中日2017スタメンオーダー予想!助っ人外国人や開幕投手も

 

中日2017スタメンオーダー予想
プロ野球2017が開幕するわけですが、近年もっともチーム状態がよくない球団といえば

中日ドラゴンズといえるのではないでしょうか。

中日の黄金時代といえば、落合博満さんが監督のときで、常に先発、中継ぎから抑えまでが安定してて鉄壁の投手陣だった印象が強いです。

まぁ、ナゴヤドームという球場を考えても中日は守りの野球が理想的になってくるはずなのですね

そんな中日の黄金時代にコーチを務めていたのが森新監督です。

当時の投手王国復活といきたいところですね!

というわけでこの記事では、中日ドラゴンズ2017スタメンオーダー予想と助っ人外国人、開幕投手と先発ローテについてもまとめていきます。

ぜひ、ご覧ください~★

スポンサーリンク

中日2017スタメンオーダー予想!

ひとまず、中日2016のスタメンオーダーを振り返っていきましょう~!

1番(中)大島

2番(二)荒木

3番(遊)遠藤

4番(一)ビシエド

5番(右)平田

6番(左)藤井

7番(三)高橋

8番(捕)桂

こういう並びのオーダーだったわけですが、序盤はビシエド選手の破壊力に圧倒された感があってどれだけホームランを放つのか注目されましたが、怪我が痛かったですね。

結果的にはチーム打率.245でリーグワーストなので、とても機能していたとはいえません。。

野手で合格なのは、大島選手くらいなのかなと。FA移籍しなかったことが本当に戦力に等しいですね。

投手陣についてもチーム防御率3.65はリーグ4位でとくに36年ぶりに2桁勝利がいないわけですから、最下位でも仕方ないという感じはあります。

そう考えると投手王国時代が嘘のように思えますが、一番は“若手が育たない”ということが明らかにわかりますね。

こちらの記事にもありますが、最近でまともに成長した投手といえば、又吉克樹投手と祖父江投手だけなので無理もないのかなと。

そんなわけで、中日の2017年スタメンオーダー予想はこんな感じで並べてみました~!

1番(中)大島

2番(遊)京田

3番(二)ゲレーロ

4番(左)ビシエド

5番(一)福田

6番(右)平田

7番(三)高橋

8番(捕)杉山

変わっていかないといけないということで、昨シーズンの終盤から新戦力を含めたスタメンオーダーはこんな感じになりました。

やっぱり注目は福田選手です。
昨シーズンの終盤は主に4番を務めて、大きな自信となったはず。

福田選手の2017年は一塁で勝負すると言われているのでビシエド選手と競争になると言われているんですよね。

ですが、この競争はあまりにも勿体無いというか併用で使っていくべきかなという視点であえてビシエド選手はレフトに置いています。

ビシエド選手も外せませんし、だからといって4番候補の福田選手も外すのはチームにとってプラスにはならないと思いますから。

あと、ルーキーの京田選手です。プロ10年目に過去最高のシーズンを送った堂上選手とのポジションを争いになりそうですね。

本来なら堂上選手なんでしょうけどチームの再建をかんがえたときに野手の勢いある若手が出場するのはチームにとって勢いがでるわけなので、あえてここは京田選手を推薦したいなと。

そして、2000本安打を目前にした荒木選手の前に立ちはだかった助っ人ゲレーロ選手。

ゲレーロ選手は内野と外野の両方を守れるということですが、チーム状況を考えて二塁での勝負となるようです。

まぁ、新外国人助っ人なので開幕はスタメンで使わることだと思います。もしゲレーロ選手が絶好調のまま試合に出続けたら荒木選手の2000本安打が遅れたりするかもですが、そんなこといってられる球団でもないですしね。

2016年のスタメンオーダーと比べて、結構変更されていますが現状ポジションが固定されているのは大島選手だけといっても過言じゃないわけです。

なので、ぎりぎりまでどうなるかわかりませんが2017年は今までと違った形を少しでも見せて欲しいなと思います。

スポンサーリンク

中日2017の新外国人は?

中日2017は投手と野手ともに新外国人が補強されていますので順に紹介していきます~!

アレックス・ゲレーロ

アレックス・ゲレーロ・中日
MLBで2年間プレーしたキューバ出身のアレックス・ゲレーロ選手

本来ポジションはサードとレフトがメインでしたが、森監督はゲレーロ選手を二塁に配置すると公言しています。まぁ得点力不足解消にはもってこいの選択かもしれません。
2015年にはメジャーで11本のホームランを記録しているだけに、長打の少ない中日にとっては大きな補強ができたのかなと。

2017年はビシエド選手、福田選手もかなりの期待ができるだけに、昨シーズンホームラン数がリーグワーストの中日にとってゲレーロの加入は大きなプラスになりましたね。

エルビス・アラウホ

エルビス・アラウホ・中日
アラウホ選手はベネズエラ出身で身長がなんと2メートル!

2015年にメジャーデビューを果たして、通算72試合登板されています。

武器は最速150キロのストレスにスライダーとチェンジアップもあるんだとか。
アラウホ投手はリリーフで起用されるということなので、抑えになる可能性も高いですね。

田島投手との守護神争いも見ものになってきますが、チームの未来を考えたらアラウホ投手がセットアッパーに回る方がいいのかなっていう印象はあります。
ただ、本人は先発もしたいそうなのでチームの状態によっては先発に回るかもしれませんん。

何やら、アラウホ投手は日本のアニメが大好きで漫画家の鳥山明さんに会いたいんだとか(笑)

まぁ、それも実績を残せば夢ではないかもしれませんよ?

まずは、結果を残して貰わないとですね~

ホルヘ・ロンドン

ホルヘ・ロンドン・中日
アラウホ投手と同じくベネズエラ出身のロンドン選手

160キロ近くの球速が武器で、中継ぎとして期待されているようです。

メジャーでの実績はありませんが、2016年は3Aで

43試合:6勝4敗12S

という成績を残していますし、マイナーでも通算で41試合の先発登板という実績がありますので、シーズンとして先発ローテとして活躍して貰わないと。

アラウホ投手とのベネズエラコンビが勝利の方程式となっていきそうですね。

スポンサーリンク

中日2017の開幕投手は?先発ローテも

中日2017の開幕投手に相応しい実績を2016年に残した投手はいませんが、成績などや森監督の期待の情報を見る限り、

開幕投手は大野雄大投手

になってくるんじゃないかと思います。

昨シーズン飛躍した、若松投手も開幕投手に名乗りを上げていますが、森監督が計算してる各投手の勝利数ノルマを見ると大野投手が妥当かなと。

そして、先発ローテーションはこちらの6投手でスタートするんじゃないかと予想します。

①大野雄大
②若松駿太
③吉見一起
④小笠原慎之介
⑤小熊凌祐
⑥バルデス(ジョーダン)

森監督は大野投手への期待度はもちろんのことですが、吉見投手をキーマンに上げています。吉見投手の実績は申し分ないということで、投手陣のまとめ役としても重要なポジションを担うことになっていきそうですね。

勢いある、若松投手と小笠原投手も先発ローテは固いと思いますが、森監督は実績がまださほどない小熊投手も先発の柱を見ているようです。

さすが投手王国を支えただけに見てる視点が違うのかもしれませんね。

バルデス投手とジョーダン投手も先発ローテには入ってくると思いますが、森監督の策略もあると思うので第一週目についてはどちらかが外れるのかなという見方もできるわけです。

柳裕也に注目

柳裕也・中日
なんといっても、期待はゴーデンルーキーの柳投手です。

上の先発ローテーション組には入っていませんが、キャンプやオープン戦である程度形になれば普通に開幕ローテには入ってくるはず。

今回のドラフトでは、田中正義投手などハイレベルの投手陣でしたけど個人的には柳投手が一番やってくれるんじゃないかと見ています。

あのカーブは魅力的かなと。今の時代の野球では珍しいタイプですので、森監督も相当な期待を寄せていることでしょう。

たとえ、柳投手は開幕ローテに入らなかったとしても必ずシーズン途中からでも1軍のマウンドに登場してくるはずなので、かなり期待したいですね。

開幕が楽しみです!

柳裕也投手の情報はこちら 

関連記事

プロ野球2017・各球団のスタメンオーダー予想の関連記事
阪神2017スタメンオーダー予想!

巨人2017スタメンオーダー予想!

広島カープ2017スタメンオーダー予想!

ソフトバンク2017スタメンオーダー予想!外国人補強や開幕投手も 

中日ドラゴンズの関連記事
中日・まとめ 

管理人のまとめ

ということで、2017年の中日ドラゴンズのスタメンオーダー予想、助っ人外国人と開幕投手などについてまとめてみました。

とにかく中日は暗黒時代に突入してしまっているので、森監督がきっかけに1年目からこの悪循環に終止符を打ちたいところでしょう。

中日=鉄壁の投手陣

になれないと優勝争いはないはずなので、森監督の采配が楽しみですね。

もともと投手コーチなので監督の立場になってからでも投手に対しての注文は多くなってきそうですけど(笑)

柳投手、活躍しそうな雰囲気がかなりあります!
投手陣については柳投手に注目していきたいなと!

あと、福田選手と高橋選手の覚醒もそろそろ見てみたいなという気もしますが、野手では大島選手と平田選手以外の若手で誰かブレイクしてほしいところ。

選手がいるだけに2017年は久々のAクラスに期待したいなと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高橋昂也 (2)
  2. フィギュアスケートランキング
  3. 藤平尚真 (2)
  4. 阪神ドラフト2016
  5. 日韓女子ゴルファー
  6. アドゥワ誠 (2)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです