陽岱鋼が巨人移籍で人的補償・プロテクトは?契約金や台湾の反応も

 

陽岱鋼・人的補償・プロテクト
陽岱鋼選手がFAで巨人に移籍決定!

巨人の補強が凄いことになっていますね!

ということで、人的補償やプロテクトが気になるところですが、すでに巨人は日本ハムからトレードで吉川光夫投手石川慎吾選手を獲得

そして、FAで横浜DeNAの山口俊投手、ソフトバンクホークスの森福允彦投手に加えて元楽天のマギー選手を獲得が決まっています。

山口俊投手と森福允彦投手をFAで獲得しており、1シーズンに獲得できるFA選手は2人までとなりますが、森福投手はCランクなのでカウントされないというわけです。

なので、

巨人は陽岱鋼選手を獲得すると史上初の1シーズンのFA3選手を補強となるわけです。

2年連続で優勝を逃しているとはいえ、過去の補強大好き巨人に戻っている感じなので生え抜きを希望するファンからすれば残念な思いがあるかもしれませんね。

巨人が陽岱鋼選手を獲得となると日本ハム側も「人的補償」が濃厚と思われるので、これまた賛否両論の意見が分かれてくることでしょう

というわけでこの記事では、陽岱鋼選手が巨人にFA権移籍した場合の人的補償やプロテクトリスト予想、契約金や台湾の反応についてもまとめていきます~!

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

陽岱鋼が巨人にFA移籍でプロテクト28選手は?

巨人は今回、横浜DeNAから山口俊投手、ソフトバンクから異例のFA補強となっているわけですが、すでに山口俊投手のFA移籍に伴うプロテクトが優先されています。

横浜DeNA側に巨人に対しての補償が済んでから、陽岱鋼選手について日本ハム側との交渉になるでしょう。

今回、山口俊投手の場合も陽岱鋼選手の場合も巨人側がプロテクトする選手は、ほぼ被っていることだと思います。

なので、巨人のプロテクト予想についてはこちらの記事を参照ください~☆彡
巨人がプロテクトする28選手は誰?

序文で書いたように森福投手がCランクだったので、史上初となるFAで3選手獲得となったことで巨人はプロテクトリストを同じシーズンオフに2球団に提出しないといけないわけです

もしかしたらどちらかの球団が金銭補償を選ぶかもしれませんが、可能性的には人的補償の方が高いかなと思いますね。

これで巨人の若手選手のチャンスが一気に激減してくるでしょうし、先を考えたら生え抜き選手の成長がまた遅くなってきそうな感じはあります。

原監督が二度目の監督を引き受けたときのように、時間かかってもいいから生え抜き選手を育てることに優先させるような方針は完全に消えてしまったんでしょうか。

今回の補強で一気に戦力アップすることは事実ですが、今期待されている若手からすれば野球人生を大きく左右するきっかけにはなりそうですね。

陽岱鋼が巨人にFA移籍で人的補償は誰?

陽岱鋼選手を以前オリックスが狙っていたときのデータをみると、日本ハムは機動力を重視しています。

なので既に山口俊投手用のプロテクトリストと違った俊足選手を多めにプロテクトしていくんじゃないかと思います。

日本ハムは2016年の盗塁数は132で12球団でトップなのに、俊足選手を重視するところに少しは疑問が残りますが、機動力野球を目指す上で1人でも多くの足の早い選手が必要なんでしょうかね~

陽岱鋼選手は盗塁王も獲得したことがあるくらいの俊足ですが、2016年はたった5盗塁です。

なのにチーム盗塁数が132は凄いですね。

という感じで、陽岱鋼選手のFA移籍で日本ハムは俊足選手を狙ってくることを踏まえて、巨人からプロテクト漏れするであろう選手の中から日本ハムが欲しそうな人的補償選手を予想してみました~!

藤村大介

藤村大介・人的補償
2016年:5試合/打率.000/本塁打0/打点0
通算成績:294試合/打率.226/本塁打0/打点27

鈴木選手して巨人の俊足選手といえば、藤村選手が思い浮かびますね。

過去に盗塁王を獲得してるだけに、機動力を更に強化したい日本ハムにとってはベストな選手なのではないでしょうか。
プロテクト漏れなら真っ先に日本ハムは狙ってきそうです。

寺内崇幸

寺内崇幸・人的補償
2016年:55試合/打率.129/本塁打0/打点1
通算成績:587試合/打率.217/本塁打4/打点33

33歳という年齢ではありますが、守備のユーティリティーに優れておりスーパーサブとして良い活躍ができる選手です。

平均年齢が若い日本ハムにとって寺内選手はいい見本となってチームの底上げにもなってくるでしょう。

吉川大幾

吉川大幾・人的補償
2016年:50試合/打率.176/本塁打0/打点1
通算成績:131試合/打率.200/本塁打0/打点6

内野はどこでも守れて、外野でも強肩という武器があります。

俊足で年齢的にも若いので、プロテクト漏れリストが濃厚でもありますから機動力をポイントとして考えた場合、日本ハムの構想にぴったりなタイプですね。

覚醒する可能性があるだけに、もし放出となれば勿体無い気はしますがどうなっていくんでしょうか。

追記:陽岱鋼の補償は金銭補償!

陽岱鋼選手の人的補償のことで、注目を集めていましたが、日本ハム側は金銭補償を選ぶこととなりました。

陽岱鋼選手の昨年の年俸が1億6000万円に対して、金銭補償ルールの60%となる9600万を巨人側から支払われるわけですが、巨人側からすれば山口俊投手の人的補償で平良投手が放出となったので、今回の補償は金銭で良かったのかなと。

陽岱鋼選手に代わる選手を補強って考えたら、なかなかいるものではありませんが、日本ハムは選手育成のレベルが高い球団なので若手のチャンスが広がってまた新たなスターが誕生していく気配がします。

陽岱鋼選手の巨人での活躍にも期待したいですね。

スポンサーリンク

陽岱鋼の契約金は?台湾の反応も

陽岱鋼選手は巨人に移籍が決まって、年俸が4年総額10億円と言われています。

日本ハムの最終シーズンの1億6000万円だったので、巨人に移籍後の年俸は9000万アップの2億5000万ですからさすが巨人といったところでしょうか。

そして、FA宣言した選手は別で契約金があります。

FA宣言した選手は年俸とは別に契約金を得ることが出来る。前球団に残留する場合は上限無し、移籍した場合は翌シーズンの年俸の半額が契約金の上限となる。契約内容によっては契約金無しの場合もある。

ということなので、陽岱鋼選手は翌年の年俸が2億5000万ですから契約金が上限は1億2500万です。

はっきり公表はありませんが、4年10億円に契約金ありって考えたら凄いですよね。

巨人に入団が決まる前には出来高払いの話もあったようなので、少なくとも4年10億円以上ということは間違いなさそうです~

追記:実際には5年総額15億円超に引き上げられたそうです。

しかし、巨人は今回の補強でいくら使うことになるのか計算したら凄い額になっているんでしょうね~

あと、陽岱鋼選手の母国である台湾の反応がどうなっているのかもチェックしてみました。

台湾はセ・リーグの試合を放送できない!?

台湾は日本のプロ野球に関心をもっているということで、FOXスポーツ台湾は2016シーズンから3年間、パ・リーグ6球団と締結しています。

そこで肝心の陽岱鋼選手がセ・リーグで移ったことで、FOXスポーツ台湾は放映権をまた別で買わないといけないわけです。

現に今季の日本シリーズは放映権料が高すぎて台湾では放送されなかったみたいですからね。

パ・リーグと3年契約したFOXにとっても、当時から陽岱鋼選手がFA移籍してもソフトバンクが濃厚と言われていましたのでかなり意外ったはずです。

ただ、巨人側としても開拓のことを考えると放映権料を安くしても台湾への認知をさらに上げたい考えがありますので、主催ゲームは台湾でも放送されることが濃厚だと言われてます。

問題がビジターゲームです。

長いペナントレースの半分がビジターになるわけなので、何球団が賛同してくれるかですね。

パ・リーグと違ってセ・リーグは足並みが揃わないところが問題視とされているようで、特に地元の民放局である広島カープと契約をとるのが難しいと言われています。

台湾メディアが日本野球に関心を抱いているのは紛れもなく陽岱鋼選手なので、日本のプロ野球の今後を考えたうえでも、セ・リーグもパ・リーグのように締結できればいいですね。

今後、台湾のスター選手がより一層日本でプレーしやすくなるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

阪神プロテクトリスト予想

巨人プロテクト予想2016! 

楽天プロテクト予想
 
巨人・まとめ

管理人のまとめ

ということで、陽岱鋼選手が巨人にFA移籍したことによって、人的補償やプロテクト、契約金と台湾の反応についてまとめてみました。

改めて巨人の金銭力には脱帽ですね。

果たして日本ハムは「金銭的補償」と「人的補償」のどちらを選ぶんでしょうね。

日本ハムは機動力に更に厚みをかけるということですが、優勝と日本一を達成した今季は

チーム打率
チーム本塁打数
チーム防御率
チーム盗塁数

がリーグトップなので、そりゃ強いわけです(笑)

山口俊投手の獲得でDeNAにも人的補償選手で流出が確実ですので、同時に巨人は2選手を人的補償で失う可能性が高そうですね。

今後も陽岱鋼選手がFA移籍したことでの補償について注目していきたいと思います~

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. プロ野球契約更改2017・ヤクルト
  2. 中田翔
  3. 初瀬亮 (2)
  4. 斎藤佑樹・戦力外2017
  5. リオ五輪女子バレーボール美人ランキング
  6. 宮台康平・東大
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです