プロ野球契約更改2017【ロッテ編】注目選手の年俸一覧まとめ

涌井秀章

ロッテ・契約更改2017・涌井秀章 2016シーズン成績:26試合/10勝7敗/防御率3.01 2016シーズン年俸:2億2000万 2017シーズン年俸⇒2億5000万円 プロ12年目。ロッテに移籍して3年目のシーズンを終えた涌井秀章投手。 2年連続の2桁勝利をマークし、防御率も3.01と、西武時代の全盛期には及ばないもののよくなってきています。 実力のあるベテランですから、2017年も何も心配はいらないんじゃないでしょうか。 新たに3年契約提示されるということで、ロッテ側から早めに流出を防ぎたいところでしょう。 オフにはモデルでタレントの押切もえと結婚もしましたしね。 嫁のためにも頑張らなきゃ。

井口資仁

ロッテ・契約更改2017・井口資仁 2016シーズン成績:79試合/打率.257/5本塁打/34打点/1盗塁 2016シーズン年俸:1億8000万 2017シーズン年俸⇒1億3500万円 プロ16年目の大ベテラン・井口資仁選手。12月には43歳になり、野手としては12球団最年長です。 年齢も考慮してか、代打での出場も目立っていました。 そろそろ「引退」という2文字がちらつく年頃ですが、その存在はチームにとっても、相手チームにとっても影響力大。 もうちょっと頑張ってほしいものですね。

デスパイネ

ロッテ・契約更改2017・デスパイネ 2016シーズン成績:134試合/打率.280/24本塁打/92打点/0盗塁 2016シーズン年俸:2億5000万 2017シーズン年俸⇒退団 不動の四番打者。 母国キューバでは“最強のスラッガー”と言われている強打者です。 2016シーズンは24本塁打、92打点の成績で、ロッテではキャリアハイの記録になったし、いずれもチームトップの記録です。 でも、球団としては“もうちょっとねー”と感じているのでは? せめて30本、100打点はほしいと期待していると思いますよ。 契約切れで何か去就が注目されますが、ロッテに残留してくれると信じたいですね 2017年の活躍に期待しましょう。

西野勇士

ロッテ・契約更改2017・西野勇士 2016シーズン成績:42試合/3勝6敗/5H/21S/防御率3.35 2016シーズン年俸:1億 2017シーズン年俸⇒9500万円 千葉ロッテの絶対的守護神・西野勇士投手。 プロ8年目の2016シーズンは、育成出身としては史上2人目となる1億円プレーヤーで迎えましたね。 が、シーズン後半に入ってケガで戦線離脱。 2014年、15年のようなクローザーとしての目覚ましい活躍はできませんでしたね。 2017年は出直しのシーズンとなりそうです。

大谷智久

ロッテ・契約更改2017・大谷智久 2016シーズン成績:32試合/1勝3敗/13H/防御率3.45 2016シーズン年俸:8000万 2017シーズン年俸⇒7700万円 千葉ロッテのセットアッパーといえばこの人、大谷智久投手です。 2014年23、15年は32とホールド数を積み上げてきましたが、2016年は3月に腰をひねり、そして8月には右膝のじん帯を損傷して登録が抹消されましたね。 ケガが多く思うようにプレーできず、本人も悔しいシーズンだったことと思います。 オフにきっちりとケガを治してもらって、2017シーズンの出直しに期待しましょう。

角中勝也

ロッテ・契約更改2017・角中勝也 2016シーズン成績:143試合/打率.339/8本塁打/69打点/12盗塁 2016シーズン年俸:8000万 2017シーズン年俸⇒1億4100万 プロ10年目。独立リーグ出身の角中勝也選手も、今や千葉ロッテの中心選手です。 2016年は、シーズンを通してクリーンアップの一角を任され、チームで唯一3割超の打率を記録。178安打はリーグトップの数字でした。 デスパイネ選手がケガをしたときには、四番も打ちましたね。 広角に打てるシュアなバッティングは角中選手の大きな魅力ですが、顔面近くのボールもヒットにしてしまう悪球打ちなところも好きだなあ。 スポンサーリンク.

鈴木大地

ロッテ・契約更改2017・鈴木大地 2016シーズン成績:143試合/打率.285/6本塁打/61打点/3盗塁 2016シーズン年俸:8000万 2017シーズン年俸⇒1億円 入団3年目からキャプテンを務め、今や千葉ロッテの顔とも言える中心選手。 2016シーズンは開幕から好調をキープし、一時は打率3割を超えることもありましたね。 内野の要とも言える遊撃の守備では、2014年、15年は守備率リーグトップでしたが、2016年はエラーも目立ちました。 鈴木選手のエラーから大量失点することもあり、チームをけん引する選手の存在の大きさも感じさせましたね。

益田直也

ロッテ・契約更改2017・益田直也 2016シーズン成績:61試合/3勝2敗/21H/14S/防御率1.83 2016シーズン年俸:8000万 2017シーズン年俸⇒1億2000万 千葉ロッテの頼れる左腕リリーバー、益田直也投手。 2016シーズンもチーム最多となる61試合に登板しました。 シーズン途中からは、ケガで活躍できなかった西野投手に代わって守護神としての役割もきっちりと果たしたのではないでしょうか。 防御率も高い数字で、2017年の年俸は期待できますね。

石川歩

ロッテ・契約更改2017・石川歩 2016シーズン成績:23試合/14勝5敗/防御率2.16 2016シーズン年俸:7500万 2017シーズン年俸⇒1億3000万円 ルーキーイヤーから3年連続で2ケタ勝利を挙げた石川歩投手。 3年目にして、早くもエースの貫禄すら感じさせます。 最速151キロのストレートと、シンカー、カーブといったキレのいい変化球で打者を翻弄し、2016シーズンは最優秀防御率のタイトルを獲得しました。 それでも、シーズン中納得のいく試合は4~5試合くらいだそうで、本人はまだまだ上を目指しているんですね。 ドラフト1位ルーキー佐々木千隼投手も入って投手陣が分厚くなりそうな予感がします!   ⇒石川歩(ロッテ)は中日ファン!シンカーが高評価!嫁は高校時代の彼女? 

清田育宏

ロッテ・契約更改2017・清田育宏 2016シーズン成績:106試合/打率.225/6本塁打/38打点/5盗塁 2016シーズン年俸:6000万 2017シーズン年俸⇒5700万円 プロ7年目の清田育宏選手。 2015年は打率.317でリーグ4位の好記録をマークしましたが、今季は打撃不振で二軍落ちも経験。 9月には1カ月間に2度も頭部へのデッドボールを受けるなど、ツイていない1年だったようです。 オフの間にはお祓いでもしてもらって、新鮮な気持ちで2017年を迎えてほしいですね。

岡田幸文

ロッテ・契約更改2017・岡田幸文 2016シーズン成績:121試合/打率.275/0本塁打/18打点/14盗塁 2016シーズン年俸:3800万 2017シーズン年俸⇒4180万円 ゴールデングラブ賞2回受賞など、外野守備では定評のある岡田幸文選手。 課題はバッティングですね。 だいたい2割台半ばといった打率で推移していますが、プロ7年目を終えて本塁打0というのは珍しいのではないでしょうか。 まあ、本塁打を狙って打席に入るわけではないでしょうが、2017シーズンは待望の1本が生まれることを祈りましょう。

細谷圭

ロッテ・契約更改2017・細谷圭 2016シーズン成績:116試合/打率.275/3本塁打/40打点/9盗塁 2016シーズン年俸:930万 2017シーズン年俸⇒3000万円 2016シーズンの細谷圭選手がもっとも輝いた一瞬が5月の楽天戦でしたね。 プロ11年目にして自身初となるグランドスラム。しかも代打逆転満塁ホームラン! 最終的に規定打席には達しませんでしたが、打率2割台後半をキープ。 打点40もこれまでのキャリアハイで、細谷選手にとって飛躍の年となりましたね。 この調子で2017年も頑張ってほしいものです。

内竜也

ロッテ・契約更改2017・内竜也 2016シーズン成績:34試合/3勝1敗/19H/1S/防御率1.39 2016シーズン年俸:2500万 2017シーズン年俸⇒3500万円 プロ入り13年目ながら、とにかくケガが多くてなかなか活躍できないでいた内竜也投手。 2016年はケガなくキャンプを終え、10年ぶりの開幕一軍入りを果たしましたね。 が、シーズン途中に右肘の張りで登録抹消。それでも自己最多の登板数、投球回数を記録したシーズンとなりました。 実力的には西野投手とダブルストッパーになるとの評価もあるだけに、なんとか1年フルで投げる姿を見てみたいですね。

南昌輝

ロッテ・契約更改2017・南昌輝 2016シーズン成績:57試合/5勝4敗/16H/防御率2.74 2016シーズン年俸:1350万 2017シーズン年俸⇒4000万円 2016年1月、元アイドルの柴田あゆみと結婚した南昌輝投手。 新妻のために気合が入ったんでしょうね。 3年ぶりに開幕を一軍出迎えると、シーズン前半は敗戦処理として、そして後半はセットアッパーとしてコンスタントに活躍しましたね。16ホールドは自身のキャリアハイ。 この調子で、2017年もやってくれそうですね。

関連記事

プロ野球契約更改2017の関連記事プロ野球契約更改2017【巨人編】  ⇒プロ野球契約更改2017【広島カープ編】  ⇒プロ野球契約更改2017【阪神編】プロ野球契約更改2017【中日編】プロ野球契約更改2017【横浜DeNA編】プロ野球契約更改2017【ヤクルト編】  ⇒プロ野球契約更改2017【日本ハム編】  ⇒プロ野球契約更改2017【ソフトバンクホークス編】  ⇒プロ野球契約更改2017【西武編】  ⇒プロ野球契約更改2017【楽天編】  ⇒プロ野球契約更改2017【オリックス編】 千葉ロッテマリーンズの関連記事ロッテ・まとめ 

管理人のまとめ

という感じで、プロ野球契約更改2017のロッテ編についてまとめてみました。 ロッテが最後にリーグ優秀したのは2005年ですが、このシーズンはまだパリーグだけのプレーオフ制で事実上リーグ1位だったのはホークスなのでロッテは1974年依頼、リーグを勝ち抜いたことがなってことになります。 そう考えると12球団もっとも優勝から遠ざかっていると考えても過言じゃないのかなと。 ただ、これがチームが毎年Bクラスなら言われても仕方ありませんがロッテの場合はAクラスのシーズンもそこそこあるので十分優勝できる力もあると思うので頑張ってほしいですね。 特に若手の年俸アップがチームにとって一番の底上げとなると思うのでそこに期待したいです! 最後まで読んで頂きありがとうございました☆彡

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 宮西尚生・日本ハム
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロ野球・まとめ

プロ野球まとめ

女子アナ・まとめ

女子アナまとめ

美人アスリート・まとめ

美人アスリート

イケメンアスリート・まとめ

イケメンアスリートまとめ

応援クリック頂けると嬉しいです