バーネット投手)と呼ばれた鉄壁な3人がいたわけですから、先発含めた中継ぎ陣の改善が次第といったところでしょうか。

抑えに転向した秋吉投手が計算できるのが心強いのかなと。

ここで高卒ルーキーの寺島成輝投手が先発を務めることなんてあれば、ヤクルトにとって大きな財産になりますね。

中日2017の注目ポイントは?

低迷期に入っていますが、平田選手と大島選手の残留は中日とって戦力補強に等しいのではないでしょうか。

野手では、高橋選手や福田選手といった楽しみな選手もいますが、中日の黄金時代といえば「投手王国」です。

2016年、投手の個人成績で上位にほぼいないっていうことが落合博満さんが監督だったときと比べたらあり得ないですね。

ここで、期待されるのがルーキーの柳裕也投手です。1年目から飛躍しそうな雰囲気がプンプンするのは気のせいでしょうか?

現在、中日の投手陣を考えたら柳投手は普通に先発ローテに入ってくるはずなので、大きな戦力になるのかなと。

中日2017スタメンオーダー予想!

プロ野球2017順位予想【セ・リーグ】優勝はどこ?

とりあえず、セ・リーグ6球団の2017シーズンの戦力についてまとめてましたが、順位予想はこんな感じの並びになりました。

■1位:巨人

■2位:阪神

■3位:広島

■4位:横浜

■5位:中日

■6位:ヤクルト

というわけですが、

やっぱり2017年に大補強した選手が機能すれば巨人が有力なのかなという印象が強いです。

巨人は生え抜きの育成を無視というのはないですが、主力組の衰えはどうしてもここ数年目立っているのでここまでの補強に繋がっているのかなといったとこです。

阪神については、糸井選手を獲得したことはもちろん凄い補強ですが、昨年に覚醒しそうな若手が数名出てきているのでその選手がシーズン通して機能すれば優勝争いは固いかなと。

若手が中心選手に成長すれば、2017年だけじゃなく今後に向けて生え抜きを中心としてチーム編成なっていく可能性が考えられますので楽しみな球団ですね。

広島カープも当然優勝争いに加わってくるはずのチームではあります。

主力の若手に加えてベテラン勢が昨年ほどの活躍ができるかといえば微妙な感じはします。ジョンソン投手は十分に計算できますが、野村投手のブレイク2年目のジンクスが気になるところでもあるかなと。

黒田投手という柱が引退したことは数字以上の損失も隠せない時期が出てくるんじゃないかなという見方もできるわけです。

下位の球団はAクラス組を比べて投手陣が弱いので、計算できないのが大きな理由ですね。

並べてみたら巨人がずば抜けた選手補強なので普通に考えたら独走モードになりそうなわけで、他の球団がどれだけ巨人を止めるのかというシーズンにもなりそうですが、実際にはどうなっていくんでしょうね。

プロ野球2017のセ・リーグは終盤までもつれると思いますが、夏場に勢いが出てきた球団が有利かなと思うのでそこに注目していきたいと思います。

関連記事

プロ野球2017順位予想【パ・リーグ編】 
プロ野球・まとめ 

管理人のまとめ

ということで、プロ野球2017・セ・リーグの順位予想についてまとめてみました。

総合的に見て巨人が頭一つ抜けるわけですが、これまで資金力のある球団が大補強して失敗するケースもよくあります。

2016年の広島カープは別にしてここ数年セ・リーグの各球団はどこも大差はないように思えますので前半戦5割をキープしてる球団なら、全然わからないシーズンになると思います。

今回の巨人大補強劇には、びっくりしましたが巨人が優勝争いしないとプロ野球も盛り上がりに欠けるので、最後まで良い戦いを期待したいですね。

プロ野球2017のセ・リーグはどこが優勝するのか、最後まで注目していきます~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

関連記事

  1. 岩坂名奈選手
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA