プロ野球契約更改2017【オリックス編】注目選手の年俸一覧まとめ

 

プロ野球契約更改2017・オリックス
プロ野球契約更改2017!

今回は、オリックス編です。

2015年の30億円補強が大失敗に終わってしまったのが印象的ではありますが、2016年はチーム打率とチームは防御率リーグワーストで順位も最下位に終わっているので完全にチーム再建を求められる結果となっていますね。

でも、資金力の強い球団でもあるので年俸は22億1357万(2016年)で12球団のなかでも4位です。

コストパフォーマンスは、最も悪い球団といってもいいかもしれませんが実力のある選手が揃っているだけに来季は優勝争いに参加したいところでしょう~!

というわけでこの記事では、プロ野球契約更改2017のオリックス・バファローズの注目選手の年俸一覧についてまとめていきますのでご覧ください~★

スポンサーリンク

金子千尋

オリックス契約更改2017・金子千尋
2016シーズン成績:24試合/7勝9敗/防御率3.83
2016シーズン年俸:5億

2017シーズン年俸⇒5億(現状維持・複数年契約)

プロ12年目、言わずと知れたオリックスのエースですが、2015年、16年と、ケガの影響で思うように活躍できず、2年連続で1桁勝利に終わっています。
しかも今年は負け越し。

でも、シーズン中には通算100勝を達成。

この記録を球団史上最少タイとなる敗戦数(通算56敗)で到達しているあたりは、やはり実力者たる由縁ですね。
2017年は3年ぶりの2ケタ勝利を期待しましょう。

中島宏之

オリックス契約更改2017・中島宏之
2016シーズン成績:96試合/打率.290/8本塁打/47打点
2016シーズン年俸:3億5000万

2017シーズン年俸⇒(3億5000万現状維持・複数年契約)

MLBから戻り、オリックスに所属して2年目の中島宏之選手。

以前の西武時代はスマートな印象だったのに、アメリカに行ってからはでっかくなっちゃいましたね。
で、2016シーズンはDHや三塁手として起用されることが多かったです。

でも、故障やバッティングの不調で3回も二軍落ち。なかなか思い通りに活躍できない一年でしたね。

それでも通算1500安打を記録し、打率も3割目前まで戻し、力を見せました。
2017年は、もう少し体を絞ったほうがいいんじゃないかなあ……。

平野佳寿

オリックス契約更改2017・平野佳寿
2016シーズン成績:58試合/4勝4敗/防御率1.92
2016シーズン年俸:3億

2017シーズン年俸⇒3億(現状維持・複数年契約)

オリックスは、試合終盤にこの人が出てくれば勝ちパターンですね。
そう平野佳寿投手。

過去には最優秀中継ぎ投手賞、最多セーブ投手をそれぞれ1回ずつ受賞しています。
2016年も安定した活躍を見せてくれました。

2015年は少し調子を落としましたが、もう7年もクローザー、あるいはセットアッパーとして活躍し続けているのですから、大したものです。
2017年も、試合の締めは任せましょう。

T-岡田

オリックス契約更改2017・T-岡田
2016シーズン成績:123試合/打率.284/20本塁打/76打点
2016シーズン年俸:6400万

2017シーズン年俸⇒1億円(3年契約)

オリックス期待の大砲・T-岡田選手も、もう11年目。

2010年には本塁打王を獲得していますが、それ以降はタイトルになかなか手が届きませんね。

2016シーズンも序盤は少し調子が悪かったようですが、5月以降はほぼクリーンアップを担いました。

本塁打20本はチームトップとはいえ、ファンからすればやはり物足りないのでは?

新たに3年契約を用意されているということで、2017年の奮起を期待したいですね。

西勇輝

オリックス契約更改2017・西勇輝
2016シーズン成績:26試合/10勝12敗/防御率4.14
2016シーズン年俸:1億2000万

2017シーズン年俸⇒1億3000万円

2011年以降、しっかり先発ローテの一角を担ってきた西勇輝投手。

2016年も3年連続となる2桁勝利はキープし、それなりの存在感は示しました。

しかし、10勝12敗の負け越し。しかも防御率と与四球数はいずれも自己ワーストですから、悔いの残るシーズンだったでしょうね。
2017年の巻き返しに期待です。

ちなみに、西投手のブログは、けっこう人気みたいですよ。

小谷野栄一

オリックス契約更改2017・小谷野栄一
2016シーズン成績:50試合/打率.249/4本塁打/13打点
2016シーズン年俸:7000万

2017シーズン年俸⇒7000万(現状維持)

プロ入り14年、日ハムから移籍して2年目のシーズンを終えた小谷野栄一選手。

移籍してからは2年続けてケガで、各年ともに50試合の出場にとどまっていますね。

2016年は6月に左太もも裏の肉離れで戦線離脱。
9月下旬には左足首の手術ももあっていろいろあったシーズンでしたね。

今オフは、休みを返上して自らを追い込んでいるとの情報。巻き返しに懸命な日々を送っているようですよ。

安達了一

オリックス契約更改2017・安達了一
2016シーズン成績:118試合/打率.273/1本塁打/34打点
2016シーズン年俸:6300万

2017シーズン年俸⇒6600万円

プロ5年目の安達了一選手。

2016シーズンはキャンプ直前に潰瘍性大腸炎で入院。

キャンプに合流できず、独自メニューで開幕を迎えました。

一軍に合流できたのは4月中旬。それ以降は遊撃レギュラーとして、シーズン終了まで活躍しましたね。

エラーは多いですが(リーグトップ)、強肩だし、パンチのあるバッティングも魅力。

まだまだ伸び盛りといった選手で今後の活躍が楽しみです。

2016年1月まで「ぐんま観光特使」も務めていた“群馬県の星”ですね。

スポンサーリンク

吉田正尚

オリックス契約更改2017・吉田正尚
2016シーズン成績:63試合/打率.290/10本塁打/34打点
2016シーズン年俸:1500万

2017シーズン年俸⇒2100万円

2015年ドラフト1位でオリックスに入団した吉田正尚選手。

東都リーグでは通算111安打、17本塁打を放った強力スラッガーです。

ルーキーイヤーの2016シーズンは、開幕戦に「1番・DH」でスタメンデビュー。
フル出場で5打数2安打の活躍を見せました。

腰の痛みで一旦登録は抹消されましたが、8月に復帰。

新人選手として球団史上47年ぶりに4番に起用されるなど、上出来の活躍でした。
自慢のフルスイングを2017年も見せてほしいものですね。

山崎勝己

オリックス契約更改2017・山崎勝己
2016シーズン成績:43試合/打率.152/0本塁打/0打点
2016シーズン年俸:3400万

2017シーズン年俸⇒1200万

2013年、国内FA権を行使してオリックスに移籍した山崎勝己選手。

2016シーズン序盤、オリックスの捕手は、レギュラーの伊藤選手とベテランの山崎選手を併用していましたが、中盤からは若手の若月選手もスタメンマスクをかぶることが多くなりましたね。

山崎選手は守備では定評がありますが、やはり打力が……というところなんでしょうか。

出場試合数も大きく減って、2017年の年俸はかなりダウン……。
頑張ってほしいものです。

佐藤達也

オリックス契約更改2017・佐藤達也
2016シーズン成績:43試合/1勝4敗/12H/防御率5.01
2016シーズン年俸:9000万

2017シーズン年俸⇒7200万

2011年ドラフト3位で、社会人のHONDAから入団。

2年目からセットアッパーとして活躍するようになり、2013年は40ホールドでリーグトップを記録。
続く2014年も42ホールドを記録しましたが、2015年、2016年と成績を落としています。

どうも持病の腰痛が悪化しているみたいですね。

オリックスとしては、佐藤投手にしっかり投げてもらって、平野投手につないでほしいはず。腰を治して、復活してほしいですね。

小島脩平

オリックス契約更改2017・小島脩平
2016シーズン成績:79試合/打率.246/0本塁打/9打点
2016シーズン年俸:1000万

2017シーズン年俸⇒1550万円

俊足巧打、5年目の小島脩平選手。

内野手登録ですが、中堅でスタメン出場するなど、ユーティリティープレーヤーとして活躍しています。

2016シーズン5月には月間打率.423を記録。課題だったバッティングでも何かをつかんだ模様。
今季は出場試合数、打率ともに自己最高でした。

岸田護

オリックス契約更改2017・岸田護
2016シーズン成績:16試合/0勝0敗/6H/防御率/7.90
2016シーズン年俸:9000万

2017シーズン年俸⇒9000万(現状維持・複数年契約)

プロ11年目の岸田護投手。
セットアッパーとして、常に計算できる成績をあげてきましたが、2016年は5月に右肩関節炎で戦線離脱。
9月に復帰しましたが、わずか16試合の登板でシーズンが終わっちゃいましたね。

36歳を迎える2017年は、勝負の年となってくるでしょうね。

西野真弘

オリックス契約更改2017・西野真弘
2016シーズン成績:143試合/打率.264/2本塁打/33打点/盗塁16
2016シーズン年俸:1800万

2017シーズン年俸⇒3600万円

身長167センチと、チーム一小柄な西野真弘選手。

まだ2年目ですが、二塁のレギュラーとして全試合に出場しました。
エラーも目立ちますが、まだまだ発展途上。今後に期待です。

打撃面では、リーグトップの三塁打7本を放ちました。持ち前の俊足を活かし、この数をもっと増やしたいところですね。

小学生の頃は牛乳をがぶ飲みしていたらしいですが、伸びなかったんですね、身長。残念(笑)。

スポンサーリンク

伊藤光

オリックス契約更改2017・伊藤光
2016シーズン成績:80試合/打率.241/3本塁打/15打点/盗塁1
2016シーズン年俸:5700万

2017シーズン年俸⇒4700万円

球界きっての“イケメン捕手”、伊藤光選手です。

2016年も開幕スタメンを務めましたが、4月半ばには登録抹消。
若月選手が力をつけてきたこともあり、シーズン中は一軍と二軍の昇降を繰り返しました。

過去にはゴールデングラブ賞も受賞している実力者ですから、ここで消えていくような選手ではありませんね。
巻き返しを期待しましょう。

若月健矢

オリックス契約更改2017・若月健矢
2016シーズン成績:85試合/打率.227/0本塁打/20打点
2016シーズン年俸:700万

2017シーズン年俸⇒1500万円

2013年ドラフト3位で、花咲徳栄高から入団した若月健矢選手。

入団3年目となる2016シーズン、ようやく出場機会を増やし、正捕手への手がかりをつかんだ感じでしたね。

特に7月以降は、伊藤捕手とバッテリーを組む金子投手が先発する試合以外ではマスクをかぶるようになり、福良監督の信頼も厚いようです。

ちなみにオリックスは、若月、伊藤、山崎ら捕手6人で、「シーズンチーム捕逸0」の日本プロ野球史上初の記録を樹立だそうですね!

オリックスの捕手陣、レベル高~い!

関連記事

プロ野球契約更改2017の関連記事
プロ野球契約更改2017【巨人編】 

プロ野球契約更改2017【広島カープ編】 

プロ野球契約更改2017【阪神編】

プロ野球契約更改2017【中日編】

プロ野球契約更改2017【横浜DeNA編】

プロ野球契約更改2017【ヤクルト編】 

プロ野球契約更改2017【日本ハム編】 

プロ野球契約更改2017【ソフトバンクホークス編】 

プロ野球契約更改2017【西武編】 

プロ野球契約更改2017【楽天編】 

プロ野球契約更改2017【ロッテ編】 

オリックス・バファローズの関連記事
オリックス・まとめ

管理人のまとめ

以上、プロ野球契約更改2017のオリックス編についてまとめてみました。

同じ関西球団の阪神と比べるとファンの数は少ないですが、年々「Bsオリ姫」増えてきましたし、ダンス&ヴォーカルユニット「BsGirls」の存在で近年にはない雰囲気がありますね。

残念ながら糸井選手はFAで阪神に移籍しましたが、その分の補強はされると思いますし、、選手が機能すればBクラスから一気に優勝争いもできるだけの戦力のあるチームです。

広島の黒田投手が引退されてたので、12球団の年俸トップは金子投手になるわけですが、今季の7勝止まりはあまりにも痛いので2017シーズンは最低でもその倍の勝数を挙げてほしいところです!

来季はコストパフォーマンス的にも改善できて、チーム力も一気に上ることを期待しています~!

最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. プロ野球年俸ランキング2017・広島カープ
  2. プロ野球年俸ランキング2017・ソフトバンク
  3. 西川遥輝・日本ハム
  4. ラグビーイケメン選手
  5. 一ノ瀬メイ1
  6. 八重樫東
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年冬アニメ・まとめ

2017年冬アニメまとめ

プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

声優・まとめ

特撮俳優・まとめ

tokusatsu

応援クリック頂けると嬉しいです