プロ野球2017期待の若手は?ブレイク候補一覧【セ・リーグ編】

 

プロ野球2017・期待の若手・ブレイク
プロ野球2017!

セ・リーグの期待の若手ブレイクしそうな選手をピックアップしています~!

2016年のセ・リーグは広島カープ一色のシーズンだったように思いますが、2017年は各球団も戦力アップしてくるでしょうし、同じようにはいかないでしょうね。

球団によってはありえない補強に成功しているのでそこは脅威ではあります・・・

でも、やっぱり気になるのが

期待の若手

ではないでしょうか?

1つのチャンスを掴めば一気にブレイクしそうな選手は沢山います。

とういうわけでこの記事では、

プロ野球2017のセ・リーグで

ブレイクしそうな期待の若手は?

っていうテーマでピックアップした選手を一覧にまとめてみました~!

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

塹江敦哉・広島カープ

塹江敦哉・広島カープ
2014年ドラフト3位で、香川県の高松北高から入団した左腕・塹江敦哉投手。

2年目の2016シーズン、優勝を決めた後のシーズン最終盤に一軍初登板。

その初球を巨人・長野久義選手に本塁打されるなど、散々なデビューとなりました。
でも、フレッシュオールスターでは159キロの速球を投げるなど、将来性はたっぷり。
2017年の飛躍が期待されています。

野間峻祥・広島カープ

野間峻祥・広島カープ
2014年ドラフト1位の野間峻祥選手。

俊足強肩の外野手です。
ルーキーイヤーの2015年はシーズンを通して一軍で活躍し、「隙あらば野間」のフレーズも生まれましたね。
打率.241、10打点、7二塁、6三塁打、8盗塁と俊足ぶりを見せつけました。

得意の外野守備でもリーグ4位となる6捕殺。新人としては上々のスタートです。

でも2016年は「2年目のジンクス」でしょうか、シーズンの大半が二軍生活。

25年ぶりの優勝に貢献できませんでしたが、来季の復活が望まれています。

西川龍馬・広島カープ

西川龍馬・広島カープ
2015年ドラフト5位で社会人の王子製紙から入団した西川龍馬選手。

走攻守のバランスがいい、将来性あふれる内野手です。

名門・敦賀気比では1年からレギュラーをはり、3年時はセンバツで甲子園にも出場しています。
ルーキーイヤーは39試合で守備につき、失策1でした。

広島は伝統的に力のある内野手が多くいますが、西川選手も丸選手や菊池選手の背中を見て大きく成長していくはず。

期待しましょう。

岡本和真・巨人

岡本和真・巨人
2014年ドラフト1位。
入団時は注目を集めた岡本和真選手ですが、ベテラン村田修一選手からポジションを奪うことができず、なかなか出場機会に恵まれません。

2年間で20試合に出場し、通算打率は.184。プロの壁にぶち当たっている感じですね。

2017年は3年目。本人も、そしてチーム首脳陣も、覚醒を期待しているでしょう。

ファンも期待していますよー。

岡本和真(巨人)の彼女や出身中学は? 

吉川尚輝・巨人

吉川尚輝・巨人
2016年ドラフトのハズレ1位が、中京学院大出身の吉川尚輝選手です。

ミート力がよくシュアなバッティングが身上で、50m5秒7という俊足も大きな魅力。
大学では1年から遊撃のレギュラーでした。

巨人の遊撃には坂本勇人選手というビッグネームがいますから、すぐにポジションを奪うことは難しそうです。
まずは体をつくって、プロのスピードに慣れることが大事でしょうね。

その上で、大学の先輩、広島の菊池涼介選手のような内野手を目指してほしいですね。

吉川尚輝(巨人)は背番号0!彼女は?亜細亜大を退学・中退?

白根尚貴・横浜DeNA

白根尚貴・横浜DeNA
2012年プロ入り。2015年オフに年ソフトバンクで育成枠に入ったことで退団。

12球団合同トライアウトを経てDeNAに入団した苦労人です。

島根県の開星高時代は100キロを超える巨漢で「島根のジャイアン」の異名もあったとか。

高校通算40本塁打の実績でプロ入りしたが、ケガが多くここまで活躍できずにいますね。
2016年も一軍出場はわずか3試合ですが、チャンスの多いチームだけに、飛躍を期待しましょう。

スポンサーリンク

高城俊人・横浜DeNA

高城俊人・横浜DeNA
2011年ドラフト2位で、九州国際大付属校から入団。

プロでもトップクラスの強肩と、力強いスイングが魅力の捕手、高城俊人選手です。

ルーキーイヤーからコンスタントに試合に出場し続けており、2016年も戸柱恭孝選手に次ぐ2番手として、47試合に出場しています。

山口俊投手とよくバッテリーを組んでいましたが、山口投手は巨人に移籍。高城選手にとってもこれからが勝負ですね。
自慢のパワフルなバッティングを磨いて、2017年は正捕手の座を奪取したいところ。

望月惇志・阪神

望月惇志・阪神
2015年ドラフト4位で、横浜創学館高から入団。
2016年10月の巨人戦、4番手投手として登板し一軍デビューを果たしました。
身長188センチから投げ下ろす速球は最速153キロに進化。身長を活かしたスプリットなどの変化球も得意で、打者を翻弄します。
タイプとしては先発型なので、2017年はローテーションの狭間などで実績を積み、年間を通して一軍にいられることが目標かな。
がんばれー!

望月惇志(阪神)の出身中学や彼女は?兄と両親や横浜創学館時代も 

江越大賀・阪神

江越大賀・阪神
2014年ドラフト4位の江越選手。

ルーキーイヤーから一軍で活躍を見せ、2年目の2016年も、シーズン序盤は4試合連続本塁打などでファンを喜ばせましたね。
が、調子を崩すとなかなか元に戻せず、昇降格を繰り返す形になります。

結果、2016年は打率.209、7本塁打、20打点。

右の大砲としての魅力はありますが、常に安定した力を発揮できるようになることが、江越選手ブレークの条件ですね。

植田海・阪神

植田海・阪神
2014年ドラフト5位で、日本航空高から入団した植田海選手。

2015年は一軍出場なし。2年目の2016年は代走で1試合の出場にとどまっています。

2016年から俊足を活かすためにスイッチヒッターの練習も始めており、早く西岡剛選手のような内野手になってほしいものです。

オフにはWBSC U-23ワールドカップの日本代表に選出され、大会の盗塁王になっています。

山崎晃大朗・ヤクルト

山崎晃大朗・ヤクルト
日大から2015年ドラフト5位で入団した山崎晃大朗選手。

俊足、強肩、巧打のバランスのとれた外野手です。

首脳陣から打撃面で高い評価を得ているようですが、1年目の2016シーズン、一軍公式戦出場は7試合にとどまっています。

2017年も守備固めや代走などで出場機会をうかがい、徐々に結果を出していってほしいですね。

廣岡大志・ヤクルト

廣岡大志・ヤクルト
智辯学園高から2015年ドラフト2位で入団した廣岡大志選手。

高校時代は甲子園でも本塁打を放つなど、積極的な打撃が魅力の大型内野手です。

ルーキーイヤーは、9月のDeNA戦に8番遊撃でスタメンデビュー。

先発の三浦大輔投手から、初打席初本塁打(3ラン)を放って、その勝負強さを首脳陣に印象づけましたね。
2017年は出場機会も増えると思いますよ。

スポンサーリンク

小笠原慎之介・中日

小笠原慎之介・中日
東海大相模高で日本一投手となった小笠原慎之介投手。

ルーキーイヤーの2016年は、12試合に先発して2勝6敗、防御率3.36という成績でした。

高卒ルーキとしては“まあまあ”ですが、首脳陣の期待値も高いので“まだまだ”でしょうね。

シーズン終了後に左ひじの手術を行っているので、来季開幕に間に合うのかどうか少し心配です。

小笠原慎之介(中日)の彼女は?出身中学や弟は?球種や評価も! 

柳裕也・中日

柳裕也・中日
2016年ドラフト1位。明治大学、そして大学日本代表のエース、柳裕也投手です。

最速148キロと言われるストレート、それにカーブ、カットボール、チェンジアップなどの変化球を織り交ぜて打者を三振に斬ってとります。

明治大→中日といえば、あの星野仙一さんや川上憲伸さんも歩んだ黄金ルート。

周囲は、将来の中日のエースとして期待しますので、本人も意識を高く持って精進してほしいですね。

柳裕也(明治大)の出身中学は?母子家庭?彼女やドラフトの進路も! 

金子丈・中日

金子丈・中日
2014年ドラフト9位で入団した金子丈投手。

育成枠を除けば、12球団最後の指名でしたね。
マウンド度胸満点で、どんな場面でもフォークを投げられると本人の弁。

先発、中継ぎ、抑えと、どこでも投げられるユーティリティピッチャーであることも強みです。

ルーキーイヤーは10試合に登板しましたが、2年目の2016年は1試合にとどまりました。
自慢のフォークボールはどうなってしまったのでしょうか。

来季の復活が望まれますね。

関連記事

プロ野球2017期待の若手は?ブレイク候補一覧【パ・リーグ編】 
プロ野球・まとめ 

管理人のまとめ

以上、今回はプロ野球2017のセ・リーグでブレイクしそうな期待の若手選手に注目していみました。

セ・リーグの傾向を見ると、やはり生え抜き選手がよく育つのは広島カープです。

2016年はぶっちぎりの優勝でしたけど、2017年も優勝争いに入ってくるだろうなという感じはしますね。

優勝するチームは必ず新たなニューヒーローが登場するものです。

広島カープの神ってる鈴木選手のように~!

次は誰がブレイクするんでしょうね?

この記事で紹介した若手選手が2017年に飛躍することを期待したいですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 増田珠・横浜
  2. 廣岡大志・ヤクルト
  3. 永井姉妹07
  4. プロ野球契約更改2017・ソフトバンクホークス
  5. 公家響
  6. 高橋昂也 (2)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです